テニス ダブルス

ダブルス

ダブルスの試合では、球速が遅くても決まるコースが必ずある

今回は、基本概念として知っておいて欲しいこと。

ダブルスの試合、ついパワーで押していきたくなる、気持ちは分かります。

でも、そのパワーがあるなら、尚更活かして欲しいのが「コース取り」の部分。

それも、遅いボールでも充分にポイントが獲れる、ことについてしっかり意識しておいて欲しい。

絶対に、ダブルスの勝率は上がりますから。

 

ダブルスの試合では、球速が遅くても決まるコースが必ずある

 

1.遅いボールで得点する、イメージはある?

皆さん、どうでしょうか?

ドロップショット、ドロップボレー、ロブ・・・。

決して球速が速くないショットでも、ポイントが獲れるイメージはありますか?

速いショットが打てる人なら、尚更この「遅いショット」が活かせるのがテニス。

まずは、この概念を理解して、「やってみようかな!」と思う気持ちが大事。

試合の中で、遅いボールを打つのって結構勇気が要りますよね。

でも、打たないと損ですよ。

特にダブルスでは、決まる可能性が高いと私は思っています。

 

2.2人もいるから、打つ場所は無い・・・?

ダブルスは、コート上に2人が存在する。

なのに、そんなにコートはシングルスに比べて広くないし・・・なんだか常に、触られそう、拾われそう。

そんな風に見えている方も、実際は多いと思います。

実は、そんなことは無い。

2人でコート全体を守る、ことって実はすごく難しい。

雁行陣なら後衛の前、並行陣ならショートクロスやストレートロブ、を完璧に守るのは難しい。

相手を動かして、コース勝負。

この発想を、ぜひ学生の皆さんも持ってダブルスに取り組んで欲しいんです。

 

3.遅いボールが、なぜ決定打になるのか?

これには、理由があります。

自分が打ったボールが遅い・・・時の利点って、何でしょう?

それは、打った後にアナタ自身がポジションを変えることが出来る、という点。

スライスのアプローチショットなんて、まさにそうですよね。

打って自分が前にいく、時間が作れるから遅いショットはポジショニングとの相性が良い。

相手はすごく、圧迫感を感じるはずです。

いないと思った場所にいる、ポーチに出られる、ダブルスでは、前衛もいますからね。

遅いボールは、それだけ自分で時間を作って活かせる、魔法のショットなんです。

 

4.速いショットは、組み合わせ辛い

サーブだって、そうじゃないですか?

ダブルスの試合、速いサーブは結構前衛としては大変ですよ。

自分の横を通過したと思ったら、もうリターンが返ってくる。

一瞬で勝負が付くし、自分が動く時間は短い。

それよりは、遅くてもしっかり回転量のあるサーブで、センターに高くバウンドするサーブ、の方がポーチに出やすいですよね。

速いショットって、組み合わせ辛いんですよ、テニスでは。

もちろん、威力があるに越したことは無いんですが・・・特に前衛は動き辛い、と思います。

 

遅いボール、使えるようになるとテニスは幅が拡がる。

ダブルスも楽しくなるし、試合が好きになっていくと思います。

打つのはちょっと、勇気が要りますけどね。

ぜひ、この秋のテーマとして取り組んでみて下さい。

ダブルスで、いつどこに、「遅いボール」を打てば有効か・・・?について。

ピックアップ記事

  1. 読者ミーティング用にプロジェクターを買ったら、コスパ最高だった
  2. 暑くも寒くも無い時期には、「アームカバー」で体温調整を
  3. テニスに必要な筋力トレーニング、リストウェイトが効果的です
  4. 暑い夏のテニスの試合に備えて、瞬間冷却パックの準備は欠かせない
  5. テニスのコーチ、指導者の方にオススメしたい、「ボトムアップ理論」の名著

関連記事

  1. テニス ミス

    ダブルス

    格上相手のダブルスペアに勝つなら、「リターンにポーチで飛び込む勇気」が絶対に欠かせない

    「格上のダブルスペアを倒したい」そう考えている人に、何度も書い…

  2. テニス ダブルス
  3. テニス ダブルス

    ダブルス

    真のダブルスペアなら、「1回や2回の失敗」で絶対にくじけてはいけない

    ダブルスの試合を観ていると、ペアの心理状態が見えてきて面白い。…

  4. テニス ダブルス

    ダブルス

    守備力の高いダブルスペアが実践している「ピンチでロブを上げてしっかり守る」為に必要な意識とは?

    良いダブルスの要素、それは色々とあると思いますが、対戦していて嫌なペア…

  5. テニス 戦術

    ダブルス

    相手のドロップショットをカウンターで切り返す、のは前衛の仕事

    ダブルスの試合で、浅いボールで攻撃されるこれは、特に上のレベル…

特集記事

  1. テニス ボレー

    メンタル

    試合に勝てない人は、「楽な方に逃げた挙句に攻撃的なプレー」になっていることが多い…
  2. メンタル

    使えないと思う技術にこそ、突き抜けるチャンスがある
  3. テニス シングルス

    サーブ

    「シングルスで、サーブ&ボレーの戦術をたまに入れていく」ことで生まれる…
  4. テニス ポジショニング

    フットワーク

    鋭いフットワークの出足を支える、「走る方向と逆の足のキック」の基本を覚えよう
  5. テニス メンタル

    日々の雑記

    アナタが考える「テニスのウィッシュリスト」を作ってみよう
PAGE TOP