テニス ダブルス

フットワーク

相手のドロップショットを読めるようになるには、フライングダッシュを繰り返すのが一番

試合の中で、強い相手にドロップショットを繰り返される。

ドロップボレーも、ダブルスの試合なら結構打たれますよね。

これに、良いようにやられていては上にいけない。

先読みして反撃、出来るように成長していきましょう!

そのために、まずはこの段階を経ないと無理ですね。

 

相手のドロップショットを読めるようになるには、フライングダッシュを繰り返すのが一番

 


 

1.相手のドロップショット、諦めてない?

まず、しっかり終えてますか?

これは試合だけでなく、練習からです。

相手の意図しないドロップ、つまりは当たり損ないのようなボールでも、絶対に2バウンドさせない。

この意志、強い意志がアナタ自身にあるかどうか、です。

こういう意志が無い人って、すぐ分かりますよ。

前を追わない人、の雰囲気の人と対戦すると、毎回私は「楽だなぁ」と思います。

だって、前に打つということは、それだけ打つ側にもリスクがあるということですから。

 

2.前にダッシュされる、のは誰でも嫌

一番嫌なのは、先読みされて走られることですが、普通に打った後に全力で走られるのも嫌です。

プレッシャーになるし、「簡単にドロップ、打てないな・・・」と思いますから。

アナタ自身に必要なのは、この前へのダッシュ。

相手がドロップを打つ、たびにしっかり前に走ってプレッシャーをかける。

触れなくても良い、毎回繰り返して「うーん、悔しい!絶対に取りたい!」と思えないと身に付かないですから、何も。

悔しさを感じてからが、勝負。

相手の癖を観察したり、山を張って先に前に走ったり。

ダッシュを繰り返す人は、真剣に考えて工夫し出しますからね。

 

3.ネットより低い位置で相手がボレー、ならドロップボレーの可能性大

これは、一つのセオリーですね。

相手が足元、ネットより低い位置でボレーしようとしているなら、ドロップボレーの可能性が高い。

ネットの近く、でネットより低い位置ならよりその傾向が強いですね。

思い切って、先に前にダッシュ、で良いと思いますよ。

それが相手の一番のプレッシャー、になりますから。

それに、考えてみて下さいよ。

ネットより低い位置からのボレーなら、叩かれることは無いでしょう。

結果的に相手が深く打ってきても、前に走りながらでもアナタは対応出来る。

それくらい、気持ちに余裕を持って走れば問題無いんです。

 

4.フライングダッシュ、繰り返そう!

相手が打ってから、動くのは卒業しましょう。

もう、ドロップは先読みして動く、自分のチャンスにしてしまう。

逆転の意志、を持って前に走る、それも相手が打つ前にスタートを切る。

これを繰り返していると、身体が勝手に反応してくれるようになるんですよ。

身体が先に反応する、相手のシチュエーションを見て、考えなくても身体が動く。

テニス選手としての大事な成長、ですね。

相手にドロップを許さない、この強さこそ試合で必要なんです。

 

前に走るのって、疲れるじゃないですか。

特にテニスでは、前後に走ると異常に疲れる。

でも、この走りが無い選手は勝てません、強くなれません。

まずは相手のドロップショット、ドロップボレー、に対しての反応を磨く。

許さないという姿勢を見せつけていきましょう!

ピックアップ記事

  1. iphoneでテニス動画を撮影するなら、三脚ホルダーのスマホスタンドを使おう!
  2. テニスに必要な筋力トレーニング、リストウェイトが効果的です
  3. テニスで肩が上がらない・・・と、苦労する人は「ピイラティス・ポール」がオススメで…
  4. 夜のランニングのマストアイテム、蛍光色グッズで安全にトレーニングを
  5. ベイビーステップ 46巻 は、シングルスの試合の駆け引きの描写が秀逸

関連記事

  1. テニス フットワーク

    フットワーク

    「スプリットステップ」は少しのコツで、テニスの試合が見違えるほど勝てるようになる!

    相手が打つ瞬間、スプリットステップをする。このスプリットステッ…

  2. フットワーク

    「粘れる足」を持っているとテニスの試合では強い

    テニスでは粘ることが重要。その為には安定したショットが必要なん…

  3. テニス ボレー

    フットワーク

    テニスでは力を入れるポイントを絞っておかないと、体力はいくらあっても足りない

    リラックス、リラックス・・・と試合中に考えても、その時点で恐らくガチガ…

  4. フットワーク

    「ザーッと滑りながら追いかける」オムニコートのテニスの試合で必要な技術とは?

    日本のテニスコート、今ほとんどが砂入り人工芝のコートになってきたね。…

  5. テニス 練習

    フットワーク

    ダブルスの試合で有効な前衛の動きは、「本当にポーチ出る!」と思わせるフェイント

    存在感のある前衛がいると、相手としてはそれだけで嫌・・・ですね。…

  6. テニス ボレー

    フットワーク

    アレーにしっかりコントロールしたければ、横向きを徹底してボールに入ろう

    レベルが高い試合になってくると、当然ダブルスでも「アレー」に打つ機会が…

特集記事

  1. テニス

    練習メニュー

    ダブルスのボレーボレーの中からポーチに出る!為に、効果的な練習メニュー
  2. テニス 準備

    シングルス

    シングルスでのパッシングショット、クロスが基本
  3. テニス ストローク

    戦術

    夏場の試合に必要な、体力温存策5つ
  4. テニス メンタル

    戦術

    テニスは、「必ずその人らしさが現れる」と考えると想定力が身に付く
  5. テニス ロブ

    ストローク

    「ストロークをシュート回転させて相手のラケットの芯を外す」テクニックは近代テニス…
PAGE TOP