テニス ダブルス

ボレー

ボレーはエースを狙うのでは無く、「相手を走らせるショット」だと考えるとミスが激減するはず

ウィンブルドンの試合を観ていると、改めてシングルスのネットプレーの重要性に気付きます。

決してエースだけ、が必要な訳では無い。

結果的にエースになることはあっても、まずは空いたコースに打ってしっかり走らせることが大事。

特にボレーを打つポジション、に応用性を効かせられなければ試合で使えません。

 

ボレーはエースを狙うのでは無く、「相手を走らせるショット」だと考えるとミスが激減するはず

 


 

■シングルスの試合で必要なボレーは、相手を走らせるボレー!

ダブルスと違い、シングルスは守備範囲が広い。

だからこそ相手から時間を奪って、準備出来る前に攻撃していきたいですよね。

であれば、相手の態勢が崩れたら前、で少しでも早くボールに触りたい。

そう考えると、おそらくサービスライン付近でのボレーが求められるはず。

相手はアナタが後ろにいると思って打つ、かも知れませんのでハイボレーの機会も増えるでしょう。

そのときは、まず「相手を走らせる」ことにだけ、集中しましょう!

 

■スライスをかけて、球足の長いボレーをゆっくりコーナーに

勢いのあるボレー、は必要ありません。

相手を走らせる、追い付かれてOK、くらいの意識で安定感を重視しましょう。

なぜなら相手は、アナタがネットに出て来た時点で十分にプレッシャーを感じている。

ミスなくしっかり走らせることが出来れば、そこから来るのは無理なパッシングかロブ、でしょう。

走らされながら、相手も前に来る・・・て、経験すれば分かりますが実に嫌なものなのです。

 

■走ったときにどんなプレーをするか、を早めに見極めよう!

相手を走らせる、そのときにどんなプレーが出来るか、を観察しておく。

これを試合の序盤に出来ると、その後がすごく楽になります。

走ったときに崩れるようならそのまま走らせる作戦、しっかり打ってくるようなら、次は前を使ってみる。

横の動きに強くても、前の動きが良いとは限らない。

序盤にしっかり観察しておくことで、終盤に想定外の失点を防ぐことが出来るでしょう。

 

相手を意図的に走らせる、相手を動かすテニス。

これが実際に、試合に勝てるテニスです。

自分ばっかり走らされている・・・人は、意図的にシングルスでもネットプレーを入れて、流れをもってきましょう。

時間は奪うのか、奪われるのか。

その駆け引きが、試合の結果を左右するのがシングルス。

ぜひ、走らせるボレー、磨いてみて下さい!

ピックアップ記事

  1. テニス選手として必要な、「オーラルケア」と栄養素について
  2. 真夏のテニスの試合に必要な、熱中症対策のマストアイテム5つ
  3. ヨネックスの新作ラケット、Vコアのハイスピンテクノロジーによる超高弾道は本物だっ…
  4. Zatous(ザータス)の大容量バッグインバッグは、ラケットバッグと相性ピッタリ…
  5. 急な怪我でも安心!準備しておきたい応急処置グッズ5つ

関連記事

  1. テニス ボレー

    ボレー

    ローボレーが苦手で浅くなる人は、「もう一度踏み込む足」を意識して下半身から打とう!

    苦手意識があると、テニスではそれが下半身に出る。ローボレー、低…

  2. テニス サイト

    ボレー

    先入観を無くせば、バックハンドボレーの攻撃力は絶対にまだまだアップ出来る!

    バックハンドボレーが、どうしてもつなぐだけになってしまう。試合…

  3. テニス リターン

    ボレー

    ダブルスで「アングルボレーが打てる」ようになると、セオリーとは違う戦術でポイントが獲れる!

    「まずい、打たれる!」と思って態勢を低くし、捕球できる準備をしても「自…

  4. ボレー

    ネットに詰めた時こそ、正面向きでは何も出来ない

    ボレーでの決定力を上げていきたい、と考えているみなさん。ネット…

  5. テニス ボレー

    ボレー

    ハイボレーは外から、ローボレーは内側からラケットを入れていこう

    ボレーのラケットワークの基本、私はコレが大事だと思っています。…

  6. テニス ボレー

    ボレー

    テニスのネットプレーで「アウトボールを触ってしまう・・・」人が、注意すべき5つのポイントとは?

    「また触ってしまった・・・」試合中に、アウトボールをボレーしよ…

特集記事

  1. テニス

    スマッシュ

    「スマッシュ上達したキッカケ」は、スポーツ全般に当てはまる上達のコツ
  2. テニス 書籍

    テニス知識

    テニスのコーチ、指導者の方にオススメしたい、「ボトムアップ理論」の名著
  3. テニス ストローク

    ストローク

    テニスのラリー戦では、「つなぎのボール」こそビビらないでラケットを振り切る意識が…
  4. テニス サーブ

    ダブルス

    「上辺だけの仲良しペアのダブルス」が試合に勝てない、その理由について考えてみる
  5. テニス ボレー

    ボレー

    ダブルスでの「ポーチボレーの落とし穴」にはまって試合に勝てない人とは?
PAGE TOP