テニス 客観視

メンタル

テニスの試合前、「トイレに行って鏡を見て」自分の時間を作ることをオススメします

あと少しで、自分の試合が始まる。

そんなときに皆さんは、どんな過ごし方をしていますか?

私は一つの習慣として、トイレに行って鏡を見てある「暗示」をかけるようにしています。

それはここで書くのも少し恥ずかしいんですが・・・まずは、「自分を認めてあげること」です。

それは自分のテニスで、しっかり戦えば勝てる、ということを確認する作業。

レベルに関わらず、試合前には覚悟を決めることが大事です。

 

テニスの試合前、「トイレに行って鏡を見て」自分の時間を作ることをオススメします

 


 

■試合前に慌てても、しょうがない

試合前に情緒不安定になることも、人間ですから誰にでもあります。

勝ちたい、というよりも負けるのが怖い。

特に自分の知っている相手、絶対負けたくない相手と試合をする前は、不安もたくさんよぎります。

そんなときには、まずトイレに行って鏡の前に立つ。

大きな鏡の前に立った自分が、どう見えているか、確認してみて下さい。

そこで自分にかける暗示、考えてみて下さい。

 

■「自分のテニス」を信じること、認めてあげること

テニスをやっているときの自分自身、好きになれていますか?

認めてあげること、自分自身で出来ていますか?

試合ではつい、失点したり出来ないことがあると自分を責めたくなる。

でもそれは、試合が終わってからでOK。

試合中は、自分を信じて持っている武器で戦わなければいけません。

その為にも、「今自分に出来るテニス、自信がある部分」をしっかり認めてあげて、ポジティブな気持ちで試合に入っていけるように。

その準備の場としては、大きな鏡があるトイレを私はオススメします。

 

■テニスの試合は、楽しんだもん勝ち

こう思えるようになれば、試合はもう勝ったようなもの。

鏡に映された自分自身の姿、どう映っていますか?

楽しもうという気持ちに溢れているか、そうで無ければ我慢のテニスも必要でしょう。

その日の自分を、客観的に知る。

自分のその日の調子を感じることが出来れば、悪いなりのテニスをすることも出来る。

そんなことを感じる場としても、試合前の時間はとても大事です。

 

当たり前ですが、人間ですから調子が良いときも悪いときもある。

大事なのは、「ん、今日は調子、イマイチかも・・・」というのを、試合前に知ること。

試合が開始されて、ズルズルいったときに気付いても、もう遅い。

試合前の時間で、自分としっかり向き合うこと。

体調や気分、鏡に映された自分を見て、まずいと思ったらそれも受け入れる。

そんな感受性、ぜひ意識して磨いてみて下さい。

ピックアップ記事

  1. 大人のトレーニングは「DNS プロエックス」を使って効率的に
  2. 真夏のスポーツ観戦には、超軽量・小型の折り畳み傘は必需品
  3. 夜のランニングのマストアイテム、蛍光色グッズで安全にトレーニングを
  4. 準備しておいて絶対に損は無い、試合会場でのトイレ事情について
  5. テニスで肩が上がらない・・・と、苦労する人は「ピイラティス・ポール」がオススメで…

関連記事

  1. テニス 客観視

    メンタル

    テニスを通じて私たちは、「出会う人全てを、すぐに外枠」で決め付けてはいないか?

    テニスというスポーツは、どこか階級社会の色が強い。毎年開催され…

  2. テニス 準備

    メンタル

    「テニスノート」をつけるときに盛り込みたい要素とは?

    マンガ「ベイビーステップ」の流行もあり、改めて見直されているテニスノー…

  3. テニス リーダー

    メンタル

    嫌われることを恐れている人は、「真のリーダー」にはなれない

    皆さん、今年一年の目標や覚悟、テニスにおいて定まっているでしょうか。…

  4. テニス メンタル

    メンタル

    気持ちが昂るのは良いが、焦っても良いことは無い

    テニスの試合、気持ちが昂るのは当たり前。でも、つい昂りが「焦り…

  5. テニス 練習

    メンタル

    テニスの試合の中で、「自分にとってラッキーなポイント」があった後こそ、冷静な自分に戻ろう!

    テニスの試合は、色々なポイントがある。相手のダブルフォルトや、…

  6. メンタル

    試合に強い人は、トラブルが付き物だと理解している

    試合前に、準備が大事。何度も書いてきたことですが、準備ってこう…

特集記事

  1. 練習メニュー

    「レベルの高い人たちの中での練習」だけになると、危険
  2. サーブ

    テニスのおけるサーブの基本は、「前足は動かさない」からフットフォルトを防げること…
  3. リターン

    ダブルスの試合で必要な、「リターンをクロスに深く、高く返球」は基本パターンとして…
  4. ダブルス

    繰り返しますが、アナタのダブルスに必要なのは大胆さ、です
  5. テニス ストローク

    ストローク

    テニスの試合でストロークミスが多い人は、そもそも打点が低過ぎる
PAGE TOP