メンタル

自分だけの世界、これが持てるかどうか

目次

テニスに限らず、だと思います。

試合や勝負事に強い人って、自分の世界を持ってますよね。

良い意味で、周りと一線を画して動じない。

それって、プロ選手の特権でしょうか?

いやいや、私たちでも創り上げることは出来ます。

大事なのは、覚悟と小さい工夫、継続していく努力です。

 
 

他人に干渉されない自分

試合こそ、自然体で

何事も、無理は続きません。

そして、無理している自分はどこかでボロが出てしまう。

テニスの試合でも、そうだと思います。

自然体で挑める状態を、どう作れるのか。

他人から干渉されない、独自の世界を作っている自分をイメージしてみて下さい。

これが自分の中で確認出来れば、もう大丈夫。

動じない選手、プレーが確実に出来るようになります。

自分のことは、自分で決める

もちろん、ダブルスではペアとのコミュニケーションも必要。

ですが、基本的にテニスは自分のことは自分で決めていくスタンス、が大事。

そこで自分の意見があるからこそ、ペアともコミュニケーションが取れる。

自分の世界を持っているからこそ、客観的に俯瞰して試合を見ることが出来る。

文章で書いていると「何のこっちゃ?」となりますが、まずは自分で色々と決め手いくスタンス、を大事にしましょう。

そこに、「周りからどう思われるだろう…」という不安は、一番の障害になります。

自分勝手、とはまた違う

自分の世界を持つ、ということは、自分勝手に周りに迷惑をかけるのとは違います。

むしろ、自分を確立させて迷惑をかけない、というイメージ。

私自身もよく団体戦のリーダーをやったりすることがありますが、一番困るのが自分の意見が全くない人。

どういうオーダーが希望なのか、サイドやペアの相性で、全く自分の意見が無い人って何も会話が出来ない。

自分勝手というと言葉が悪いですが、自分の世界を持って自然体で周りに意見を言える人、はテニスの試合でも強いはず。

ここが、難しところなんですよね。

ですが読者のみなさんなら、理解して頂けるかと思います。



試合前の過ごし方、で変わります

まずは、1人になりましょう

試合開始の30分くらい前、になるとやること。

それは、必ず1人になること、です。

トイレでも更衣室でも良い、周りに人がいない環境がベストですね。

試合の直前までずっと仲間といる、のは私はお勧めしません。

試合について考えて覚悟を決める、自分の世界に浸ってみる時間。

これが、どんなレベルのテニス選手でも絶対に必要なこと、なんです。

不安を整理する、ということ

自分の世界を持つ、これは不安を整理することに近いでしょう。

自分の中で、色々とシミュレーションしてみて、想定を立てて試合を考える。

不安要素を、出来るだけ整理しておく。

無くなることは無いです、心配事は尽きないですからね。

でも、「こういう不安には、こう対処していこう」という方向性が見えているだけで、かなり違いますよね。

自分の世界を持っている人は、泰然自若として見える。

不安と向き合って整理して、受け入れるだけ。

試合前に、みなさん自身でやれば良いだけの話、です。

あとは、やり切って結果を待つだけ

試合では、この感覚が大事です。

試合の中で準備したことを実行して、後は結果を待つ。

その風貌が、恐らく周りから見ると「自分の世界を持っている」ように見えるんだと思います。

いや、実際はかなり不安ですし、色々期待もしてると思いますよ。

アナタ自身が、「もうこれだけやったなら、後は待つだけだな」と思えるかどうか。

コーチ、指導者の方なら、そう思って選手を送り出せるかどうか。

送り出せた時に、自分の世界を持てたとも言えるでしょう。

   

あまり周りを、気にし過ぎないこと

マナーさえ守れば、堂々としてましょう

たくさんの草トー大会で、私自身が感じること。

もっと、堂々と自然体で、試合をしていく選手のみなさんが増えて欲しい。

何となくテニスって、実力社会で階級社会のような面が強いですが、それは自分の世界を持っていないということ。

どんな試合でも、負けると思って試合に入るとこうなります。

マナーさえ守っていれば、あとは戦うだけ。

対戦相手は敵ですからね。

自然体で、お互いの実力で勝負するだけ、ですから。

気を遣い過ぎない、ペアに対しても

ダブルスペアでも、同じことが言えます。

ミスして申し訳ない、気持ちは凄く分かります。

でも、謝ってばかりの人は、自分の世界というものを持ち辛い。

成長も遅いし、何が起きても周りのせいに出来る、謝れば良いという雰囲気が出来上がってしまう。

ココ、真摯に向き合って自分に問いかけてみて下さい。

ペアに対しても、自分の世界を持って接し、試合に挑む。

そういう人が、試合でも結果を出し続けていくはずです。

一番の敵は、自分自身

最後に壁になるのは、いつも自分自身です。

自分の世界を作ることは、つまりは「人と異なること」を認めるということ。

自分自身で、周りと一線を画すことで周りと違うという意志、を見せることになります。

これが、みなさんきっと怖いはず。

私だって、怖いです。

時に自分の世界なんて無い、周りと同化したくもなります。

でも、そこで自分と向き合って強くなれるかどうか、でしょう。

テニスの試合で結果を出したいなら、人と異なることを恐れてはいけない。

自分の世界を持つことに、貪欲にならないといけないんです。



「それって、強い人が自然に出来ていることでしょ?」と、感じた方もいるでしょう。

それはアナタ自身が、そう感じているから、ですね。

自分の世界を持つことに、実力が伴っていないから恥ずかしいですか?

私は、むしろ逆だと思います。

試合に出ている選手、実力が低ければ低いからこそ、意図的に自分の世界を作り上げること、が大事。

周りから笑われても、良いじゃないですか。

笑っている相手は、きっとアナタの鴨になる。

相手にしない、それで良いと思います。

ピックアップ記事

  1. 試合に勝つダブルスを極めたいなら、お勧めの一冊
  2. 会社にも持っていける、社会人にオススメのラケットバッグ
  3. テニス選手のフットワークを支える、足首サポーター「ASO」
  4. 夜のランニングのマストアイテム、蛍光色グッズで安全にトレーニングを
  5. 大人のトレーニングは「DNS プロエックス」を使って効率的に

関連記事

  1. テニス メンタル

    メンタル

    「緊張感の中で・・・」テニスの試合で実力を発揮する為に、必要なイメージとは?

    試合というものは緊張するものだ。結果が欲しいから負けたくない。…

  2. テニス センス

    メンタル

    テニス業界に根強い「実績至上主義」が、私は大嫌いです

    私自身、テニスは好きですが、嫌いなところもあります。それは、選…

  3. テニス メンタル

    メンタル

    「テニスでやたらと自分の負け試合を美談にする人」は、そのまま生涯3回戦止まりで終わる

    最近、後輩と話していて違和感があるのが、コレ。試合に負けたのに…

  4. テニス 楽天

    メンタル

    本物の気迫は、試合の現場で相手の判断を誤らせる

    練習と試合の違い。私は、結構こういう目に見えない問題が大きいと…

  5. テニス 陸上

    メンタル

    テニスという競技の中で、「大事な試合で流れにのまれる選手と、そうでない選手」の違いはどこにあるのか?…

    試合の中で、調子良さそうにプレーしていたのに、急に別人のようになってし…

  6. テニス メンタル

    メンタル

    「テニスの試合に勝てない人同士が試合をすると、こうなる」という典型的なパターン例4つ

    テニスの試合では、強い人同士が試合をするのは珍しくない。ですが…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


特集記事

  1. 戦術

    感覚を自分で言語化出来れば、テニスは強くなる
  2. テニス 風

    戦術

    男子ダブルスの試合で、「6ゲーム先取の形式で、サービス権を取られた」ペアの戦い方…
  3. テニス ストローク

    リターン

    並行陣を崩すには、ファーストボレーをさせるところから
  4. テニス ダブルス

    戦術

    テニスでは、「元々の武器より弱点から育て上げた武器」の方が試合で使える
  5. サーブ

    テニスにおけるサーブこそ、一番多くの「失敗」が求められる技術である
PAGE TOP