テニス ドロップショット

メンタル

誰が見ても簡単、と思う場面で人は緊張する

試合で緊張する場面。

それは、試合の序盤にだっていきなり訪れる。

みなさんも経験してきたであろう、嫌な場面。

こんな場面を、どう乗り切るのか、自分の中でどういうショットを打っていくのか、が大事です。

 

誰が見ても簡単、と思う場面で人は緊張する

 

1.「これは決まったでしょ」と、周りは思うけど・・・

打っている方は大変、なんですよね。

テニスだけじゃないですけど、誰が見ても「あとは軽く打つだけ」みたいな場面、ありますよね。

でも、これが実は難しい。

誰が見ても簡単なようなショットは、テニスでしっかり打ち切るのが難しいショットですからね。

緊張感が高まって、アウトしたりネットしたり・・・は、なぜ起きてしまうのか。

考えておかないと、ずっとポイントを取り切れないですよ。

 

2.「決めよう」と思わないことが一番

自信が無いと、ついこう考えてしまいますから。

決めないと、決められる・・・という恐怖心が、アナタに焦りと緊張を生む。

どんな攻撃でも、相手を動かすレベルで良い。

結果的に決まるのであって、自分から強引に決まる必要は無い。

「わかっちゃいるけど・・・」だと思います。

ここで、自分を変えていけるかどうか、ですね。

 

3.「なんだ、これで決まるんだ」という感覚を養おう

これは練習から、意識して養う必要があります。

簡単に打てば決まる、ような場面でも丁寧にプレーして、相手を動かす。

そうすると、もっと楽にポイントが取れるでしょう。

「なんだ、これで決まるんだ」と思えたら、試合でも強いですよ。

実力ではなく、これはアナタ自身の感覚。

感覚を変えなければ、絶対に試合でも変わりませんから。

 

4.ラケットを振れるかどうか、がキーワード

緊張に負けたくなかったら、ラケットを振ること。

チャンスボールで回転をかけること、何度も書いて来ましたね。

スライスでもスピンでも、しっかりラケットを振り切らないとダメ。

いつまで経っても、当てるだけのテニスでは緊張感で手元が狂うでしょう。

ラケットを振って、相手を動かす。

自分の中で、打てば決まるショットでラケットを振れるかどうか。

ぜひ、真剣に考えてみて下さいね。

 

例えば、ウォーミングアップのショートラリー。

ここでも、しっかりラケットを振れるかどうか。

これって、実は浅いチャンスをどう打つか・・・にもよって来ますからね。

練習の最初、からしっかり回転をかけてショットを振り切る。

これが、テニスでは大事なんです。

ピックアップ記事

  1. テニスの試合で勝ちたい男子選手に、オススメのゲームウェア
  2. これからの冬のテニスに最適な、ネックウォーマー4選
  3. 大人のトレーニングは「DNS プロエックス」を使って効率的に
  4. 「テニスラケット専用ウェイトボール」を使えば、素振りでのパワーアップも可能に!
  5. 真夏のテニスの試合に必要な、熱中症対策のマストアイテム5つ

関連記事

  1. テニス メンタル

    メンタル

    何度やられても、「繰り返す力がある」選手が最後に笑うことが出来る、のがテニスという競技です

    テニスの試合では、忍耐力が求められる。自分がこうと決めたこと、…

  2. テニス メンタル

    メンタル

    テニスの試合中に、「不安で迷ったら積極策を取る!」と決めておくと、迷い無くプレーできる

    ゲームカウント4-4、30-40のセカンドサーブ・・・。アナタ…

  3. テニス メンタル

    メンタル

    自分についている嘘は、試合でアナタの足を引っ張り続けることになる

    皆さんは、自分に正直・・・ですか?なかなか、難しいと思います。…

  4. テニス メンタル

    メンタル

    「もう、何をやってもムダかな・・・」と、思って欲しいと相手は考えているはず

    テニスだけじゃない、スポーツでのあらゆる種目において、そうでしょう。…

  5. テニス メンタル

    メンタル

    テニスの結果を安定させるには、精神論から脱却して仕組みを変えていかないと

    頑張っているのに、結果が出ない。そんな自分が嫌で、もうテニスや…

  6. テニス メモ

    メンタル

    メンタルを安定させる「メモ・テニスノート」の活用方法とは?

    皆さんも試合中、チェンジコートで自分のメモを見返したりする機会、あると…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

特集記事

  1. テニス 準備

    戦術

    「失敗しても良いから」の言葉を、勘違いしてはいけない
  2. テニス スライス

    ストローク

    シングルスの試合で超絶使える、バックハンドのスライスストロークのコツ5つ
  3. テニス メンタル

    メンタル

    テニスの大会でシード選手に勝ちたければ、「私生活から誰かを特別扱い」する癖を止め…
  4. テニス サーブ

    サーブ

    テニスの試合のサービスゲーム、「0-40からキープに繋げるために」必要な準備と心…
  5. ダブルス

    「ダブルス並行陣を検討中のアナタへ」テニスの試合で強みを発揮するのはディフェンス…
PAGE TOP