テニス ダブルス

スマッシュ

風が強い日の試合は、積極的に前に出て相手にロブを打たせていこう

風が強い日のテニスの試合。

結構、慎重になって逆にミスが多くなる・・・こと、ありませんか?

試合巧者の選手は、実はこの風についてしっかり考えて準備している。

例えばこんな感じで・・・です。

 

風が強い日の試合は、積極的に前に出て相手にロブを打たせていこう

 


 

■風が強い日、頭上数メートルはもっと風が強い

風が強い日は、身体で感じている以上に「上」の空間はもっと風が強い。

強い風が吹いているコートから数メートル上の部分をボールが通過するときに、よりその影響を受けやすい。

つまり、ロブのような軌道が高いショットは、風の影響をもろに受けてしまうのです。

普段からロブを得意にしている選手でも、コントロールが難しくなる。

であれば、慣れていない選手はきっともっと、厳しくなるのは目に見えていますよね。

 

■前に出て相手にプレッシャーをかけて、ロブを誘おう!

相手にロブを打たせるなら、前に出ることが一番。

それも、ハッキリネットに詰めることで、「何だ、ロブで良いじゃん」と思わせることが出来る。

プレッシャーの中で上げるロブは、相手も「触らせたくない・・・」と思って少し大きくなりがち。

それを風に乗せて、アウトさせていくのが今回の作戦。

シングルスでもダブルスでも、積極策として使っていくことが大事です。

 

■風は味方になってくれる!アナタ次第で

いつも風を敵に回している選手は、結果的に言い訳ばかり。

同じ条件で行っている試合なら、チェンジコートごとに風と会話して、しっかり味方につけるようにしましょう。

今回紹介した作戦は「風下」にいるときに使える作戦ですが、風上、からの作戦もたくさんある。

私が書くのは簡単ですが、ぜひアナタ自身でも探してみて下さい。

きっと、アナタらしいテニスが見つかるはずです!

 

相手のロブ、に苦手意識を持っている選手ほど、こういった作戦を使っていくこと。

風で崩れてくれるのを待つのではなく、風を使って崩すこと。

しっかり考えて準備しておけば、こんなに有効に味方してくれるものはありません。

言い訳にするのは誰でも出来る。

だからこそ、具体策で準備出来る数少ない選手、になりましょう。

ピックアップ記事

  1. 塗り直し不要で、男性にもお勧めの日焼け止め 「ビオレUV アクアリッチ」
  2. 筋肉痛が毎回酷い人は、「フォームローラー」で身体の表面をほぐしてケアしよう
  3. テニスラケット ピュアドライブの新作は、「攻撃的な大人のテニス」に最高の武器にな…
  4. TOALSON(トアルソン) スイートエリアラケット、これは使える
  5. 【満員御礼・大阪開催】佐藤・土居ペアに挑戦&プチレッスン 9/1(火) 13~1…

関連記事

  1. テニス ダブルス

    スマッシュ

    スマッシュは「構えながら相手の選手のポジションも確認する」ことで、コース勝負に持ち込めてミスが減る

    スピードは無くても、なぜかスマッシュが決まりやすい選手、ペアっています…

  2. テニス ボレー

    スマッシュ

    後ろ方向へのポーチスマッシュこそ、アナタのダブルスに必要な発想なはず

    ダブルスの試合、陣形に関わらず「スマッシュ」をいかに打てるのか。…

  3. テニス 確率

    スマッシュ

    壁打ち練習でスマッシュを上手くなる為の、「ロブ対スマッシュの壁の使い方」について

    壁打ちでテニスを上手くなる。そんな人には共通点があります。…

  4. テニス ミス

    スマッシュ

    「まぶしい!!」とテニスの試合で大切なスマッシュ練習、避けていませんか?

    スマッシュの練習をレッスンの中でよくやるんだけど、もちろん眩しい太陽が…

  5. テニス スマッシュ

    スマッシュ

    ハイボレーでミスが続くときには、スマッシュに切り替えるのも作戦として有り

    ハイボレーって、チャンス?でしょうか。意外と、バックボレーなん…

  6. テニス ボレー

特集記事

  1. テニス メンタル

    テニススクール

    テニススクールの上級クラスでは、「倒してあげること」が最高の指導
  2. テニス 部活

    戦術

    テニスで県内No.1になりたければ、「思い切った勝負」に
  3. テニス ストローク

    リターン

    リターンの超基本「前方向にスプリットステップ」で、必ず攻撃的なリターンが可能にな…
  4. テニス ハードコート

    戦術

    変則的な陣形になったら、すぐに前衛が動くのが吉
  5. テニス 睡眠

    メンタル

    大事な試合の前日に、「目が冴えて眠れなくなってしまった・・・」ときに意識したい4…
PAGE TOP