テニス 雪

その他

テニスにおいて、「自分はこういうプレースタイル」と決めつけてしまうのは、本当に怖いことです

アナタは自分のプレースタイル、どう思っていますか?

どう思うか・・・と言うより、どんなプレースタイル、という風に自分では考えていますか?

なぜ、こんな問いかけをするか・・・と言うと、そこには理由があります。

学生の皆さんにとって、「自分のプレースタイル」を決めるにはまだ早い。

早過ぎてもったいないことの方が多い、と思うんです。

 

テニスにおいて、「自分はこういうプレースタイル」と決めつけてしまうのは、本当に怖いことです

 


 

■テニスのプレースタイルは、生涯変化していく

テニスのプレースタイル、色々ありますよね。

タイプ別に分けると、サーブ&ボレーヤーとか、アグレッシブベースライナーとか・・・それを表現する種類は少ないのですが、言葉にならない細かい部分も多い。

一人一人、状況によってプレーが異なるので当然。

ですが、なぜか学生の皆さんの中には、「自分はこういうプレースタイル」と簡単に決めつけてしまう人が多い。

自分のプレーに自信を持つことは大事ですが、型にはめてしまう必要はありません。

今、自分に出来ることだけでプレースタイルを決める必要は無いのです。

 

■全選手がオールラウンダーの時代、だからこそ

プロ選手の試合を観ていると、まさにそう感じます。

今ではベースラインでのプレーからサーブ、リターン、ネットプレーまで、一つでも弱点があると勝ち上がるのが難しい。

逆に言えば、ラケットとガットの進化である程度誰でも「中級以上のレベル」では、色々なボールが打てるようになったのです。

「プロの選手、だからでしょ?」と思った方、それは間違いです。

今では一般の皆さん、学生の皆さんも、上位に進出する選手は本当にそつが無いプレイヤーが多い。

だからこそ、「自分は○○主体のプレースタイル」の○○に、捕らわれていては成長出来ないし勝てないのです。

 

■プレースタイルは、自分から創り出し掴み獲っていくもの

プレースタイルを創るのは、自分次第。

それは誰かに与えられるものではありません。

待っていても、手に入らない。

自分からチャレンジして、しっかり失敗をしながら模索していく。

勝てない相手にもトライして、それでもめげずに試合に出続けていく中で、自分のプレースタイルが見えてくる。

「自分は○○というプレースタイルだから」という殻に閉じこもっている方がいたら、そろそろ出て来ませんか?

 

変化出来る勇気を持っている、人こそテニスが強くなる。

それは他のスポーツや学業、仕事でも同じかも知れませんね。

言葉で言うのは簡単ですが、行動に移して継続するのは実に難しい。

プレースタイルも、自分で早くから決めてしまった方が楽ですし・・・ね。

でも、一つだけ言えることがあります。

それだと・・・試合に勝てません。

いや、勝てるかも知れませんが、トーナメントを勝ち抜いて上にいくことは難しいでしょう。

今年、2016年も7月に入って後半戦。

さぁ、新しい自分のテニス、探しながら頑張っていきましょう!

ピックアップ記事

  1. 真夏のテニスの試合に必要な、熱中症対策のマストアイテム5つ
  2. iphoneでテニス動画を撮影するなら、三脚ホルダーのスマホスタンドを使おう!
  3. 試合に勝つダブルスを極めたいなら、お勧めの一冊
  4. テニス選手に必要なプロテイン摂取は、便利なブレンダーボトルで
  5. 「最近使い始めた、ホワイトボードみたいなのって何ですか?」のご質問

関連記事

  1. テニス メンタル

    その他

    格上相手に対して、どう「勝負どころ」を設定するのか?の問題について

    テニスの試合で、格上相手にどう戦うのか。まず、この部分をしっかり考…

  2. その他

    「上級生について行けば良い」という考えは止めよう

    アナタ自身がもし一年生なら、練習メニューは上級生が決める?その…

  3. その他

    「高西トレーニング遍歴」テニスの試合で使える体力を順序を追って身に付けていく

    32歳で選手活動を引退したんだけど、一番プレーが充実していたのは、引退…

  4. その他

    無限の負のループ、に気付こう

    私たちの周りは、常に繰り返し、で満ちている。このこと、に気付け…

  5. その他

    「呼吸法で勝率アップ」テニスの試合や練習で意識したい呼吸のリズムとは

    もともと小児ぜんそく患者だった俺は、虚弱体質だった。走り回るこ…

  6. テニス メンタル

    その他

    テニスの上達の為に、「事実を伝えるということ」は残酷だけど、本当は優しい行為です

    「上辺だけの付き合い」という言葉があります。このサイトを観てい…

特集記事

  1. テニス 練習

    戦術

    テニスの試合では、精神的なプレッシャーはデュースサイドの方が少ないはず
  2. テニス ストローク

    ボレー

    「まずい、浮いた!」と思っても、相手の正面なら焦る必要は無い
  3. テニス スマッシュ

    フットワーク

    「足元に沈められるストローク」を返球する、現代テニスには必須のボレーに必要なフッ…
  4. テニス 粘り

    ボレー

    クロスボレーを磨けば、試合でのボレーのネットミスは減るはず
  5. ストローク

    なぜ、ほとんどの人がストロークで「身体が開いてしまう」のかを解き明かす5つの理由…
PAGE TOP