リターン

ブレイク意欲、を相手に見せつけよう

テニスの試合は、どこかで相手のサーブをブレイクしないと勝てない。

上のレベルになれば、本当に1ブレイクが試合の勝敗を左右しますよね。

これに対して、みなさんの意識はどうでしょうか?

何となく試合を進めていく中で、どこかでブレイク出来れば良いか、くらいに考えてないですか?

これでは、相当危険。

きっと、何も考えないうちにブレイクされて、相手には堅実にキープされて、そのまま試合終了になっているはずですよ。

 
 

ブレイク意欲、見せつけないと!

今からアナタを、ブレイクする

こういうメッセージを、相手に届ける。

それはもう、相手のサーバーからすると嫌でしょう。

リターンで積極的に、プレッシャーをかけてくる。

どんなに実力差があっても、意欲のある相手は嫌なんです。

そしてそれを、表に出さないと意味が無い。

私はいつも、試合でそう感じています。

ハッキリと、相手に伝える

例えば、ポジションなら前に入る。

リターンから、ストレートを狙っていく。

周りの誰が見ても、「ブレイクしたいんだな!」と伝わるようなプレー。

こういうプレー、みなさんは実践出来ていますか?

どこかで「チャンスが来たら、頑張ろう」になってはいませんか?

そんな人に、チャンスなんてそう訪れません。

自分から、試合を動かす!

この意欲こそが、ブレイク意欲です。

サーブが良い相手なら、尚更ですよね。

相手に向かっていく、リターンから勝負をかける。

試合の序盤に、こういうチャンスはいきなり作ることが出来る。

相手のサーブの調子が上がらない序盤こそ、実は宝の山。

何となくストースタートで入っている選手は、ただただ損をしている。

自分から試合を動かす、ブレイク意欲を100%にして試合に入りましょう!



トスで勝って、ブレイクから入る

リターンから入る、だと甘い

私はいつも、試合でリターンから入ります。

相手がトスで勝ってリターンを選択しない限り、リターンから1ゲーム目を入る。

これ、私の中ではもっと発展させてるんです。

必ず1ゲーム目をブレイクして、チェンジコートする!と、心に決めています。

もう、試合開始と同時にチェンジコートのイメージを沸かせる。

これが大事なんですよ。

1ゲーム目でブレイク、を癖にすれば良い

みなさんにも、本当にお勧めです。

1ゲーム目を、ブレイクで入る。

そして、次のゲームをキープする。

そんなに簡単じゃない?

でも、これを癖にして習慣にしてしまえば、実力以上に試合が作れるようになります。

相手は、まだまだエンジンがかかって来ないでしょうしね。

いつでも、取り返せると思ってくれているかも知れません。

そんな中アナタは着々と、試合を作る。

こういう選手が、テニスの試合は強いんですよ。

ブレイク意欲を見せつける、どんな技があるか?

さて、何が出来るでしょうか?

私ならリターンダッシュ、それからリターンからドロップショット、も使います。

出来るだけリードしながらゲームを進めて、リードを奪ったら積極的な作戦に出る。

相手のセカンドサーブは、絶対に攻撃していく。

こう書いてみると、当たり前のようなことばかりですよね。

でもこれが、大事なんですよ。

なぜなら、ほとんどの人が実践しないことだからです。

   

攻撃的なリターン、だけじゃない!

あえて、山なりなリターンもあり

前に踏み込んで、強気のリターン!

があれば、同時に山なりで緩いリターンだって試合では有効。

ブレイク意欲、ただ強打だけで見せつけるものではありません。

緩急を付けて、相手を追い込んでいく。

これも立派な、意欲を見せるという行為です。

特にシングルスでは、センター深くに打つ山なりなリターンは有効ですよね。

意識したいのは、バリエーション

リターンでしっかり、自分のバリエーションを見せておく。

これが出来れば、自然と相手にもプレッシャーになります。

「次はどんなリターンが来るんだろう…」と、恐怖感を植え付ける。

それくらいしないと、意欲として伝わらないですから。

バリエーションを、自分のリターンに求めていく。

これが、試合で大事なことです。

恥を捨てよう

最後に、コレが大事。

アナタ自身、試合に勝ちたいという気持ち、メンタルを態度で出す。

「ブレイクして、アナタに勝ちたいんだ」というメッセージを、伝える。

どこかで恥ずかしいとか、全力で勝つことがダサいとか思っていると、それはもう選手失格。

負けたときに言い訳したい、余力を残しておきたいだけ…じゃないですかね?

意欲に大事なのは、恥を捨てること。

テニス以外でも、同じですね。



勝負をかける、1ゲーム目。

そして、その意欲を見せること。

ブレイクって、なかなか待っていてもチャンス作れないものですよ。

相手のサーブが良いなら、尚更何かをハッキリ変えないと。

強い相手に勝ちたいなら、意欲は表に出すこと、見せること。

そこから、試合は動き出します。

ピックアップ記事

  1. 多動力こそ、これからの時代のテニス選手に必要だと思う
  2. Zatous(ザータス)の大容量バッグインバッグは、ラケットバッグと相性ピッタリ…
  3. 晴雨兼用のビッグパラソルは、テニス選手なら欠かせないアイテム
  4. バランスクッションを使って、テニス選手に必要なバランス感覚を養おう
  5. 急な怪我でも安心!準備しておきたい応急処置グッズ5つ

関連記事

  1. リターン

    みんなどこかで、リターンは「サーバーに返す」と思ってない?

    テニスの試合で、あるあるな話。私たちは練習で相手とラリーする、…

  2. リターン

    ベテランプレイヤーに多い、アンダースピンサーブを侮ってはいけない

    もし学生や20代のみなさん、の読者の方がいたら、将来的にはこれと戦うと…

  3. テニス ストローク

    リターン

    ウィンブルドンの試合、徹底して「リターン側」を参考にしよう

    昨日のウィンブルドンの死闘、ご覧になった方も多いと思います。前…

  4. テニス ミス

    リターン

    テニスの試合で、「リターンのネットミスはもったいない!」すぐに改善できる4つの方法

    テニスの試合、流れが変わりやすい場面ってどんなときでしょうか?…

  5. テニス ボレー

    リターン

    左利きのサーブに苦戦してるなら、思いっきり外側に立とう

    左利きのサーブに、苦戦を強いられる。これは、右利きのテニスプレ…

  6. テニス ストローク

    リターン

    速いリターンで、サーバーはリズムを崩していく

    どんなにサーブが得意な選手でも、試合では必ずメンタルに左右される。…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


特集記事

  1. テニス 気付き
  1. 練習メニュー

    「レベルの高い人たちの中での練習」だけになると、危険
  2. ストローク

    ドロップ系のショットを打って、その後にやるべきこと
  3. テニス 練習

    その他

    セルフジャッジが汚い相手には、「2回目」で戦う姿勢を見せよう
  4. テニス 構え

    戦術

    ダブルスの試合、とにかく「相手前衛を避けよう」とは絶対に思わないこと
  5. テニス スマッシュ

    練習メニュー

    テニスのタッチプレーを、ゲーム感覚で練習する方法
PAGE TOP