テニス ボレー

ストローク

テニスの試合で主導権を握りたければ、「自分がどう打つのか、を相手が打った瞬間に判断する」ことが大事!

「自分が打つコースを、いつ決めるのか?」という質問を多く頂きます。

確かに難しい問題ですよね。

相手も見ながら、どちらでも打てるようなフォームで入って・・・でも実際、自分がどこにどう打つかを決めるのは、結構速いタイミングが良い。

今回は私の感覚で、書いてみたいと思います。

 

テニスの試合で主導権を握りたければ、「自分がどう打つのか、を相手が打った瞬間に判断する」ことが大事!

 


 

■相手が打った瞬間に、結論を出す!

私は相手がボールを打った瞬間、そのボールを見極めて自分が打つショットを選択します。

ですので、相手が打ったボールがネットを超える前までには結論を出している。

これって結構、速い方だと思います。

でもこれくらい速くて良い、と私は思っています。

決断力、判断力が問われますが、結果的に間違っていても仕方ない、くらいの割り切りが大事です。

 

■自分の近くにボールが来るまで決められない・・・方が問題かと

出来るだけボールを引き付ける、という意識は大事。

ですが打つコースをギリギリまで決められない、となるとテイクバックや準備も遅れがち。

考えがまとまっていないと、身体がスムーズに動いてくれないんです。

当然、リターンのときには多少相手の前衛を気にしながら、決定にタイミングを遅らせることもあります。

ですがそれは例外。

ストローク同士、特にシングルスなら相手が打ったコース、球種からすぐに自分の選択肢を導き出せるように努めましょう!

 

■速い決断こそ、速い準備の第一歩!

ほとんどの読者のみなさんは、私が想像するに準備が遅い。

ネットを超えても悠長に待っている、という人が多い。

例えばフォアハンドの回り込み、もまずは決断力の速さが一番重要。

それこそネットを超えてから決める、では全然遅いのです。

ここを強く意識するだけで、アナタのストロークはグッと試合向きになっていくでしょう。

 

日常の中から、決断力は磨かれます。

かつて松岡修造選手がタレントとテニスをするときに、「飲食店でのメニュー選びも早く!」と促している場面がありました。

一見滑稽に映りますが、実は大事なこと。

日々決断力を磨く、特に相手の反応に応じて自分の行動を選択する、というのはスピード感が大事。

疲れるな・・・と思わず、ちょっと意識してみて下さい。

テニスでの意識も、変わると思いますよ。

ピックアップ記事

  1. テニスの試合で勝ちたい男子選手に、オススメのゲームウェア
  2. TOALSON(トアルソン) スイートエリアラケット、これは使える
  3. 飲んだらコンパクトに!パックアップボトルを持って試合に出かけよう
  4. 【満員御礼】5月3日(月/祝) @千葉県幕張 土居コーチ女子ダブルスレッスンイ…
  5. 何度でも消して使える、ウェアラブルメモはテニスでも使えそう

関連記事

  1. テニス ストローク

    ストローク

    シングルスの試合で「ダウンザラインのストロークが決まらない・・・」と悩む人は見直したい、ストローク4…

    シングルスの試合では、「ダウンザライン」のストロークでエースを獲りたい…

  2. ストローク

    打ちにいきたいポイントほど、引き付けて我慢する打点が大事

    相手のボールが、かなり遅いのにガシャってしまうミス。これでは、…

  3. テニス テイクバック

    ストローク

    「相手ボールのアウトを期待」していると、一生ストロークのテイクバックは改善されません

    この人、ストローク安定しているな・・・上手いな・・・と感じる人の共通点…

  4. テニス ロブ

    ストローク

    「逃げるロブからレベルアップ!」テニスであなたのロブを進化させる4つの考え方

    ダブルスだけでなくシングルスでも、試合で意外と使う機会が多いのがロブシ…

  5. テニス ストローク

    ストローク

    バックハンドストロークの切れ味、最後にラケットを前に出せるかどうかが肝

    バックハンドストローク、両手打ちでなかなか威力が出ないという方も多いと…

  6. テニス ストローク

    ストローク

    テニスの攻撃力を高めたいなら、相手が打つ直前にポジションを微調整出来るようになろう

    テニスの攻撃力、もっともっと高めていきたい。でもこういう話の書…

特集記事

  1. テニス 準備

    練習メニュー

    2人1組で簡単に出来る、試合前のフットワーク練習例
  2. 練習メニュー

    テニスの試合に勝てる頭の回転が速い人は、「練習から優先順位」を付けている
  3. テニス ストローク

    ダブルス

    ダブルスの前衛の極意は、「横取り」にある
  4. テニス ストローク

    サーブ

    自分のサーブがフォルトした時も、相手リターンの反応はしっかり見ておくこと
  5. テニス ラケット

    ボレー

    しっかりと重たいボレー、に変えていくための7つのコツ
PAGE TOP