テニス ボレー

ダブルス

並行陣で速いボールに腰が引けてしまう人は、低い態勢のまま前に出よう

並行陣でダブルスをプレーしているときに、気を付けたいこと。

サーブ&ボレー、またはリターンダッシュと、結構やることが多いですよね。

相手も、しっかり沈めて低めに打って来る、強い相手にはどう戦うべきか。

速いボールに怖気づいてしまう前に、まずは自分の大勢をしっかり確認しておきましょう。

目線を低く、がキーワードです。

 

並行陣で速いボールに腰が引けてしまう人は、低い態勢のまま前に出よう

 

1.低い目線は、精神を安定させる

私はこう思うんですよね。

テニスの試合、目線が低いとすごく精神が安定する。

不安なときって、つい自分の態勢も高く、目線が上がりがち。

こうなると、テニスでは足元のボールが疎かになって、並行陣どころではありません。

低い目線をキープすることは、特に前に入ってネットプレーに移行していくときに必要になってくること、です。

並行陣のときには、ネットの白い部分、に自分の目線をもってくるくらい、低い態勢を意識してみましょう。

 

2.回転がかかった相手の沈むボールを、恐れないこと

並行陣の天敵、難しいところは足元に沈められること。

結構、強烈じゃないですか。

自分のサーブを、容赦なくリターンで足元に打たれる、ことに心が折れてはいけません。

しっかり目線を低くしていれば、大丈夫。

スプリットステップも、気持ち広めのスタンスで。

回転がかかって鋭く沈むボールも、しっかり対応出来るはずですよ。

その大前提として、アナタ自身が相手の攻撃を恐れない、厳しいボールはしぶとく返すか前に落とす、くらいの感覚で準備しておきましょう。

 

3.低い態勢のまま動くのって、難しい

でも、やってみると「走る」のが難しい。

低い態勢のまま走るのって、簡単じゃないですよね。

ですから、多少は前に走るときには目線が上がって良いと思います。

その代わり、相手が打つ瞬間にはしっかり低い態勢になっていること。

ここをチェックするだけで、並行陣の安定感は抜群に上がります。

低い態勢を、パッと作れるように準備しておく。

これだけで、ファーストボレーが安定するでしょう。

 

4.低い態勢でボレーが安定するのには、根拠がある

まず、低い態勢を作るだけで、「ボールの下側」を触りやすくなる。

そうなると、ネットミスが減りますよね。

山なりなボレーが増えて、自然にスライス回転もかかるようになる。

だから、ファーストボレーにピッタリ、なんですよね。

ネットから遠い位置でも、安定してミスが減る。

態勢が高い、目線が高いと、ボールを上から抑え込むようなボレーばかりになりますから。

そうなる前に、低い態勢を意識する。

試合の入りから、並行陣とセットで考えていきましょう。

 

強い並行陣ペア、試合で観察してみて下さい。

きっと、ビックリするくらい態勢が低いですよ。

足元のボールを、しぶとく返してミスを誘う。

対戦相手も、こういう目線が低い相手って本当にやり辛いはず。

ぜひ、そんな並行陣ペアを目指して、アナタ自身頑張ってみて下さい!

ピックアップ記事

  1. 【ご協力をお願いします!】テニス動画・プロ選手に関するアンケート
  2. リアクションボールを使って、イレギュラーバウンドへの対応力を磨こう!
  3. 「寒暖差が激しい時期」のテニスにお勧めなアームカバー
  4. 「HEADのボールって、実際どうなの?」の質問にお答えします
  5. 【女子ダブルス 土居コーチと交流大会】8/17(水) in綾瀬テニスガーデン

関連記事

  1. ダブルス

    ダブルスの試合で「相手の繋ぎのボール」を潰せば、勝機は見えてきます!

    テニスでは攻撃されて苦しいときに、一旦逃げるようにしてボールをコントロ…

  2. ダブルス

    発想力が乏しい人はダブルスの前衛で、「ナイスサーブが入る」のを待っている

    ダブルスの前衛、こんな考えの選手・・・の人、いませんか?「ドキ…

  3. テニス ポジショニング

    ダブルス

    ミックスダブルスの試合、男性は積極的に相手の女性に「スライスストローク」を使っていこう

    「正直、ミックスダブルスが苦手・・・」と、悩むのは男性の方でも多いはず…

  4. テニス スマッシュ

    ダブルス

    ダブルスで前衛にいるときに、パートナーの後衛から「前に行くね」と言われたら・・・?

    ダブルスの試合、パートナーとの打ち合わせで「前にいく」作戦を実行したい…

  5. テニス メンタル

    ダブルス

    ダブルスを強くなりたければ、必ず「上」に強くなる必要がある

    今回は、かなり厳しいお話を少し。どうも皆さん、ちょっと勘違いし…

  6. ダブルス

    ダブルスの前衛で粋な計らい、それは「ペアのサーバーが打ちやすいコース」を空けてあげることです

    ダブルスの試合、味方がサーブを打って、アナタが前衛のポジションに立って…

特集記事

  1. テニス テニスボール

    その他

    オリンピック開幕直前!今振り返りたいテニス競技の名勝負動画
  2. テニス スライス

    シングルス

    シングルスの試合の基本、「ドロップショットはドロップショット返し」が出来ないと試…
  3. テニス メンタル

    メンタル

    「ホントのテニスを楽しもう」試合で駆け引きを使えるようになってからが本当の勝負!…
  4. テニス メンタル

    サーブ

    テニスの試合では、「低いトスでのサーブ」を身に付けると、風が強い日でも安定する!…
  5. その他

    数試合だけ良いプレーをして、満足してしてない?
PAGE TOP