テニス ダブルス

その他

「テニスの試合に出る人全員、絶対必要!」セルフジャッジに必要な意識とは?

テニスの試合は、よほど大きな大会にならない限りセルフジャッジで試合を進行していきます。

選手たち自身で自分のコートをイン、アウト、その他ルールについてジャッジを下して進行する。

テニス独特のやり方ではありますが、このセルフジャッジがしっかりとできるかどうか、アナタは自信がありますか?

今回は、テニスのトーナメントに参加するうえで必要な「セルフジャッジ」について、改めて見直すきっかけになってもらえると嬉しいです。

 

「テニスの試合に出る人全員、絶対必要!」セルフジャッジに必要な意識とは?

 


 

1.まずはしっかり「見てジャッジする」ことが重要

当たり前ですが、しっかりとボールを見てコート上でのバウンド地点を見定めることが大切。

視力は良いにこしたことは無いですが、大切なのは動いているボールをしっかりと捉える動体視力。

これはトレーニングを積むことで、必ず向上できます。

プロの試合を生で、テレビで、Youtubeで見て、自分のテニス眼を鍛えていきましょう。

離れた場所からジャッジする機会もありますので、自分のコート内はしっかりジャッジできるよう、色々なライン際を練習から意識して見るように習慣付けておきましょう。

 

2.速いボールを見るにはコツがある!

それでも男性の速いサーブなどを、ミックスダブルスでジャッジする機会もあると思います。

「見えない・・・」と感じている方、ちょっとしたコツがあります。

速いサーブはボールを眼で追わず、目線を先に打球方向へ移してしまうのです。

サーブであれば、サービスライン付近へ先に目線を落とす。

これでかなり見えるようになるはずです。

その視界内に入ってこないようなボールは、フォルトかはっきりとしたイン、になりますので、慌てずにコールしましょう。

慣れるまで勇気がいる方法ですが、プロのラインジャッジも活用しているノウハウですので、ぜひ試してみて下さい。

 

3.大切なのは「正しくジャッジ」することではなく「責任感を持ってジャッジする」こと

どんなに視力の良い人、試合慣れしている人でも、セルフジャッジにミスは付き物です。

もし「失敗したな・・・」と感じたときには、すぐにジャッジを訂正しましょう。

ポイントレットになったり、それで相手のポイントになるケースもありますが、基本的に草トーナメントのセルフジャッジでは相手のポイントにしてあげてもOK。

それくらいの心の余裕を持つことをお勧めします。

一番まずいのは、「関わろうとしない」こと。

ダブルスでもジャッジをペアに任せっきりの人、たまにいますよね。

これが一番、まずいことです。

セルフジャッジも、やればやるだけ成長します。

しっかり責任感を強く持って、試合に臨むようにしましょう。

「入っていたかどうか、分からない・・・」というような感じでは、試合で不利益にしかなりません。

 

4.「イン」「アウト」だけのジャッジから卒業して、全体のルールを学ぶ意識を持とう

初中級者であれば、まずは「イン」「アウト」のジャッジがしっかりできること。

これが最低限の条件ですが、上級者になればルール全体を知る意識を持ちましょう。

テニスのルールは、アナタが思っている以上に複雑で細かい部分は毎年訂正されています。

とは言え、必要なのは試合でよくある「ありがち」なシチュエーション。

「ファーストサーブでガットが切れたら、ラケット変更できる?」

「疲労で痙攣したら、どこまで時間稼ぎができる?」

「ラリー中に帽子を落としたら?」

といった細かい部分、ぜひご自身で調べてみて下さい。

「ルールを知っている」ということが、試合では必ず大きな武器になります。

 

試合に強い選手は、いつも堂々としています。

それはセルフジャッジにしっかりとした自信があるから、ルールを知っているというバックボーンがあるからかも知れません。

ときに、汚いジャッジで相手を陥れようとする選手もいます。

テニス界の悲しい現実ですが、お互いに気持ち良くジャッジができれば、試合後もとても気持ち良い感覚を得られるのも、テニスの醍醐味。

学生のみなさんも、今のうちから是非意識を変えて取り組んでみて下さい。

セルフジャッジの意識一つで、大人になってきっと、楽しいテニスライフが待っていることでしょう。

ピックアップ記事

  1. 汗でグリップが滑りやすい人は、「Prince Grip Plus」がオススメ
  2. 「テニスラケット専用ウェイトボール」を使えば、素振りでのパワーアップも可能に!
  3. 【出張企画やります!】関西在住のみなさんへ
  4. 夜のランニングのマストアイテム、蛍光色グッズで安全にトレーニングを
  5. ご質問頂いた件につきまして

関連記事

  1. テニス コントロール

    その他

    テニスの試合で、「作戦は相手に知られてOK!」むしろ後半は、それを逆手に取っていくのが常套手段です

    スポーツにおいて、「自分の作戦はなるべく相手に悟られないように・・・」…

  2. テニス トレーニング

    その他

    青山学院大学の箱根駅伝での強さを紐解けば、テニスに必要な要素も見えてくる!

    今年も箱根駅伝にて、往路優勝を果たした青山学院大学。このチーム…

  3. テニス テニスボール

    その他

    オリンピック開幕直前!今振り返りたいテニス競技の名勝負動画

    錦織選手も出場するリオデジャネイロオリンピック。テニス競技では…

  4. テニス ガット

    その他

    テニスの試合で一番使う「利き腕の握力」は、大事に使おう

    テニスの痙攣と言えば、脚。真夏の試合では、しっかりケアしていて…

  5. テニス 目

    その他

    相手の速いショットを返球出来ない人は、「速いボールを見るコツ」を意識してみよう!

    テニスもレベルが上がってくると、当然相手のボールも早くなる。速…

  6. テニス 練習

    その他

    テニスの試合では、「ミスは責めないで、プロセスを責める」ことで失敗を繰り返さない選手になれる

    試合を通じて、色々な反省や課題が出てくる。ですが、ここで問題な…

特集記事

  1. 戦術

    なぜ、打った後の反応が遅れるのか?
  2. リターン

    錦織選手に学ぶ、「ビッグサーバーとはこう戦え」
  3. ダブルス

    強い並行陣は、後衛のポジショニングに秘密有り!
  4. フットワーク

    自分のコートのどこに、速いボールが飛んで来るのか分かる?
  5. サーブ

    サーブ&ボレーになるとサーブが乱れる人に、とっておきの秘策を
PAGE TOP