テニス サーブ

サーブ

サーブこそ、最近の自分を動画で見ておかないといけないショット

サーブ練習、みなさんすごく熱心に考えている方が多い。

個人でも練習出来ますし、工夫が楽しいですからね。

でも、まずは現実をしっかり確認したい。

アナタ自身、最近自分のサーブをしっかり動画で見たことはありますか?

これは、意外な落とし穴だと思いますよ。

 

サーブこそ、最近の自分を動画で見ておかないといけないショット

 

1.「出来ていると思う」は、大抵出来ていない

サーブなんて、まさにその典型例でしょう。

何となく、でしか思っていないことに、なぜか自信を持っている。

「トスは前に上がっているはず」

「態勢は崩れていないはず」

「フットフォルトはしていないはず」

この、〇〇なはず、という思い込みは、大抵が妄想です。

自分のサーブを動画で撮って、ぜひじっくり見てみて欲しいんです。

 

2.撮っていると分かっても、癖は出る

「でも動画撮っている時くらい、ちゃんと打てるんじゃない?」と思いますよね。

確かに、いつもよりは色々と意識出来るでしょう。

でも、よーく見ると、必ずアナタ自身の癖は出ています。

ここをしっかり、確認することがまず第一です。

とにかく、先入観を捨ててチェックしてみることです。

「これは出来ているだろう」と思って見ていると、見逃してしまう。

真っ新な気持ちで、自分の動画を見てみること。

そしてその後には、「生の試合での動画」と比べてみることも大事です。

 

3.試合になると、崩れていくのがサーブ

練習よりも、更に崩れていくでしょう。

極端な話、相手のマッチポイントでのセカンドサーブ、はどうでしょうか。

練習通り打てる人、少ないと思います。

入れたいという気持ちが強過ぎて、トスが低くなったり、前のめりになったり。

試合での自分、サーブを打つフォーム、ぜひ確認してみて下さい。

アナタ自身、きっと気付くことが多いはず。

試合で打っているサーブが、アナタ自身のサーブですから。

これだけは、逃れようの無い事実です。

 

4.サーブを変えるには、まず自分を知ること

これが出来れば、私はほぼ改善は終わったようなもの、だと思いますよ。

サーブのようなショットこそ、自分を知ることが大事。

自分を知って、どうしていくのかを考える。

何となく、入れば良いくらいだと試合は出来るけど勝つのは難しい。

自分を客観的に知っておけば、試合中でも修正出来る。

動画で何度も見直している人は、試合中でもその動画がイメージ出来るはず。

ぜひ、自分のサーブを動画で見る習慣、作ってみて下さい。

 

サーブは変えられない、変えるのが難しいと億劫になっている人が多い。

でも、それってもったいない話なんですよね。

サーブを抜きにして試合、は出来ないですし、サーブから全てのポイントは始まります。

自分の動画を見るの、最初は抵抗あると思いますけど。

だからこそ、やった者勝ち、なんですよ。

ピックアップ記事

  1. いつからヨネックスのシューズは、こんなにカッコ良くなったんだろう
  2. Zatous(ザータス)の大容量バッグインバッグは、ラケットバッグと相性ピッタリ…
  3. TOALSON(トアルソン) スイートエリアラケット、これは使える
  4. 水で濡らして絞って振れば、何度でも冷たくなるタオルが使える
  5. + POWER CUP について

関連記事

  1. テニス サーブ

    サーブ

    安定感の無い選手のほとんどが、サーブに力を使い過ぎている

    サーブに皆さん、どの程度力を使っているでしょうか?「大事なショ…

  2. サーブ

    テニスの試合巧者になりたければ、「サーブは最低2種類の球種」を打てるようにしよう!

    サーブを強くして、キープ率を上げたい。そう考える人は、多いはず…

  3. テニス サーブ

    サーブ

    実は、右利きのサーブだって強力なんです

    サーブは左利きが有利。それって、誰が決めたことでしょう?…

  4. テニス サーブ

    サーブ

    「膝の沈み込み」を使えば、テニスのサーブはもっと楽に打てて安定する!

    試合でなかなかサーブが安定しない・・・と、悩んでいる方は多いんじゃない…

  5. サーブ

    今のサーブは「センター?ワイド?」が中途半端な人は・・・?

    サーブのコースをしっかり打ち分ける。ことが出来る人は、意外と試…

  6. テニス メンタル

    サーブ

    サーブを打つ前に自分の世界に入り過ぎる、人はきっと試合で勝てていない

    試合をしていて、こういう相手いませんか?相手がサーブを打とうと…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


特集記事

  1. テニス 気付き
  1. テニス 準備

    ストローク

    ストロークに必要な速い準備とは、「相手が打ったボールがネットを越える前」までが勝…
  2. テニス リターン

    リターン

    テニスの試合で勝ち抜くには思い切って踏み込んで、「逆クロスのフォアハンドリターン…
  3. テニス メンタル

    メンタル

    0-5まで追い詰められて、「吹っ切っていこう!」と思ったら、思い切って試してみた…
  4. テニス スライス

    ストローク

    「ベースラインからドロップショットを打ってみたい!」人は、技術よりも大切な「間」…
  5. ストローク

    フォアハンドのコントロールアップ、を目指す方へ
PAGE TOP