テニス ドロップショット

メンタル

誰が見ても簡単、と思う場面で人は緊張する

試合で緊張する場面。

それは、試合の序盤にだっていきなり訪れる。

みなさんも経験してきたであろう、嫌な場面。

こんな場面を、どう乗り切るのか、自分の中でどういうショットを打っていくのか、が大事です。

 

誰が見ても簡単、と思う場面で人は緊張する

 


 

1.「これは決まったでしょ」と、周りは思うけど・・・

打っている方は大変、なんですよね。

テニスだけじゃないですけど、誰が見ても「あとは軽く打つだけ」みたいな場面、ありますよね。

でも、これが実は難しい。

誰が見ても簡単なようなショットは、テニスでしっかり打ち切るのが難しいショットですからね。

緊張感が高まって、アウトしたりネットしたり・・・は、なぜ起きてしまうのか。

考えておかないと、ずっとポイントを取り切れないですよ。

 

2.「決めよう」と思わないことが一番

自信が無いと、ついこう考えてしまいますから。

決めないと、決められる・・・という恐怖心が、アナタに焦りと緊張を生む。

どんな攻撃でも、相手を動かすレベルで良い。

結果的に決まるのであって、自分から強引に決まる必要は無い。

「わかっちゃいるけど・・・」だと思います。

ここで、自分を変えていけるかどうか、ですね。

 

3.「なんだ、これで決まるんだ」という感覚を養おう

これは練習から、意識して養う必要があります。

簡単に打てば決まる、ような場面でも丁寧にプレーして、相手を動かす。

そうすると、もっと楽にポイントが取れるでしょう。

「なんだ、これで決まるんだ」と思えたら、試合でも強いですよ。

実力ではなく、これはアナタ自身の感覚。

感覚を変えなければ、絶対に試合でも変わりませんから。

 

4.ラケットを振れるかどうか、がキーワード

緊張に負けたくなかったら、ラケットを振ること。

チャンスボールで回転をかけること、何度も書いて来ましたね。

スライスでもスピンでも、しっかりラケットを振り切らないとダメ。

いつまで経っても、当てるだけのテニスでは緊張感で手元が狂うでしょう。

ラケットを振って、相手を動かす。

自分の中で、打てば決まるショットでラケットを振れるかどうか。

ぜひ、真剣に考えてみて下さいね。

 

例えば、ウォーミングアップのショートラリー。

ここでも、しっかりラケットを振れるかどうか。

これって、実は浅いチャンスをどう打つか・・・にもよって来ますからね。

練習の最初、からしっかり回転をかけてショットを振り切る。

これが、テニスでは大事なんです。

ピックアップ記事

  1. テニスの試合で「足裏の皮膚が荒れてしまう方」にオススメな、皮膚保護専用クリーム「…
  2. テニス選手に必要なトレーニングは、「重り付き」縄跳びでしっかり身に付く
  3. 何度でも消して使える、ウェアラブルメモはテニスでも使えそう
  4. プッシュアップバーを使って、テニスに必要なトレーニングを効率化しよう
  5. プロテニス選手を目指したいなら、英語は必須!実用的なテキスト5つ

関連記事

  1. テニス メンタル

    メンタル

    自分の感情中心でテニスをしている人は、試合で勝てる選手にはなれない

    冷静に試合を進めているつもりでも、客観的に思い出してみると結構、こうい…

  2. メンタル

    心の弱さが、ミスになるのがテニス

    テニスの試合で、ミスが多い。練習だと入るボールが、入らない。…

  3. テニス メンタル

    メンタル

    「チャンスをチャンスと思えるか」ポイントに繋げる為の、心の準備について

    テニスはディフェンスが重要。ある程度試合に出ていると、誰もがそ…

  4. メンタル

    2-5ダウンの場面でも、「3セットマッチなら次のゲームは大事」その理由について

    3セットマッチ、皆さんの中で経験したことがある方はどの程度いるでしょう…

  5. メンタル

    試合でミスを引きずらない、選手になりましょう

    ミスを引きずってしまう、自分のメンタルが大嫌いという人。これっ…

  6. テニス 練習

    メンタル

    テニスの試合本番で起きること、は「全て毎日の練習」でも起きていることである

    試合の中で、少しのことでパニックになってしまう人。そんな人ほど…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


特集記事

  1. メンタル

    相手の前衛にビビらない、そんな自分イメージ出来る?
  2. テニス ダブルス

    戦術

    強い相手は、試合の中で同じやられ方を繰り返さない
  3. テニス メンタル

    ストローク

    改めて考えてみる、「シングルスでのシコラー対策」についての新しい視点
  4. テニス ストローク

    リターン

    リターンの反応が遅い選手は、ネット上に分岐点を作って待つようにしてみよう
  5. テニス メンタル

    ボレー

    テニスのネットプレーがぎこちない人は、「肘をピーンと伸ばし過ぎ」ていることが多い…
PAGE TOP