戦術

テニスの試合の中で、「自分のチャンスでは、相手を走らせる」ことに意識を集中させよう

攻撃の中から、しっかりポイントを取れる人。

そういう人の頭の中を少し覗いてみると、何が見えて来るのか。

私自身、試合で考えている基本の方針はこれ、です。

つい、エース狙いになってしまうところを、試合の入り方から気を付けてみる。

だけでかなり違うと思いますよ。

 

テニスの試合の中で、「自分のチャンスでは、相手を走らせる」ことに意識を集中させよう

 

1.エースは結果的にエース、が理想

狙ってエース、は難しい。

きっと、アナタ自身、こういう時は試合の流れが悪くなっているはず。

エースになるのは、結果的にエースになる。

相手を走らせようと思って打つ、結果的に相手が触らないで決まるようなコース、になる。

こういうスタンスだと、自分自身もすごく楽。

もっともっと、自分のショットを信用してあげて良いと思いますよ。

自分のショット、に不安になると人は無謀なショットに走りたくなりますから。

ここを制御しないと、試合では勝てないでしょう。

 

2.自分のショットを、もっと信用しよう

繰り返しになりますが、ここが揺らぐと全てが崩れていく。

アナタ自身のショットは、相手を走らせ、脅威になる力を持っている。

この自信を持って、試合では相手を丁寧に攻撃していく。

シングルスでもダブルスでも、この姿勢が大事になります。

試合になると、普段のショットが入らなくなって不安になるのが普通。

だからこそ、準備なんですよ。

自分の自信を戻す為に、何をやるのか。

どういう準備をして試合に入るのか。

具体策を持っていないと、試合の現場では厳しいですよ。

 

3.走らせる、で充分試合に勝てることに気付こう

相手を走らせる、これだけに集中する。

攻撃を続けていくことは、つまりは相手の走行距離を稼ぐこと、です。

これで試合に勝てる、と気付けるとすごく楽になりますよ。

相手からすると、すごく嫌なんですよ、凌いでいるだけって。

粘り強いシコラー選手でも、これは同じだと思いますよ。

走り続けるのが純粋に好きな選手、なんて少ないはず。

ましてや、私たち一般の試合なら尚更でしょう。

しっかり走り続けさせること、が大事。

自分のチャンスでは、これだけしっかり意識しておきましょう。

 

4.体力を奪ったポイント、は絶対に後半に活きる

これは、特にシングルスの試合では効いて来ます。

チャンスの場面で、相手を走らせる。

こういうポイントを作れると、やっぱり体力を奪えますから。

アナタ自身も、例え最後に失点しても、残るものがあると確信して試合を進められると、強いですよね。

失点に落ち込むだけ、なんてもったいない。

自分自身が、何を成し遂げたのかをしっかり各ポイントで確認しましょう。

もっともっと、考え方を変えて良いと私は思いますよ。

 

長いラリー、しかも自分のチャンスから展開したポイントを落とすとショックも大きい。

でも、奪った体力はスコアに現れないだけ。

きっと、相手からするとすごく嫌だと思うんですよね。

シングルスの試合、特に意識すると良いと思いますよ!

ピックアップ記事

  1. いつからヨネックスのシューズは、こんなにカッコ良くなったんだろう
  2. テニスの試合に持参するジャグボトルは、「サーモス スポーツジャグ 1.9L」くら…
  3. 寒くなる季節の変わり目に、テニスの試合で折り畳み式ブランケットは欠かせない
  4. 雨が多い時期の試合は、防水スプレーは必須アイテム
  5. テニスのルールの基本を学びたい人にお勧めの書籍「テニスのルール 審判の基本」

関連記事

  1. 戦術

    相手のレベルに関係なく、攻めて勝とう

    テニスにおける戦術の基本、もう一度確認しておきましょう。ミスは…

  2. テニス ストローク

    戦術

    テニスの試合で、主導権を握る方法5つ

    試合の主導権を握っていきたい。これは、誰しもが試合前から考える…

  3. テニス 不安

    戦術

    結果オーライ、だから勝てないんです

    「色々考えてやるけど、上手くいけばそれで良いじゃないですか」と…

  4. テニス ストローク

    戦術

    テニスの試合では、「ボールの滞空時間を作り、奪い合うこと」が勝利への鍵になる

    テニスのラリーの中で、意識して欲しいのは時間の奪い合い。ここに…

  5. テニス 上達

    戦術

    練習でやってきたことが出せる、のがテニスにおける成長

    「練習通りに、なんで出来ないんだろう」と、悩む方は多いですよね…

  6. テニス サーブ

    戦術

    浅くなったら前に出る、そんなテニスでは試合に勝てない

    これもアンケートからのご質問、への回答となります。「浅くなった…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

特集記事

  1. フットワーク

    あのスプリットステップ、にも弱点はある
  2. テニス 陸上

    戦術

    楽して勝つのが許せない、という人は生涯トーナメントを勝ち抜けない
  3. テニス ストローク

    ストローク

    トップスピンのストロークが苦手な人は、打ち終わりの肘の位置が低い人が多い
  4. テニス ストローク

    ボレー

    シングルの試合で、「ダウンザライン方向への展開から、ネットに出る」と、カバー範囲…
  5. リターン

    「リターン嫌い脱出大作戦」テニスの試合は意識を変えることでリターン上手になれる!…
PAGE TOP