テニス ボレー

ダブルス

並行陣で速いボールに腰が引けてしまう人は、低い態勢のまま前に出よう

並行陣でダブルスをプレーしているときに、気を付けたいこと。

サーブ&ボレー、またはリターンダッシュと、結構やることが多いですよね。

相手も、しっかり沈めて低めに打って来る、強い相手にはどう戦うべきか。

速いボールに怖気づいてしまう前に、まずは自分の大勢をしっかり確認しておきましょう。

目線を低く、がキーワードです。

 

並行陣で速いボールに腰が引けてしまう人は、低い態勢のまま前に出よう

 

1.低い目線は、精神を安定させる

私はこう思うんですよね。

テニスの試合、目線が低いとすごく精神が安定する。

不安なときって、つい自分の態勢も高く、目線が上がりがち。

こうなると、テニスでは足元のボールが疎かになって、並行陣どころではありません。

低い目線をキープすることは、特に前に入ってネットプレーに移行していくときに必要になってくること、です。

並行陣のときには、ネットの白い部分、に自分の目線をもってくるくらい、低い態勢を意識してみましょう。

 

2.回転がかかった相手の沈むボールを、恐れないこと

並行陣の天敵、難しいところは足元に沈められること。

結構、強烈じゃないですか。

自分のサーブを、容赦なくリターンで足元に打たれる、ことに心が折れてはいけません。

しっかり目線を低くしていれば、大丈夫。

スプリットステップも、気持ち広めのスタンスで。

回転がかかって鋭く沈むボールも、しっかり対応出来るはずですよ。

その大前提として、アナタ自身が相手の攻撃を恐れない、厳しいボールはしぶとく返すか前に落とす、くらいの感覚で準備しておきましょう。

 

3.低い態勢のまま動くのって、難しい

でも、やってみると「走る」のが難しい。

低い態勢のまま走るのって、簡単じゃないですよね。

ですから、多少は前に走るときには目線が上がって良いと思います。

その代わり、相手が打つ瞬間にはしっかり低い態勢になっていること。

ここをチェックするだけで、並行陣の安定感は抜群に上がります。

低い態勢を、パッと作れるように準備しておく。

これだけで、ファーストボレーが安定するでしょう。

 

4.低い態勢でボレーが安定するのには、根拠がある

まず、低い態勢を作るだけで、「ボールの下側」を触りやすくなる。

そうなると、ネットミスが減りますよね。

山なりなボレーが増えて、自然にスライス回転もかかるようになる。

だから、ファーストボレーにピッタリ、なんですよね。

ネットから遠い位置でも、安定してミスが減る。

態勢が高い、目線が高いと、ボールを上から抑え込むようなボレーばかりになりますから。

そうなる前に、低い態勢を意識する。

試合の入りから、並行陣とセットで考えていきましょう。

 

強い並行陣ペア、試合で観察してみて下さい。

きっと、ビックリするくらい態勢が低いですよ。

足元のボールを、しぶとく返してミスを誘う。

対戦相手も、こういう目線が低い相手って本当にやり辛いはず。

ぜひ、そんな並行陣ペアを目指して、アナタ自身頑張ってみて下さい!

ピックアップ記事

  1. 暑くも寒くも無い時期には、「アームカバー」で体温調整を
  2. 全日本テニス5回優勝!佐藤博康プロにボレーのコツを聞いてみた①
  3. 多動力こそ、これからの時代のテニス選手に必要だと思う
  4. テニスの試合に持参するジャグボトルは、「サーモス スポーツジャグ 1.9L」くら…
  5. テニス選手としての「肩の痛み」を改善するには、寝る時の姿勢を変えないと

関連記事

  1. テニス ダブルス
  2. テニス メンタル

    ダブルス

    みんな、前衛の「ストレートケア」について誤解してない?

    今日は、ちょっとした誤解を解いていきたいと思います。ダブルスの…

  3. ダブルス

    後衛同士のラリーが速くて、「ポーチに出れない・・・」という方へ

    ダブルスの試合で、後衛同士のラリーが速いとき。「これは、邪魔出…

  4. ダブルス

    「ダブルスボレーの仕事」を把握すれば、テニスのダブルスの試合は勝てるようになる!

    先日、明学東村山高校の男子テニス部へボランティアレッスンで行ってきた。…

  5. ダブルス

    相手の前衛の影響範囲は、相手によってかなり違うという事実

    ダブルスの試合で、ここをしっかりと意識しておきたい。「前衛」ほ…

  6. ダブルス

    安定感のある並行陣、2段構えが欠かせない

    並行陣で、簡単に攻撃されているペアは試合で勝てない。特に、セン…

特集記事

  1. テニス 気付き
  1. テニス スライス

    ストローク

    「スライスでの粘りのストローク」を身に付けておくと試合でピンチの場面で助けになり…
  2. シングルス

    ダウンザライン方向に山なりなボール、を使えばシングルスの試合で有効打に
  3. テニス ボレー

    練習メニュー

    テニスの試合で、「流れるようなネットプレー」を身に付ける為の練習メニュー
  4. テニス 団体戦

    戦術

    テニスの試合で成功したことは、どんどんフォーマット化しよう
  5. テニス知識

    これからの梅雨の時期に、準備しておきたいラケバ用レインカバー
PAGE TOP