テニス スマッシュ

スマッシュ

大チャンスなスマッシュでは、早く足を決め過ぎないこと

明らかにチャンス、なスマッシュの場面。

こういうときって、逆に打ち辛いと感じること多くないですか?

周りからは、決めて当たり前だと思われているし・・・。

でも、速くボールの下に入りすぎても、きっとスマッシュって難しいんですよ。

 

大チャンスなスマッシュでは、早く足を決め過ぎないこと

 


 

1.先に足が止まってしまうと・・・?

どうですか?

なかなか打つ時にリズムがとり辛いと思います、スマッシュも。

ボールはどんどん加速して落下してくるのに、自分は止まって待っている。

止まっているもの、と動いているもの、がぶつかるときって、不安定になりがち。

余裕がある場面でのスマッシュでも、「少しだけ動ける幅」を持っておいた方が良い。

私はそう思いますよ。

 

2.前に踏み込んで打てる、ように幅を残しておく

スマッシュの基本ですが、最後に前足を出して打つ、とパワーが出る。

それに、この幅で修正が出来るんですよね

チャンスでのスマッシュ、完全に足を決めて待つのではなく、最後に前足を出して打つ、練習をしてみましょう。

もちろん、ラケットの準備は早く終えておいて、後は足だけ、という状況は早く作っておく。

これだけで、スマッシュの精度はかなり上がりますよ。

 

3.風もあって、最後にボールは変化する

実際に、ボールが落ちてくるときに変化する。

屋外の試合では、簡単そうに見えるスマッシュでも難しいですからね。

最後に自分で調整できる、ように下半身で動かせる幅を作っておきましょう。

これが出来れば、チャンスのスマッシュでも確実に決められる。

自分で足を使ってリズムを取る、ことを意識してみて下さい。

 

4.下がるスマッシュのほうが、実は簡単かもしれない

下がって打つスマッシュ、難しいですけど・・・身体はしっかり動かせるじゃないですか。

ジャンプだって出来る、から自然にボールに身体を合わせる、リズムが取れる。

これがチャンスのようなスマッシュ、だと難しいんですよね。

自分が動かなくても良い、と思ってしまいますから。

下がって打つスマッシュ、以上に単純な動かなくていいスマッシュは難しい。

この意識で、しっかり練習しておきましょう!

 

こういう1本、のミスが試合を動かしていきますよね。

足の使い方、でチャンスのスマッシュを確実に決められるように。

身体が固まりやすい人は、要注意です!

ピックアップ記事

  1. 大人のトレーニングは「DNS プロエックス」を使って効率的に
  2. KT TAPE(ケーティーテープ) を使って、テニスの試合で酷使する「膝関節」を…
  3. テニスラケット ピュアドライブの新作は、「攻撃的な大人のテニス」に最高の武器にな…
  4. 筋肉痛が毎回酷い人は、「フォームローラー」で身体の表面をほぐしてケアしよう
  5. ベイビーステップ 46巻 は、シングルスの試合の駆け引きの描写が秀逸

関連記事

  1. スマッシュ

    スマッシュミスが多い人は、狙い所を間違えているだけ

    人って、気付かないうちに狙うところ、が決まっていく。習慣や癖、…

  2. テニス メンタル

    スマッシュ

    味方のスマッシュチャンスを、「決めてくれるだろう…」と甘く考えてる人は試合で勝てません

    ダブルスの試合で、そのペアの強さを測るときにはポイントがあります。…

  3. テニス ボレー

    スマッシュ

    スマッシュが苦手な人は、無理やりにでも自分に余裕を作ってみよう

    試合でスマッシュが入らない、大事なところでミスをする。もう、こ…

  4. テニス ボレー

    スマッシュ

    試合の中で隙だらけな人は、「スマッシュを打ったらポイントが終わる」と思っているから勝てない

    自分では自覚症状は無くても、試合で勝てない人。そんな人には、あ…

  5. テニス 練習

    スマッシュ

    テニスにおけるスマッシュは、「上げた腕と顔の間くらいにボール」がくると、一番打ちやすい!

    スマッシュの入り方、に自信を持っている人は強い。実際には打ち方…

  6. テニス サーブ

    スマッシュ

    身体を後ろに傾けて打つスマッシュ、が実は9割

    スマッシュを試合の中で打つイメージ、皆さんはどんな「身体の使い方」を想…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


特集記事

  1. テニス ストローク

    ボレー

    「足元のボレー」を磨けば、もっと前にチャージできる
  2. サーブ

    サーブの安定感は「真似する」ところから!プロテニス選手の打つ前の動作を観察して分…
  3. テニス メンタル

    サーブ

    チェンジアップサーブは、試合でリードした場面で使っておこう
  4. その他

    試合で勝てるチームを作るテニス部のキャプテンは、「仕事を任せられる人」です
  5. テニス ストローク

    ロブ

    テニスの試合で使えるショット、「ロブはスライス?トップスピン?」について考えてみ…
PAGE TOP