テニス 錦織圭

その他

「とりあえず上手い人を真似てみて、型から入る」ことが出来る人は、テニスの上達が早い

テニスの上達が早い人には、共通点がある。

体格や経験、運動神経じゃない、誰にでも出来そうだけど・・・なかなか出来ない、何か。

スポーツに限らずだと思いますが、コレが出来る人は上達がやっぱり早いですよ。

実は、宝の山は目の前にあるんです。

 

「とりあえず上手い人を真似てみて、型から入る」ことが出来る人は、テニスの上達が早い

 

1.ほとんどの人は、「真似出来ない」という先入観がある

上手い人は、特別。

練習量も経験も違うし、自分とは違う・・・と思っているから、真似しようという発想が起きない。

これって、実にもったいない話だと思います。

同じ人間、ましてや近くにいる、一緒に練習している仲間なら、技術は盗めるだけ盗まないと。

ほとんどの人は、「あの人の真似は、出来ないだろうな・・・」と思っている。

それって、すごくもったいないことだと私は思いますよ。

 

2.観察眼が無い人は、試合にも弱い

相手を観察する・・・前に、もっと身近な人から観察する癖を付けないと。

ストロークのテイクバック、ボレーのラケット面、スマッシュのフットワーク。

上手い人、結果を出している人は、必ずアナタとは違う方法を取っているはず。

コーチに教わるよりも、自分が見て盗む。

この方が、絶対に私は上達の近道、だと思います。

「やってみたら、難しかった」と思うことも多々あるでしょう。

でも、「やってみて初めて見えて来るモノ」がテニスではたくさんあるんです。

 

3.大胆に真似するから、自分を変えていける

もし、アナタが少しでも上手い人を真似する気持ちが湧いて来たら、欲しいのは大胆さ。

大胆に、思い切ってその人をモノマネしてみることが大事。

ショットの打ち方、だけじゃない。

ポイント間の仕草だったり、ボールの拾い方、雰囲気から全てモノマネしてみて下さい。

どれか一つでも、何かしっくりくる発見があれば大成功!

アナタ自身、やってみないと分からないことはたくさんある。

繰り返しますが、これはアナタ自身がやろうと思わない限り、誰も背中を押してくれないのです。

 

4.最後は自分でカスタマイズすれば良い

一度やってみて、「ここはもっと、こうした方が良いかな」と思う部分、があるはず。

一度大胆に変えてみれば、気付くはずなんです。

人は皆、体型から間接の可動域、メンタルまで全部が異なる。

自分なりにカスタマイズする部分は、変えていきましょう。

でも、きっとコレに気付くはずなんです。

「なんだ、上手い人も実はすごく、基本に忠実なフォームじゃないか・・・」ということに。

これに気付けたら、もうアナタは上達している証拠、です。

 

プロ選手も、結構みんな、近いフォームじゃないですか。

ストローク、ボレー、サーブと多少は違えども、やっぱり共通する基本はある。

それに気付くには、上手い人を真似ていくのが一番手っ取り早い。

アナタ自身、小さいプライドは捨てて身近な上手い人を徹底的に研究してみましょう。

モノマネして、周りの人にフォームを見せてみる。

「それって、〇〇さんの真似?」と言われるくらい、を目指してみて下さい。

ピックアップ記事

  1. 汗でグリップが滑りやすい人は、「Prince Grip Plus」がオススメ
  2. フットワークを磨きたい!なら、足指トレーニングは欠かせない
  3. テニス選手のフットワークを支える、足首サポーター「ASO」
  4. 【プロトレーナーに聞いてみた!】痙攣対策とアミノ酸について
  5. 【ご協力をお願いします!】テニス動画・プロ選手に関するアンケート

関連記事

  1. その他

    同じコースに打ち続ければ、相手も眼が慣れるのは当たり前

    普段の練習、試合と何が違うのか。それって、大前提としては「慣れ…

  2. その他

    2019年 YouTubeテニス動画 視聴回数トップ10は…?

    昨年より本格的に開始させて頂きました、T-PRESSのYoutube…

  3. テニス メンタル

    その他

    ボールを打っている時は、無表情で無愛想でも良い

    これは、要は自分次第です。私は、少し笑顔、なくらいが緊張感が解…

  4. テニス ダブルス

    その他

    「試合前の5分間のウォーミングアップ」で確認しておくべき、相手の特徴4つ

    試合前のウォーミングアップは、色々な形式がありますが主に2つ。…

  5. テニス ボレー

    その他

    試合でよく見る、「相手前衛がサーバーを妨害する行為」はどこまで許される?の問題について

    ダブルスの試合で「この相手マナーが悪いな・・・」と感じるときは、どんな…

特集記事

  1. テニス ストローク

    リターン

    テニスの試合で、「フラット気味になっているリターン」は安定しないので回転量を加え…
  2. サーブ

    シングルスの試合で「セカンドサーブの後」に必ず必要なディフェンスの意識について
  3. テニス ストローク

    ストローク

    テニスでは攻撃的な時ほど、ラケットスウィングは小さくなる
  4. テニス ロブ

    ボレー

    ボレーは、少しボールの下を触って山なりに
  5. テニス ロブ

    スマッシュ

    スマッシュを安定させるなら、スウィング後半はゆったりと
PAGE TOP