テニス ボレー

フットワーク

テニスでは力を入れるポイントを絞っておかないと、体力はいくらあっても足りない

リラックス、リラックス・・・と試合中に考えても、その時点で恐らくガチガチ。

テニスの試合、どこかで力を抜くポイントを作っておかないと、いくら体力があっても足りない。

同時に、力を入れるポイントはどこなのか。

今回は私の感覚で、皆さんにお伝えしたいと思います。

 

テニスでは力を入れるポイントを絞っておかないと、体力はいくらあっても足りない

 

力を入れるのは、ボールがラケットに当たるときだけ

「そんなので、本当に大丈夫?」と思うかも知れませんが、実際大丈夫です。

さすがにラケットに当たる瞬間はギュッと握らないと、ボールに負けてしまう。

でも、実際に力を使うのはこの「握り込み」くらいです。

その前に振り出す部分では、身体の中で腰を回す、ボレーなら足でコートをキックする、感じくらい。

つまり、使っている力も上半身、じゃない。

だから疲労度も抑えられるし、打ち方も安定するんです。

 

リラックスする、ということはラケットから遠い位置に力を入れるということ

実際に、ストロークやボレー、サーブを打つ時に大事なのは下半身。

しっかり下半身を使えれば、その力を伝える役目を上半身が担ってくれる。

つまり、ラケットからなるべく遠い部位、で力を入れて動かしていく。

安定感が無い人ほど、ラケット近くの腕、手のひら、に力が入ってそこで動かそうとしている。

これって疲れるし、本当に怪我の基、ですよ。

 

力を入れるのは、ボールが当たっている瞬間じゃない

それでも、遠いボールに追い付いたり、ここぞという場面ではスウィングスピードも上げたい。

やっぱり力を使うべきところでは、使わないと。

そうなると、そのポイントはいつか・・・。

ラケットを振り出すタイミング、ですね。

ボールが当たっているときには、もう脱力しながらグリップだけ握っているような感覚。

私はこの感覚で、試合でも身体をリラックスさせるようにしています。

当たる瞬間ではなく、ラケットを動かし始めるときにしっかり力を込める。

集中力も含めて、です。

 

ボールを打つ瞬間に、どうしても皆さん力が入る。

でも・・・思い出してみて下さい。

どんなに力を込めても、打点が低かったり後ろだったりすると、テニスではどうしようも無いんです。

そこから強引に速いショットを打つ、なんて怪我にしかつながらないですから。

力を入れるポイント、再度見直してみて下さい。

 

今回のまとめ

テニスではボールを打ち始めるくらいのタイミングで、力を込めてみよう

 

ピックアップ記事

  1. 真夏のテニスの試合に必要な、熱中症対策のマストアイテム5つ
  2. これからの暑い時期にあると便利な、「高速製氷機」とは?
  3. テニスシューズの中で、自分の足が滑る・・・ような人は、5本指ソックスに変えてみよ…
  4. 寒くなる前に購入マスト、なテニス選手に最適なベンチコート3選
  5. 暑くも寒くも無い時期には、「アームカバー」で体温調整を

関連記事

  1. テニス フットワーク
  2. テニス ストローク

    フットワーク

    アナタが試合で勝てないのは、「時間を稼ぐショット」を使えないだけかも知れない

    良いショットは打っている、だけど試合に勝てない。ミスが多い?い…

  3. テニス シングルス
  4. テニス スライス

    フットワーク

    身体を内側に向けることが出来ないと、テニスで必要な視野は身に付かない

    「上手い人って、何であんなにコート全体が見えてるんだろう?」って、思い…

  5. フットワーク

    思い通りに打てた後に、「足が止まる」癖を無くそう

    自分が打った後に、足が止まる。そんなときって、こういう時じゃな…

  6. テニス 練習

    フットワーク

    遅いボールを見た時に、普通の人は自分の動作までゆっくりになる

    球出しの練習なんて、典型的だと思うんですよね。遅いボール、飛ん…

特集記事

  1. テニス 格上相手
  1. テニス リターン

    ロブ

    試合で使えるロブは、コートの1メートル内側の落とす感覚で良い
  2. テニス ストローク

    ストローク

    硬式テニスの試合では「薄いグリップで粘るスライス」を身に付けないと、守備範囲が拡…
  3. テニス スライス

    ストローク

    前に踏み込むストローク、が打てないならしっかりスライスで凌ごう
  4. テニス メンタル

    ストローク

    スライスストロークがいつも浅くなる人は、「ラケットを持つ腕の肘を曲げ過ぎ」な可能…
  5. テニス サーブ

    サーブ

    「デュースサイドからセンターへのスライスサーブ」は試合で有効なボディサーブに!
PAGE TOP