テニス ボレー

スマッシュ

試合に勝ちたければ、「スマッシュが苦手な相手には、遠慮無くロブ」を上げて打たせていこう

試合に勝つには、ロブが必要。

意外と学生の皆さんは「あえてスマッシュを打たせる」ことに無関心、な人が多いように思います。

ですがスマッシュが得意な人、は実は少ない。

1回戦、2回戦くらいは、あえてこの作戦を使ってみるのも良いでしょう。

 

試合に勝ちたければ、「スマッシュが苦手な相手には、遠慮無くロブ」を上げて打たせていこう

 


 

■スマッシュが苦手、打てない人は意外と多い!

アナタも以前、もしかしたら今も、経験していることかも知れません。

試合の中でスマッシュを打つ、簡単なロブでも実際は難しかったりしますよね。

ダブルスでは「前衛」がいる。

遠慮なく序盤に、ロブを上げてスマッシュを「打たせて」みませんか?

思わぬ発見があるかも知れませんよ。

出来るだけロブだというのは隠して、いきなり上げてみましょう。

 

■実力の見極めはスマッシュの結果、では無く過程で見極める

スマッシュの実力は、その結果だけで見てはいけない。

普段ミスしているような選手が、たまたま上手くいって良いショットが打てたのかも知れない。

ぜひロブを上げたら、そのフットワークから準備の速さまで、しっかり観察してみましょう。

先回りして準備、しっかり打点に顔が残っているようであれば、きっとスマッシュが上手いし自信がある。

ロブを上げて自分の打った軌道だけを観る、のではなくしっかり相手の動きから観察しておきましょう!

 

■苦手な相手には、遠慮なく太陽光を使うと効果的

ロブで試してみて、少しでも苦手な要素が見えたらチャンス!

太陽光を使えるときには、遠慮なく使いましょう。

まぶしい屋外のコート、というだけでスマッシュに苦手意識がある人は億劫になる。

そして言い訳の準備を始めます。

「まぶしいから、もう打ちたくない・・・」というような状態に、早く追い込んでしまいましょう。

 

スマッシュを打たせる、という作戦、ダサいと思います?

私は昔、そう思ってました。

速いボールで攻撃して、華麗にエースで決める・・・のも1ポイント、相手のスマッシュミスも1ポイント、です。

でも、相手に与えるダメージを考えるとどうでしょうか?

もう答えは出ているはず!

積極的に観察するべく、まずはスマッシュを打たせていきましょう!

ピックアップ記事

  1. 「プリンス キャスター付きボールカゴ」が、やっぱり一番使いやすい
  2. 晴雨兼用のビッグパラソルは、テニス選手なら欠かせないアイテム
  3. テニス選手としての「肩の痛み」を改善するには、寝る時の姿勢を変えないと
  4. 都内でラケットバッグを持ち歩くのは辛い!人は、「ecbo cloak」でラケバを…
  5. スピンサーブ習得の秘密兵器に、「スピンサーブマスター」を使ってみない?

関連記事

  1. スマッシュ

    スマッシュとサーブの違いを考えると、「少しだけスマッシュが楽になる」考え方について

    スマッシュに苦手意識を持っている方、色々理由があると思います。…

  2. テニス メンタル

    スマッシュ

    スマッシュ練習で必要な奥に深く打つ意識は、まずは「アウトを怖がらない姿勢」から養おう

    スマッシュのレベル、はどこで測るのか。私は一つの基準として、し…

  3. テニス ストローク

    スマッシュ

    「スマッシュは・・・地味に行こう!」実際にテニスの試合で使える技術を身に付ける

    ロブを上げられた瞬間どう思う?もちろんチャンスなロブだったら、…

  4. テニス ダブルス

    スマッシュ

    女子ダブルスで必要な、スマッシュ力の強化について

    女子ダブルスの試合で、3回戦の壁を突破できないとお悩みのみなさん。…

  5. テニス ダブルス

    スマッシュ

    今現在のスマッシュを「試合で使えるスマッシュ」に変えていく4つのポイントと練習法

    アナタ自身が試合に出たときに、スマッシュでポイントを決められるとどんな…

  6. テニス 練習

    スマッシュ

    テニスのスマッシュに、「フラットな当たりでスピードを求める」から、試合で全く入らなくなる

    テニスの実力が一番如実に反映されるショット、それは何度も書きましたが「…

特集記事

  1. ボレー

    速いボールのボレーは、フォロースルー無しでOK
  2. テニス ダブルス

    練習メニュー

    ボレー対ストロークのリズム、を体感しよう
  3. ボレー

    テニスの試合で「直線的なロブボレー」を使えると、ダブルスの戦術の幅はグッと拡がり…
  4. テニス スマッシュ

    ボレー

    やっと届いたボレーは、実はドロップボレーにしやすい
  5. テニス サイト

    その他

    会場に着いたらざっと確認したい、「テニスの試合で必要な準備」7つ
PAGE TOP