テニス スマッシュ

スマッシュ

スマッシュは最後、後ろにジャンプ!で安定する

スマッシュが苦手な人、苦手意識のある方は、ちょっとイメージしてみて下さい。

打つ時って、ジャンプしてますか?

これって、私の中ではスマッシュの苦手意識を計るバロメーターになっています。

しかも結構、正確なんですよ。

 

スマッシュは最後、後ろにジャンプ!で安定する

 

1.自信が無いから、最後にジャンプ出来ない

私は、ジャンプ推奨派です。

何も、数十cmジャンプしないといけない、という訳ではありません。

最後に軽くで良い、ジャンプすることでスマッシュは安定するし威力も出る。

ジャンピングスマッシュって、難しくないと思いますよ。

むしろ、ずっと両足をコートに付けたまま打つ方が、私は難しいと思います。

だって、リズム取り辛いじゃないですか。

最後に、よいしょ!とジャンプする方が、私はむしろ楽だと思うんですよね。

 

2.後ろ足でコートをキックすればOK

難しく考える必要はありません。

基本的に少し下がってのスマッシュでは、右利きの方は右足、左利きの方は左足でコートをキックする。

ジャンプ、と書くとハードルが高くなりそうですが、コートをキックすると思えば良い。

サーブと同じ、ですね。

このキックが無いと、上半身だけの力に頼ったおかしいスマッシュになっていく。

試合で緊張した場面、スマッシュミスばかりする人を見てみて下さいよ。

きっと、下半身が固まって、両足がコートにベタっとついたまま、だと思いますよ。

 

3.コートをキックすれば、自然と下から上のスウィングになる

スマッシュだって、私の感覚では下から上、です。

いきなり下方向に押さえつけるようなスマッシュは、本当に例外。

ネットのすぐ傍から打つとき以外は、スマッシュも上方向に打って山なりの軌道、なんですよね。

そうなると、安定するし深さが出る。

コートをキックすることで、身体全体でボールに力を伝えられます。

それに、意識を足に置いておく、だけで楽じゃないですか。

ラケット操作、に神経質になるからスマッシュはミスばっかりなんです。

 

4.足に意識、上半身はそれにつられるだけ

私は、この感覚でスマッシュを打っています。

意識しているのは、先ほど書いた後ろ足だけ。

ここでしっかり、コートをキックして軽くジャンプする。

それ以外、上半身とか腕の動きとかは、考えていないし、意識していない。

スマッシュのスイッチは後ろ足にあって、ここを動かせば他は自然に動いていく。

という感じに仕上げておくと、試合の緊張した場面でも楽ですよ。

考え過ぎず、足のことだけで良いわけですからね。

 

スマッシュが苦手な方、後ろ足でコートをキック、してみて下さい。

思いのほか、力が伝わって良いスマッシュが打てると思いますよ。

派手なジャンプ、は必要ありませんし体力のムダ使い。

バランスを維持しながら、後ろ足キックで威力と安定感アップ。

スマッシュこそ、下半身主導でいきましょう!

ピックアップ記事

  1. 何度でも消して使える、ウェアラブルメモはテニスでも使えそう
  2. ミズノ社製のアイスマットを使えば、夏場の厳しい試合も乗り越えられるはず
  3. テニスの試合に必要なフットワークトレーニングに、ラダーは必需品
  4. あらゆる場面で活躍できる「万能タイプスポーツサプリメント」凌駕BCAA+
  5. テニスコーチ時代に、最高に憂鬱だったこと

関連記事

  1. テニス ポジショニング

    スマッシュ

    右利きの方のスマッシュは、ラケット右上で打ち終わるから安定感が出てパンチも生まれる

    イメージは、バドミントンです!テニスのスマッシュって、結構力が…

  2. テニス スライス

    スマッシュ

    スマッシュをロブで粘れる、ようになるには「身体に引き付ける勇気」を養っていこう

    相手の速いボールを、しっかり返球出来る人。特にスマッシュをロブ…

  3. テニス ボレー

    スマッシュ

    スピンサーブが打てる男性なら、スピンスマッシュを積極的に使っていこう!

    スマッシュが得意な人は、回転をかけるのが上手い。でも、サーブな…

  4. テニス ボレー
  5. テニス スマッシュ
  6. テニス ポジショニング

    スマッシュ

    テニスの試合で「低い弾道のロブをスマッシュするとき」要注意したい5つのポイント

    スマッシュの重要性は、何度か書いてきました。今回は、低くて速い…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

特集記事

  1. テニス メンタル

    その他

    「強い選手だけが特別扱い」される部活やサークルは、その選手も弱くなっていく
  2. テニス ボレー

    ボレー

    「骨盤をけっこう意識してます」横向きに必要なテニスの動きは骨盤から!
  3. テニス ストローク

    シングルス

    フォアハンド側を6割空けて待つことで、バランスの良いポジションに
  4. テニス メンタル

    練習メニュー

    厳しい練習とは、「通常の試合より相手が優位な状態」からスタートする練習
  5. テニス ダブルス

    ダブルス

    テニスでは、「前衛にも複数のポジション」があることに、気付いた選手から試合が上手…
PAGE TOP