テニス 動画

練習メニュー

「自分のテニスを動画で観たことが無い人」には、どんな名コーチのアドバイスも上の空

最近ではスマートフォンの普及もあり、簡単に動画やスロー動画を撮影ができるようになりました。

これをテニスに活かさない手はありません。

学生の皆さんも、恥ずかしがらずに一度やってみて下さい。

きっと、アナタのテニスが劇的に変わっていく一歩になります。

 

「自分のテニスを動画で観たことが無い人」には、どんな名コーチのアドバイスも上の空

 

■意外と多い「自分のテニスから眼を背け続ける」人たち

アナタは、自分のテニスについて周りの人に説明・解説できますか?

やりたいこと、今取り組んでいること、それは試合に勝てる為に必要なことですか?

こういった客観性を持つには、まず自分のテニスを直視することが第一歩。

難しく考える必要はありません。

練習のとき、そして試合のときに、周りの友達に頼んで数分間で良いので撮影してもらうと良いでしょう。

 

■スマートフォンでスロー動画も撮影できる時代

一番の魅力は、常に撮影と鑑賞できる端末を、アナタ自身が持ち歩いているということです。

少し前までは大きなカメラと再生するモニターが必要でしたが、それも過去の時代。

自分の撮影した動画は、アナタの財産になります。

もしかすると、「こんな打ち方をしてたなんて、ショック・・・」と感じる人も多いでしょう。

まずはその事実を知る、ということが何よりも大切。

コーチや先生の指導する言葉を、当事者意識強く自然に受け入れていけるようになるでしょう。

 

■練習量を確保できない社会人の方こそ、動画を活用して欲しい

社会人の方ともなると、テニスの練習はできて平日に週1回、土日で1回程度ではないでしょうか。

それでも年に数回あるトーナメント大会では結果を出したい、勝ちたいと考える方が多いはずです。

サポートできる技術として、この動画は最適です。

良いイメージのプレー動画は何度でも電車の中で見直しましょう。

これはナルシスト的な発想ではなく、自分にイメージを刷り込ませて試合で身体が自然に動くようにする、トレーニングです。

悪い動画は何度か問題点をチェックしたら、逆にあまり見返すと逆効果になることも。

良いショット、失敗したショット、どちらの動画素材も、徹底的に活用していきましょう。

 

悲しいことに、学生も社会人の方も、練習しているテニスが自分の目指すテニスと合っていない方が多いように感じます。

それは、「自分自身のテニス」についてあまりに情報が少ないから。

自分で理解できていなければ、周囲のアドバイスなど無意味です。

敵を知っても、自分を知らなければテニスの試合で勝てる訳がありません。

今回の紹介した内容は、やるか、やらないか。

アナタ次第ですが、今後のテニスの成長度を大きく左右するでしょう。

ピックアップ記事

  1. 水で濡らして絞って振れば、何度でも冷たくなるタオルが使える
  2. テニスの壁打ちをする場所が無い・・・人は、「リバウンドネット」を設置してみない?…
  3. 会社にも持っていける、社会人にオススメのラケットバッグ
  4. テニスの試合で勝ちたい男子選手に、オススメのゲームウェア
  5. テニスで肩が上がらない・・・と、苦労する人は「ピイラティス・ポール」がオススメで…

関連記事

  1. テニス 練習

    練習メニュー

    テニスの練習では、「何を身に付けていつ使うのか?」を常にイメージしよう

    テニスの練習、皆さんどんなことを「意識」出来ているでしょうか?…

  2. テニス 戦術

    練習メニュー

    「普通にクロスでストロークラリーを練習」していても、試合で勝てません。必要なのは・・・?

    部活や練習で、ストロークのクロスラリーの練習をする機会は多いと思います…

  3. テニス 攻撃

    練習メニュー

    サービスからのクロス&ストレートコース限定のシングルス練習メニュー

    サーブから相手を崩していく、というイメージがシングルスには大事。…

  4. テニス 準備

    練習メニュー

    2人1組で簡単に出来る、試合前のフットワーク練習例

    試合前のウォーミングアップ、みなさんどうでしょうか?ラケットを…

  5. テニス スマッシュ

    練習メニュー

    テニスのタッチプレーを、ゲーム感覚で練習する方法

    テニスの試合で必要な、タッチプレー。「本当に必要?」と思ってい…

  6. テニス メンタル

    練習メニュー

    テニスの練習、基本的な考え方は「試合よりも難しい環境」の中に身を置いて鍛えることです

    強いテニス選手、学校、チームの選手は、口を揃えてこう言います。…

特集記事

  1. テニス 格上相手
  1. テニス ダブルス

    ボレー

    リターン側の前衛は、シンプルなプレーでミスを減らそう
  2. テニス 準備

    練習メニュー

    「ノーバウンド限定」のボレー対ストロークの練習は、ロブを混ぜながらハードにやって…
  3. テニス ストローク

    ストローク

    沈めるストロークは、打つ前かラケット面を被せないこと
  4. テニス ロブ

    ストローク

    ロブがいつも甘くなる人は、「軌道の頂点をどこに置くか?」をまず考えて打てば攻撃的…
  5. テニス 準備

    その他

    テニスの練習中に、「ボールを上から思いっきり踏んでしまった」ときの応急処置につい…
PAGE TOP