テニス ダブルス

ボレー

ダブルスのサーブ&ボレーで、「ファーストボレーが浮いてしまう」人がチェックしたい3つのポイント

ダブルスの試合は、サーブ&ボレーを使うケースが多い。

並行陣でプレーしていくテニス、をテニススクールでも中級からは練習していくと思います。

そのときに、しっかりファーストボレーを相手コート深くに、打っていきたい。

それも浮いたボールではなく・・・ですね。

 

ダブルスのサーブ&ボレーで、「ファーストボレーが浮いてしまう」人がチェックしたい3つのポイント

 


 

■浮いたファーストボレーは、相手前衛の餌食になる

レベルが上がってくると、並行陣相手にリターンを沈めるのが当たり前。

いかにローボレーやハーフボレーを、「浮かさないか」が大事になります。

浮いていなければ、相手前衛がポーチに出てきても、さほど怖くない。

浮かないように、しっかり深く打つには3つのポイントがあります。

 

1.打点を前に取り過ぎない

焦って速くラケットを出してしまうと、ボレーが浮いてしまう。

しっかり引き付けて、横向きの体制でボレー出来ると抑えが効いた良いボレーになります。

慌ててラケットを前に出してしまわないように、まずはしっかりボールを見る、自分の間にまで引き付けることが大事。

リターンに怯えず、しっかりどっしり構えましょう。

 

2.目線を低くする

目線が高いと、自然とラケットと顔の距離が遠くなる。

遠くなると合わせるだけのボレーになって、ボールは浮いたような返球になる。

目線が低ければ、それだけしっかりボールにスライス回転をかけることが出来るので、抑えが効く。

ボールの下を打ち過ぎているときには、打点と顔の距離を近づけましょう。

 

3.しっかり相手が打つときに、止まること

スプリットステップは、しっかりタイミングが合ってますか?

相手がリターンする瞬間には、しっかりどちらに飛んできても反応出来るように準備する。

意外と、リターンしている瞬間にまだ前に走っている選手が多い。

また相手のレベルが上がればリターンも前に踏み込んでくる。

そんな相手には、意識してタイミングを速くステップを踏むことも大事です。

 

■スライス回転をかけるけど、ボールの下側を打ち過ぎない

そもそも、リターンにもかなり力がある。

ボール自体に力があるので、その向きを変えてあげるくらいの意識で、ファーストボレーはOK。

だからこそ、下側を打ち過ぎるとボールは浮いてしまいます。

ボレーですので、上から入ってしっかりボールの後ろを打つことが大事。

あくまでラケット面は上向き、ですがボールの下を打ち過ぎないようにしましょう。

 

しっかり意識すれば、ファーストボレーは変わります。

リターンを沈められたらお決まりのように浮いてしまう、ような選手は前衛の餌食になる。

サーブ&ボレー、で並行陣を武器にしたいなら「抑えが効いた」ファーストボレーは必須。

今一度、自分のファーストボレーの軌道に神経質になってみましょう。

並行陣、しっかり武器にしていきたいですね。

ピックアップ記事

  1. バランスクッションを使って、テニス選手に必要なバランス感覚を養おう
  2. 塗り直し不要で、男性にもお勧めの日焼け止め 「ビオレUV アクアリッチ」
  3. テニス選手のフットワークを支える、足首サポーター「ASO」
  4. いつからヨネックスのシューズは、こんなにカッコ良くなったんだろう
  5. アディダス テニスシューズ バリケード JAPAN がアシンメトリーで最高にカッ…

関連記事

  1. テニス ストローク

    ボレー

    「肘の曲げ伸ばし」を使えると、パンチ力とスピードが伝わる

    ボレーでパンチが欲しい人は、手首に頼りがち。「だって、ボレーは…

  2. ボレー

    テクニカルなアングルボレーも、狙いは常に身体の近くに

    試合の中で、相手がいない場所にアングルボレー!カッコイイですよ…

  3. テニス ダブルス

    ボレー

    自分のボレーがいつも浅くなる人は、「ボールの下側を触って」前に押し出していく基本を見直そう

    テニスでは、ボレーでも深さが重要。なぜならバウンドしたと同時に…

  4. テニス リターン

    ボレー

    打つ方向に踏み込んでいくボレーは、逆クロス方向だけ

    ボレーは、踏み込んでいく方向があります。みなさんは、こんなアド…

  5. ボレー

    ハイボレーカットの処理、返球が甘くなってない?

    ダブルスの試合で、レベルアップが出来る技術。アナタ自身、まさに…

  6. テニス ボレー

特集記事

  1. テニス サーブ

    メンタル

    「相手が諦めたな」と思った瞬間から、自分の何かが狂い始めるのがテニスの試合
  2. テニス ストローク

    ボレー

    テニスのネットプレーで必要な、「速いストロークのボールに対しては、上半身のひねり…
  3. テニス リターン

    ストローク

    ストロークの打点までは手首を固定して、フィニッシュでリラックスして解放しよう
  4. その他

    テニスの試合は、「総得点数」で劣っても勝てるという事実に目を向けよう
  5. テニス メンタル

    ダブルス

    「なぜ、そのプレーに変えたのか」の根拠があれば、プレー中での作戦変更は悪いことで…
PAGE TOP