テニス スマッシュ

スマッシュ

スマッシュは最後、後ろにジャンプ!で安定する

スマッシュが苦手な人、苦手意識のある方は、ちょっとイメージしてみて下さい。

打つ時って、ジャンプしてますか?

これって、私の中ではスマッシュの苦手意識を計るバロメーターになっています。

しかも結構、正確なんですよ。

 

スマッシュは最後、後ろにジャンプ!で安定する

 

1.自信が無いから、最後にジャンプ出来ない

私は、ジャンプ推奨派です。

何も、数十cmジャンプしないといけない、という訳ではありません。

最後に軽くで良い、ジャンプすることでスマッシュは安定するし威力も出る。

ジャンピングスマッシュって、難しくないと思いますよ。

むしろ、ずっと両足をコートに付けたまま打つ方が、私は難しいと思います。

だって、リズム取り辛いじゃないですか。

最後に、よいしょ!とジャンプする方が、私はむしろ楽だと思うんですよね。

 

2.後ろ足でコートをキックすればOK

難しく考える必要はありません。

基本的に少し下がってのスマッシュでは、右利きの方は右足、左利きの方は左足でコートをキックする。

ジャンプ、と書くとハードルが高くなりそうですが、コートをキックすると思えば良い。

サーブと同じ、ですね。

このキックが無いと、上半身だけの力に頼ったおかしいスマッシュになっていく。

試合で緊張した場面、スマッシュミスばかりする人を見てみて下さいよ。

きっと、下半身が固まって、両足がコートにベタっとついたまま、だと思いますよ。

 

3.コートをキックすれば、自然と下から上のスウィングになる

スマッシュだって、私の感覚では下から上、です。

いきなり下方向に押さえつけるようなスマッシュは、本当に例外。

ネットのすぐ傍から打つとき以外は、スマッシュも上方向に打って山なりの軌道、なんですよね。

そうなると、安定するし深さが出る。

コートをキックすることで、身体全体でボールに力を伝えられます。

それに、意識を足に置いておく、だけで楽じゃないですか。

ラケット操作、に神経質になるからスマッシュはミスばっかりなんです。

 

4.足に意識、上半身はそれにつられるだけ

私は、この感覚でスマッシュを打っています。

意識しているのは、先ほど書いた後ろ足だけ。

ここでしっかり、コートをキックして軽くジャンプする。

それ以外、上半身とか腕の動きとかは、考えていないし、意識していない。

スマッシュのスイッチは後ろ足にあって、ここを動かせば他は自然に動いていく。

という感じに仕上げておくと、試合の緊張した場面でも楽ですよ。

考え過ぎず、足のことだけで良いわけですからね。

 

スマッシュが苦手な方、後ろ足でコートをキック、してみて下さい。

思いのほか、力が伝わって良いスマッシュが打てると思いますよ。

派手なジャンプ、は必要ありませんし体力のムダ使い。

バランスを維持しながら、後ろ足キックで威力と安定感アップ。

スマッシュこそ、下半身主導でいきましょう!

ピックアップ記事

  1. テニスで肩が上がらない・・・と、苦労する人は「ピイラティス・ポール」がオススメで…
  2. 汗でグリップが滑りやすい人は、「Prince Grip Plus」がオススメ
  3. 「テニスラケット専用ウェイトボール」を使えば、素振りでのパワーアップも可能に!
  4. テニス選手に必要なトレーニングは、「重り付き」縄跳びでしっかり身に付く
  5. 男子シングルスの試合を戦い抜くなら、大量発汗にも耐えうるタオルチョイスを

関連記事

  1. スマッシュ

    「ダブルスのスマッシュ、打っていない方は何してる?」細かい意識の差が、ダブルスの実力差です

    ダブルスのペアでスマッシュが強い、という印象はどういう時に抱きますか?…

  2. テニス ダブルス

    スマッシュ

    スマッシュは「構えながら相手の選手のポジションも確認する」ことで、コース勝負に持ち込めてミスが減る

    スピードは無くても、なぜかスマッシュが決まりやすい選手、ペアっています…

  3. テニス ストローク

    スマッシュ

    スマッシュが苦手な人は、「どこかで落ちてくるボールを怖がっている」から上半身が折れてしまう

    スマッシュが得意な人は、試合で強い。そりゃそうですよね、チャン…

  4. テニス フットワーク

    スマッシュ

    相手にスマッシュで打ち込まれそうなときは、とにかく一度止まって構えよう

    守備が上手い選手は、試合で変な負け方はしない。スマッシュを打ち…

  5. テニス ロブ

    スマッシュ

    試合1発目のスマッシュ、がその試合を決める

    これも、一つのあるある、だと思います。試合でのスマッシュ、打つ…

  6. テニス サーブ

    スマッシュ

    深い位置からのスマッシュでも、「しっかりコースを突いて、相手を追い込む」為に必要な練習意識とは?

    深いロブに対して、しっかり準備できていないと試合で勝つのは難しい。…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

特集記事

  1. テニス メンタル
  1. テニス メンタル

    その他

    久しぶりにテニスをすると、なぜ調子が良いのか?
  2. テニス ダブルス

    ボレー

    ネットより低い位置からのボレーでは、「絶対にボールにスピードを出してはいけない」…
  3. テニス ポジショニング

    ダブルス

    ダブルスの前衛にいるときは、横目で後ろまで見る感覚を養っておこう
  4. テニス ダブルス

    ボレー

    試合でのボレーのコントロールは、「ボールを捉える前のラケット面作り」で9割が決ま…
  5. テニス 格上相手

    スマッシュ

    「スマッシュ上手より、ロブ対処上手」テニスの試合で必要なシンプルな考え方
PAGE TOP