ロブ

中途半端なロブケア、一番ダメ

ダブルスの試合をしていて、特に女子ダブルスで感じること。

前に出る、並行陣を作る、なのに勝てない。

ミスはそこまで多くないけど、相手から決められることも多い。

こういう方は、きっと「ロブケア」が中途半端な形になってるはず。

そろそろ、真剣に考えましょう。

相手のロブ、そんなに怖いですか?

意識を変えないと、ポジションも勝敗もずっと変わらないですよ。

ケアしている時点で、弱気

言葉の力は、大きい

「ケア」という言葉を、テニスでは使いますよね。

ロブケア、ストレートケア、こういう言葉って、本当に怖い。

私は、結構こういう言葉を使う場面って弱気になっているように感じます。

ロブケアしている時点で、もう弱気。

相手のロブの脅威を、認めてしまっている訳じゃないですか。

そりゃ、試合でなかなか勝てないですよ。

警戒出来ているようで、出足も鈍いはずです。

スマッシュも打てない、足下にも沈められる

きっと、こうなっていると思います。

勝ち切れないダブルスの並行陣は、何も出来ない。

決められない、相手に崩される。

それは全て、中途半端なロブケアから来るものです。

ロブケア、ちょっと下がったポジションに立って「守り」に入っている。

これ、相手からすると非常にやりやすいんですよ。

一度、全てをリセットしてみましょう。

中途半端なポジションは、何も生まないんだと。

相手のロブを、警戒するなら

もう、相手が打つ前に下がりましょう。

私は、これくらい思い切って動くこと、スタートを切ることこそ、本当の意味での「警戒」だと思います。

ロブを打つ前に下がれば、自分の中でも踏ん切りがつくんです。

「もう、スマッシュを打ち切ろう!」と。

全てに対応しようとしない、足下に打たれることも恐れない。

警戒するということは、相手をはめるということ。

みなさんもこれくらいの気迫と、「やってやるんだ!」という意欲をぜひ持って欲しいんです。

一番、障害となるもの

技術や脚力じゃない

もう、勘の鋭い方はお分かりだと思います。

一番の障害になるのは、何でしょうか。

それは、周りの目です。

明らかに足下を捨てて、相手が打つ前に下がるようなフットワークを見たら、それを稀有に感じる人は絶対にいます。

コーチからも、注意されるでしょう。

でも、それで良いんです。

みなさんが必要と感じれば、きっとそこから得るものがある、打てなかったスマッシュが打てるようになる。

輪からはみ出ないと、強くなれない

テニスだけではないでしょう。

強くなるには、孤独になるということ。

だからこそ、しっかり意識していかないとなかなか実行出来ない。

ロブケアではなく、スマッシュを打つ準備を早くして、心理戦を仕掛けていく。

当然、相手だって「次はロブが危ないな…」となりますから。

そうなると、今度は前に詰める。

輪からはみ出して、自分だけの時間の流れの中で動いていく。

この決断が出来るかどうか、です。

自分の試合を、動画に撮りましょう

そして、観てみましょう。

どんなポジションで、どういうショットを打っているのか、それを見て相手はどういう印象を持っているのか、を感じる。

自分を客観視して、ポジションを考える。

気付いてこそ、感じてこそ、テニスは変わります。

コーチから教わって伸びる?それは元々、本人に問題意識のある人です。

ダブルスで勝てない人、もう中途半端なロブケアは止めましょう。

スマッシュミスを恐れている、自分への甘えでしかないですから。

スマッシュは、技術じゃない

打ち切る勇気、入るイメージ。

これが持てるかどうか。

スマッシュを打つ前に、どこか笑顔に近いような顔が出来るか。

「よし!来た!」と、ロブを迎えにいく、心意気。

こういう選手は、当然試合でも強いですから。

ちょっとしたこと、でも大きなスタートの一歩。

意識してみて下さい。

恐らく、テニスが変わりますよ。

ピックアップ記事

  1. 体幹の筋力アップに、意外とリーズナブルな「シットアップベンチ」を1台どうですか?…
  2. テニスのルールの基本を学びたい人にお勧めの書籍「テニスのルール 審判の基本」
  3. テニス選手に必要なトレーニングは、「重り付き」縄跳びでしっかり身に付く
  4. 急激に乾燥する季節に、喉とオーラルケアは欠かせない
  5. 大人のトレーニングは「DNS プロエックス」を使って効率的に

関連記事

  1. テニス ポジショニング

    ロブ

    ロブボレーは、フラット気味だと超絶使える

    なかなか、その有効性が説明し辛いショット。それが、ロブボレーで…

  2. テニス メンタル

    ロブ

    テニスの試合で有効なロブショットは、「ショット自体の精度よりも打つタイミング」で全てが決まる!

    最近改めて個人的に、大事だなと感じているのがロブ。今までは、ダ…

  3. テニス ストローク

    ロブ

    深いボレーをトップスピンロブで返したいときには、「後ろ足で後ろにジャンプ!」をやってみましょう

    深いボレ―をどうストロークで処理するか・・・は難しい問題です。…

  4. テニス ストローク

    ロブ

    テニスの試合で使えるショット、「ロブはスライス?トップスピン?」について考えてみる

    ロブを上げる時、トップスピンとスライス、どっち使うことが多いかと言うと…

  5. ロブ

    浅いボールをロブで切り返し、楽に崩す方法

    シングルスでもダブルスでも、試合に強い人には共通する特徴があります…

  6. ロブ

    「上げた!」を言わないロブは、つまりは・・・?

    ダブルスの試合で、ロブを上げる。この時に、普通は後衛は前衛に「…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


特集記事

  1. テニス メンタル

    サーブ

    サーブのときのトスアップは、「自分の足元にターゲット」を作って練習しよう!
  2. テニス サイト

    その他

    会場に着いたらざっと確認したい、「テニスの試合で必要な準備」7つ
  3. テニス ストローク

    ストローク

    今年は「アグレッシブスライス」でいこう!
  4. テニス ストローク

    ストローク

    攻撃にも守備にも適した、「セミオープンスタンス」でストローク戦で勝負していく為に…
  5. 戦術

    打てる側のアドバンテージを、活かせてる?
PAGE TOP