テニス ダブルス

ストローク

フォアハンドの回り込みストローク、の攻撃力をアップさせるには?

フォアハンドの回り込みストローク、みなさん試合で使えてますか?

「使いたいけど、怖くてバックハンドで逃げてしまう・・・」人も、多いと思います。

そう、フォアハンドと聞くと簡単なようですが、実は難しく奥が深い。

でも、鍛えておけば最高に頼りになる武器になる。

それが、回り込みフォアハンドストロークです。

 

フォアハンドの回り込みストローク、の攻撃力をアップさせるには?

 

1.そもそも、回り込みのストロークって?

基本から、おさらいしましょう。

回り込みストロークとは、本来バック側に飛んで来たボールを、動いて自分のフォアハンド側で打つショット。

結構忙しいですよね、この回り込みストロークを打とうと思うと。

まず、決断力が無いと良いフットワークのスタートが切れない。

ボールは向かって来る、でもバウンド地点をしっかり見極めて、前後にも動かないといけない。

そう、大前提として、しっかり自分が「どこで打つのか」を予測して最短距離を動かないといけない。

忙しいですけど、これさえイメージ出来れば大丈夫。

年配の方、シニアの方でも、どんどん使えるショットになるはずです。

 

2.威力が出ないのが、「フォロースルー」に問題有り

せっかく回り込んでも、どこか威力が出ない。

窮屈なスウィングになってしまう人は、フォロースルーが小さいケースが多い。

特にフォアハンドは、回り込んで逆クロス、に展開していくショットになりますよね。

ここで前にしっかり腕を出していかいないと、威力が出ない。

フォロースルーをしっかり大きく、前に出す。

この意識を、練習からしっかり実践していくこと。

これが、回り込みフォアハンドストロークの威力をアップするポイントです。

 

3.打球からしっかり離れる、ことが出来れば大丈夫

回り込みフォアハンド、どうしても打点が近くなりがち。

無理も有りません。

一度ボールの後ろを通り過ぎていくので、そこから更に離れるのって勇気が要るんですよ。

でも、打点が近いとフォロースルーも大きく取れない。

しっかりボールから離れる、勇気を持つことが大事です。

相手のボールの動きに合わせる、のではなく、自分が速く動くイメージで回り込みましょう。

 

4.緊張した場面、ビビるような場面こそ

しっかりフォロースルーを前に、上に、出していく。

これが必ず、アナタのビビリを助けてくれるはずです。

緊張した場面、回り込んでフォアハンドをしっかり振っていく、フォロースルーを出していく。

この意識を持っているかどうかで、試合の大事なポイントの結果は変わってくるでしょう。

それくらい、回り込みフォアハンドストロークのフォロースルーは大事。

そして何より、頼りになる武器になるはずです。

 

つい、弱気になりがちなとき。

そんな時こそ、ぜひ試合でフォアハンドの回り込みストローク、打ってみて欲しい。

身体を大きく使えますし、足も動かせる。

きっと緊張もほぐれて、良い感じに調子が戻ってくると思いますよ。

ぜひ、意識してみて下さい。

ピックアップ記事

  1. テニスのニューボールの状態を維持出来る、「ボールキーパー」って?
  2. 塗り直し不要で、男性にもお勧めの日焼け止め 「ビオレUV アクアリッチ」
  3. テニスのルールの基本を学びたい人にお勧めの書籍「テニスのルール 審判の基本」
  4. 夜のランニングのマストアイテム、蛍光色グッズで安全にトレーニングを
  5. テニス選手に必要なトレーニングは、「重り付き」縄跳びでしっかり身に付く

関連記事

  1. テニス 練習

    ストローク

    「ミスの対処能力がテニスの能力」テニスの試合の中で自分で修正していくコツとは?

    テニスでパーフェクト試合をしたことある?俺は無いんだけど、かつ…

  2. テニス スライス

    ストローク

    スライスショットを身に付ければ、「同じフォームから3種類のショット」を繰り出せます

    スライスの重要性は、何度かこのサイトでも書いてきました。私が一…

  3. テニス ソフトテニス
  4. ストローク

    相手にジワジワとストロークで攻撃されているときには、「まず打点を下げさせてペースダウン」させること

    ストロークの打ち合いの中で。相手にジワジワと攻撃されて追い詰められる。…

  5. テニス 構え

    ストローク

    「思いつき」でショットが打てますか?テニスの試合でのショット選択について確認しよう

    練習の時に、コートに一つターゲットを置き、ボール出しでそこへ狙って当て…

  6. テニス トレーニング

    ストローク

    自分自身でコントロールに厳しくならないと、上達は無い

    自分のショットに対して、どこまで厳しくなれるのか。これは、誰も…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

特集記事

  1. テニス ボレー

    その他

    「テニスのタッチプレーは、10代のうちに磨かないと伸び辛い」だからこそ、学生の皆…
  2. テニス ボレー

    スマッシュ

    テニスにおいて、「前方向に移動しながらのスマッシュ」は意外と難しいので、しっかり…
  3. サーブ

    良いサーブの後に、人はなぜ力んでしまうのか
  4. メンタル

    テニスコーチに相談しに行くときには、どんな形でも「自分の意見」を持ってから
  5. サーブ

    サーブを打つ前、ボールはラケットのどこに当てる?
PAGE TOP