テニス ダブルス

スマッシュ

風が強い日の試合は、積極的に前に出て相手にロブを打たせていこう

風が強い日のテニスの試合。

結構、慎重になって逆にミスが多くなる・・・こと、ありませんか?

試合巧者の選手は、実はこの風についてしっかり考えて準備している。

例えばこんな感じで・・・です。

 

風が強い日の試合は、積極的に前に出て相手にロブを打たせていこう

 


 

■風が強い日、頭上数メートルはもっと風が強い

風が強い日は、身体で感じている以上に「上」の空間はもっと風が強い。

強い風が吹いているコートから数メートル上の部分をボールが通過するときに、よりその影響を受けやすい。

つまり、ロブのような軌道が高いショットは、風の影響をもろに受けてしまうのです。

普段からロブを得意にしている選手でも、コントロールが難しくなる。

であれば、慣れていない選手はきっともっと、厳しくなるのは目に見えていますよね。

 

■前に出て相手にプレッシャーをかけて、ロブを誘おう!

相手にロブを打たせるなら、前に出ることが一番。

それも、ハッキリネットに詰めることで、「何だ、ロブで良いじゃん」と思わせることが出来る。

プレッシャーの中で上げるロブは、相手も「触らせたくない・・・」と思って少し大きくなりがち。

それを風に乗せて、アウトさせていくのが今回の作戦。

シングルスでもダブルスでも、積極策として使っていくことが大事です。

 

■風は味方になってくれる!アナタ次第で

いつも風を敵に回している選手は、結果的に言い訳ばかり。

同じ条件で行っている試合なら、チェンジコートごとに風と会話して、しっかり味方につけるようにしましょう。

今回紹介した作戦は「風下」にいるときに使える作戦ですが、風上、からの作戦もたくさんある。

私が書くのは簡単ですが、ぜひアナタ自身でも探してみて下さい。

きっと、アナタらしいテニスが見つかるはずです!

 

相手のロブ、に苦手意識を持っている選手ほど、こういった作戦を使っていくこと。

風で崩れてくれるのを待つのではなく、風を使って崩すこと。

しっかり考えて準備しておけば、こんなに有効に味方してくれるものはありません。

言い訳にするのは誰でも出来る。

だからこそ、具体策で準備出来る数少ない選手、になりましょう。

ピックアップ記事

  1. 雨が多い時期の試合は、防水スプレーは必須アイテム
  2. スピンサーブ習得の秘密兵器に、「スピンサーブマスター」を使ってみない?
  3. 大人のトレーニングは「DNS プロエックス」を使って効率的に
  4. 試合で勝ちたいテニスプレイヤーなら、マイランニングシューズは欠かせないアイテム
  5. テニスフリークなら必携のタオルは、「作戦ボードタオル」で決まり!

関連記事

  1. テニス メンタル

    スマッシュ

    スマッシュは逆クロスのコースが、試合では決まりやすい

    スマッシュをしっかり、試合で打っていくのって・・・難しいですよね。…

  2. テニス 格上相手

    スマッシュ

    「スマッシュ上手より、ロブ対処上手」テニスの試合で必要なシンプルな考え方

    スマッシュをどう考えている?技術的には難しいショットだと思うん…

  3. テニス サーブ

    スマッシュ

    身体を後ろに傾けて打つスマッシュ、が実は9割

    スマッシュを試合の中で打つイメージ、皆さんはどんな「身体の使い方」を想…

  4. スマッシュ

    「スマッシュが苦手な人のほとんどは、振り出しが遅い」試合で有効なスマッシュにする為には?

    試合でよく見る、スマッシュミス。初中級者のほとんどは、その振り…

  5. テニス ストローク

    スマッシュ

    ネットにガン詰めしたらアングルボレー、じゃないとロブで切り返されますよ

    ボレーは深く、とにかく深く、強く・・・と考えていると、試合では切り返さ…

  6. テニス 粘り

    スマッシュ

    アウトミスを怖がっていたら、スマッシュは深く打てない

    「ロブが上がると、どうしても怖くてハイボレーでカットしてしまいます」…

特集記事

  1. テニス ストローク

    ストローク

    こんな対戦相手のストロークは、「やり辛い・・・」と感じる5つの特徴
  2. テニス ストローク

    ストローク

    ストロークでネットにかかるミスが多い人は、「地面にアゴを付けて下からネット」をじ…
  3. テニス スマッシュ

    スマッシュ

    スマッシュでネットミスが多い人は、「ラケット面下半分」にボールが当たっている可能…
  4. テニス ダブルス

    その他

    「試合から経験して、必要性を感じる」から上達が早くなる
  5. テニス ボレー

    その他

    テニストーナメント大会は、「強いシード選手」が優位に作られている
PAGE TOP