ダブルス

ダブルスの試合、「ペアがコートの外へ追い出された」ときに必要な守備的なポジショニングとは?

ペアで連携した守備ができるようになると、ダブルスは強くなるし面白い。

攻撃では連携出来るようになったけど、なかなか守備は・・・という方も多いと思います。

今回は、自分のペアがコートの外に追い出されるくらい、角度の付いた厳しいショットで相手から攻撃されたときを想定してみましょう。

アナタはほぼ、ダブルスコート上に一人。

さて、どう守りましょうか・・・?

 

ダブルスの試合、「ペアがコートの外へ追い出された」ときに必要な守備的なポジショニングとは?

 


 

■ダブルスでの守備の大原則は、ペアとの距離を近く保つこと

センターを空けず、しっかりダブルスのペアでの距離は近くする。

これが守備における大前提です。

「えっ?コート全体をカバーするのに、2人で近く・・・?」と思った方も多いでしょう。

近いといっても、大体2~3メートルくらい。

それ以上空いてしまうと、圧倒的に2人の間、センターの場所が狙われ弱点になってしまいます。

ネットに2人でいるときでも、ベースラインに2人でいるときでも、この距離感を保つよう意識することが大事です。

 

■ポジショニングも大事だけど、もっと大事なのはパートナーの返球意識

アングルショットなどで、厳しい角度で攻撃されてパートナーがやっと触れるくらいの場所に!

アナタが最高のポジションで守備をする気満々でも、追い込まれたパートナーがどんな返球をするかは、大事。

ハッキリ言って、この返球が全てと言っても過言ではありません。

追い込まれているのに、一発逆転を狙って相手コートに速いボールを打っていては、相手からも速い返球が返ってきて終了。

もちろんそのショットで逆転できるときもあるかも知れませんが、そんなギャンブルが通じるのはその程度の相手まで。

試合に勝てるペアは、まず時間を作る為に高いロブを使ったり、相手の後衛にスライス回転で返球したりして時間を作ります。

そして相手が打つ瞬間には、ある程度態勢を立て直している状態を作れると、ベストです。

 

■どうしても厳しいときは、相手の安全策をふさぐ

それでも、どうしても厳しいような場面では、相手の安全策をふさぐようにしましょう。

「簡単には、決めさせない!」という意識が、大事。

下がるだけだと、逆に守備範囲が拡がるのもテニスの難しいところ。

思い切ってヤマを張るのは、一味違います。

そしてその予測が当たったら、まずしっかりした返球をして、パートナーの態勢が整うのを待ちましょう。

崩されたら、慌てずしっかり守備から立て直す。

しぶといプレーをアピールして、最後はミスを相手の誘いましょう。

 

レベルの高い試合では、どうしてもこういうシチュエーションは発生します。

片方のペアがコート外に追い出されても、まずは慌てないこと。

逆転しようとせず、一度態勢を整え直すように意識を切り替える。

この感覚だけで、かなり守備力があがるはず。

あとはペアで練習ですね。

自分が厳しき攻撃されて追い出された時・・・しっかりつなぐプレー、出来ますか?

ピックアップ記事

  1. テニスの試合で勝ちたい男子選手に、オススメのゲームウェア
  2. 準備しておいて絶対に損は無い、試合会場でのトイレ事情について
  3. 多動力こそ、これからの時代のテニス選手に必要だと思う
  4. 全日本テニス5回優勝!佐藤博康プロにボレーのコツを聞いてみた①
  5. 夏の男性の日焼け止めは、「ギャツビー パーフェクトUV スプレー」が便利

関連記事

  1. テニス ボレー

    ダブルス

    テニスのダブルスの試合では、「前衛が触った瞬間にペースアップする」ことを頭に入れておこう

    ダブルスの試合、シングルスとの大きな違いとして意識したいこと。…

  2. ダブルス

    ストレートロブを抜かれた後、抜いた後のダブルスの戦術について

    ダブルスの試合で、よくあるストレートロブを抜かれた後の展開。後…

  3. ダブルス

    ダブルスのストレートアタック、決めるのは前のポイントの終了直後がベスト

    ここぞ、という場面でのリターンでのストレートアタック。アナタ自…

  4. ダブルス

    テニス部としてダブルス強化を狙うなら、「ペア練ローテーション」を!

    テニスの団体戦、で今年は結果を出したい!と思っているチームの皆…

  5. テニス ミス

    ダブルス

    格上相手のダブルスペアに勝つなら、「リターンにポーチで飛び込む勇気」が絶対に欠かせない

    「格上のダブルスペアを倒したい」そう考えている人に、何度も書い…

特集記事

  1. テニス ロブ

    サーブ

    サーブを打つときの体重移動は、トスアップと合わせるとリズムを取りやすい
  2. テニス ラケット

    サーブ

    サーブ前にラケットでボールを打つ、ことがなぜ必要なのか?
  3. テニス ダブルス

    練習メニュー

    愚痴ばかり言ってくる部員がいるなら、一度対案を出させてみれば良い
  4. テニス メンタル

    シングルス

    同じポジションでずっと打っても、シングルスではポイントは取り辛い
  5. テニス 観察

    戦術

    全仏オープンを、「テニス選手らしい観点でチェック」したい5つのポイント
PAGE TOP