戦術

テニスが上手い人のトスは、何が違うのか?

サーブのトスが安定しない、そもそもどこが悪いのか分からない・・・という方に。

テニスが上手い人のトスアップって、何が違うんでしょう。

もちろん、それぞれサーブも違えばトスも違う。

でも、ある共通点はあると思いますよ。

 

テニスが上手い人のトスは、何が違うのか?

 


 

1.ほとんど回転していない

プロ選手や、アナタの周りで上手い人のトス、見てみて下さい。

あまり、ボールが回転していないと思いませんか?

そこまで注意して見たことが無い、という方はこの機会にぜひチェックしてみて下さい。

トスがくるくる回転している人、そうでない人、で何が違うのか。

私は、サーブに与える影響はかなり大きいと思いますよ。

 

2.どっちが打ちやすい?

ボールが回転しているトスと、していないトス。

どちらが打ちやすい、とアナタ自身は思いますか?

例えば、ロブはどうでしょうか。

相手のロブが回転している時、回転していない時。

私は、回転していない方が打ちやすい。

ボールも変化しないし、何より見えやすいんですよね。

くるくる回っているボールって、長く見ると疲れないですか?

サーブのトスアップ、そのボールはアナタ自身何度も何度も試合で見ることになります。

回転していない方が、私は圧倒的に楽だと思いますよ。

 

3.どうして回転してしまうんだろう?

一番多いのは、上にほおり投げるようなトスになっているからでしょう。

ボールを離すのが早い、指先に引っかかって、意図しない回転がかかっているようなケースが多いと思います。

回転しないトスは、腕全体をしっかり使うので、指先はほとんど使わない。

腕の力も使わないんですよね。

水の入ったコップを持ち上げるように上に伸ばすので、ボールはエレベーターに気持ち良く乗っているだけ、みたいな感じ。

ボールに回転がかかっていないから、ラケットで回転を与える時に素直な回転がかかる。

トスアップで、自分で回転をかけてしまっていること、に気付きましょう。

 



 

4.気持ち良く、ボールに飛んでもらおう

私は、トスアップからボールに優しく、を心がけています。

回転しながら上げても、気持ち良く飛んでくれない。

ラケットで回転をかけて、打って初めて回転がかかって、ボールが気持ち良く飛んでいく。

こういう感覚を、ボールと一体になって大事にしているつもりです。

なんかもう、試合ではトスアップから上に投げる、みたいなサーブの人が多いじゃないですか。

くるくる回って、打ち辛いしボールがかわいそうな感じになってはいませんか?

気持ち良く飛んでもらうために、優しく無回転でトスアップ、ぜひ意識してみて下さい。

 

5.お勧めの練習法

先ほども少し書きましたが、水の入ったコップを上に掲げてみる。

こぼれないように、しっかり腕を高い位置まで伸ばしてもキープ出来るように意識してみて下さい。

この腕の動き、手のひらの向き、がそのままトスアップに使えます。

ボールを支える指も、小指、薬指、中指、という感じの3本ですね。

この3本で支えていれば、そう回転はかからないですよ。

 

トスアップが安定すれば、サーブは変わります。

変なストレスは無くなるし、サーブを打った後に集中出来るようになる。

ここは、ぜひトレーニングしてみて下さい。

家でも会社でも、コップを持って上に上げるだけ。

簡単そうに見えて、意外と難しいはずですよ。

ピックアップ記事

  1. iphoneでテニス動画を撮影するなら、三脚ホルダーのスマホスタンドを使おう!
  2. 体幹の筋力アップに、意外とリーズナブルな「シットアップベンチ」を1台どうですか?…
  3. テニス選手に必要なトレーニングは、「重り付き」縄跳びでしっかり身に付く
  4. 寒くなる季節の変わり目に、テニスの試合で折り畳み式ブランケットは欠かせない
  5. テニスの試合に勝てるようになる為に、読むべき名著10選

関連記事

  1. テニス サイト

    戦術

    強気に前で勝負する、サッカー日本代表は私たちの未来

    サッカー日本代表、応援されている方も多いと思います。私も今まで…

  2. テニス ボレー

    戦術

    堅実なダブルスペアほど、攻撃はセンターにしか来ない

    ダブルスの試合、守備力を上げたいならこの戦術。本当、だまされた…

  3. テニス ストローク

    戦術

    相手の一歩先を考える、癖を試合でも付けよう

    試合の中で、流れを読んで先、先に仕掛ける。これが出来るのは、上…

  4. テニス メンタル

    戦術

    「まだ序盤だし、いつでも取り返せる」って、思ってない?

    テニスの試合、序盤が勝負。この重要性は何度も書いてきましたが、…

  5. 戦術

    テニスの大会で、「勝って当たり前と思われる試合」に勝ち切るために必要な要素4つ

    アナタ自身、成長してくれば当然、大会でもシードがつく。挑戦する…

  6. 戦術

    絶不調だったときにどれ位良かったか

    テニスの試合の、勝敗の中で。長い試合になると、どこで勝敗が分…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


特集記事

  1. テニス 気付き
  1. テニス スライス

    ストローク

    スライスの守りのショットが浮いてしまう方は、ココをチェック!
  2. テニス ストローク

    シングルス

    シングルスの試合で、リターンから「相手バックハンド側へのアプローチ」は絶対必要な…
  3. テニス サーブ

    サーブ

    サーブの伸びが足りないと感じている人・・・?
  4. テニス メンタル

    メンタル

    将来大成するテニス選手は、「調子が悪くても、調子が悪いという言葉は口にしない」強…
  5. テニス ストローク

    フットワーク

    「軸足の使い分けで臨機応変プレーを」意識でフットワークは、大きく変わります
PAGE TOP