戦術

テニスの試合の中で、「自分のチャンスでは、相手を走らせる」ことに意識を集中させよう

攻撃の中から、しっかりポイントを取れる人。

そういう人の頭の中を少し覗いてみると、何が見えて来るのか。

私自身、試合で考えている基本の方針はこれ、です。

つい、エース狙いになってしまうところを、試合の入り方から気を付けてみる。

だけでかなり違うと思いますよ。

 

テニスの試合の中で、「自分のチャンスでは、相手を走らせる」ことに意識を集中させよう

 

1.エースは結果的にエース、が理想

狙ってエース、は難しい。

きっと、アナタ自身、こういう時は試合の流れが悪くなっているはず。

エースになるのは、結果的にエースになる。

相手を走らせようと思って打つ、結果的に相手が触らないで決まるようなコース、になる。

こういうスタンスだと、自分自身もすごく楽。

もっともっと、自分のショットを信用してあげて良いと思いますよ。

自分のショット、に不安になると人は無謀なショットに走りたくなりますから。

ここを制御しないと、試合では勝てないでしょう。

 

2.自分のショットを、もっと信用しよう

繰り返しになりますが、ここが揺らぐと全てが崩れていく。

アナタ自身のショットは、相手を走らせ、脅威になる力を持っている。

この自信を持って、試合では相手を丁寧に攻撃していく。

シングルスでもダブルスでも、この姿勢が大事になります。

試合になると、普段のショットが入らなくなって不安になるのが普通。

だからこそ、準備なんですよ。

自分の自信を戻す為に、何をやるのか。

どういう準備をして試合に入るのか。

具体策を持っていないと、試合の現場では厳しいですよ。

 

3.走らせる、で充分試合に勝てることに気付こう

相手を走らせる、これだけに集中する。

攻撃を続けていくことは、つまりは相手の走行距離を稼ぐこと、です。

これで試合に勝てる、と気付けるとすごく楽になりますよ。

相手からすると、すごく嫌なんですよ、凌いでいるだけって。

粘り強いシコラー選手でも、これは同じだと思いますよ。

走り続けるのが純粋に好きな選手、なんて少ないはず。

ましてや、私たち一般の試合なら尚更でしょう。

しっかり走り続けさせること、が大事。

自分のチャンスでは、これだけしっかり意識しておきましょう。

 

4.体力を奪ったポイント、は絶対に後半に活きる

これは、特にシングルスの試合では効いて来ます。

チャンスの場面で、相手を走らせる。

こういうポイントを作れると、やっぱり体力を奪えますから。

アナタ自身も、例え最後に失点しても、残るものがあると確信して試合を進められると、強いですよね。

失点に落ち込むだけ、なんてもったいない。

自分自身が、何を成し遂げたのかをしっかり各ポイントで確認しましょう。

もっともっと、考え方を変えて良いと私は思いますよ。

 

長いラリー、しかも自分のチャンスから展開したポイントを落とすとショックも大きい。

でも、奪った体力はスコアに現れないだけ。

きっと、相手からするとすごく嫌だと思うんですよね。

シングルスの試合、特に意識すると良いと思いますよ!

ピックアップ記事

  1. テニスの試合に勝てるようになる為に、読むべき名著10選
  2. ミズノ社製のアイスマットを使えば、夏場の厳しい試合も乗り越えられるはず
  3. あらゆる場面で活躍できる「万能タイプスポーツサプリメント」凌駕BCAA+
  4. テニス選手に必要なトレーニングは、「重り付き」縄跳びでしっかり身に付く
  5. 「プリンス キャスター付きボールカゴ」が、やっぱり一番使いやすい

関連記事

  1. テニス スマッシュ

    戦術

    スライスのストロークを覚えると、自然に身につく5つの技

    スライスのストローク、を身に付けていくと、具体的にどうなるのか。…

  2. テニス サーブ

    戦術

    全米オープンまでに学んでおきたい「ハードコートでのテニスの試合」の基本戦術5つ

    プロテニス界は夏から秋のハードコートシーズンへ。その一大イベン…

  3. テニス 不安

    戦術

    試合に勝てる選手になるのに必要な一つ前の段階、それは「負けにくい選手」になることです

    試合に出て悔しい想いをするたびに、「勝てる選手」になりたい、と誰もが思…

  4. テニス メンタル

    戦術

    何かを変える時期は、とことん結果を無視すること

    自分のテニスを、思い切って変えること。この重要性は何度も書いて…

  5. テニス ダブルス

    戦術

    「つなぎのボールの精度」を上げないと、そもそも強い相手には粘れない

    強い相手に、粘って試合を進める。何とか接戦に持ち込めば、試合の…

  6. テニス ボレー

    戦術

    試合の中で、「○○は捨ててOK」という共通認識を持てると、ダブルスペアは強くなっていく

    ダブルスペアとして、試合で結果を出していきたいなら、意識して欲しいポイ…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

特集記事

  1. テニス 格上相手
  1. テニス ストローク

    ストローク

    現代テニスの代表格、フォアハンドストロークのクロス方向への切り返しを練習しよう
  2. テニス サーブ

    Q&A

    Q&A「サーブに必要なトスアップの練習、何をやれば良いの・・・?」
  3. テニス アクセス

    その他

    2017年2月 アクセスが多かった記事ランキング TOP10
  4. テニス 客観視

    日々の雑記

    日本のスポーツ中継を観ていて、気持ち悪いと感じるのは私だけでしょうか?
  5. テニス ダブルス

    ボレー

    試合で使えるネットプレーは、「ボレーの準備、ラケットセット自分の視界からラケット…
PAGE TOP