テニス ストローク

戦術

テニスでの良い攻撃とは、球速よりもいかに相手を「16種類のショットで走らせているか?」が大事なはず

私自身、試合で意識していること。

それは、自分が打っているボールの質、よりもこれをしっかり観察するということ。

自分の打っているナイスボール、相手はどの程度動いているのか?

私の中で、これが上手くいっているときは大体試合も勝てる。

それは、速く低いショットを打てている時、とは限らないんです。

 

テニスでの良い攻撃とは、球速よりもいかに相手を「16種類のショットで走らせているか?」が大事なはず

 


 

1.相手をどれくらい動かしているか、確認出来てる?

きっとみなさん、無意識のうちに少しだけ意識はしていると思うんですけど・・・。

以前も書いた通り、テニスって「3歩以上動く」と、一気にストロークでもボレーでも精度が落ちる。

つまり、なるべく3歩以上動くようなショット、を打ち続けることが大事なんです。

横だけじゃなく、縦への変化、揺さぶりも大事ですよね。

速くて低いショットを打てたとしても、それが相手にとってその場で返球出来るショットなら、何も攻撃にならない。

むしろ、反撃の糸口を与えてしまうくらいの危機感、が必要でしょうね。

 

2.相手を動かすために、必要なショットって何でしょう?

試合の中で、相手を動かす。

その為に、必要なショットって何でしょう?

私は、フォアハンドでもバックハンドでも、ボレーでもストロークでも、コートの4隅に打てる技術、は必要だと思っています。

前後の4つの角、にしっかり打てる。

もちろん、実際の試合ではそこまで際どい場所は狙いませんが、練習の中で、この4つの角に打てるかどうか。

自分は、どのショットは得意で、どれが苦手なのか。

ハッキリさせておくと良いと思いますよ。

 

3.ショットの種類は、4×2×2

具体的には、16種類のショットを磨く、ということです。

つまりは、4つの隅×フォアハンド or バックハンド×ストローク or ボレー =16種類。

この16種類のショット、を磨くことで、しっかりと相手を動かすことが出来る。

16種類あれば、必ずみなさんの中にも苦手なモノ、が出て来るはず。

私なら、フォアハンドのストローク、を左前に打つのは苦手です。

でも、右前なら得意。

だからドロップショットも嫌いじゃないんですけど、これは見る相手によってはバレてしまう可能性も高い。

みなさんも、まずはこの16種類のパターン、見直してみませんか?

 



 

4.最低限打てる、レベルを上げよう

意識して欲しいのは、「一番苦手なショットでも、このレベル」というレベルを底上げしていくこと。

私なら、先ほど書いたような「フォアハンドのストローク、を左前に打つ」ショットですね。

これをしっかり底上げしつつ、得意なショットは伸ばしていく。

苦手なショットを練習するだけが練習では無いですが、苦手を分析して知る、そこからどう向き合うかを考えるのは良い練習です。

バーッと、16種類のショットを自分なりにレベル分けして、書き出してみると良いと思いますよ。

自分の特徴、見えてくるはずです。

 

相手を動かすには、まず自分を知るところから。

いつ、どんな場所からも4つの隅に打てるようなテニス、理想じゃないですか。

実際には、そこまで使わないショットでも・・・大事な1ポイント、で試合の現場で必要になるかも知れない。

自分を知る、といことは、可視化するということです。

小さい紙でもテニスノートでも、ぜひ書き出してみて下さいね。

ピックアップ記事

  1. 冬のテニスのマストアイテム、手袋選びは勝利への近道
  2. TOALSON(トアルソン) スイートエリアラケット、これは使える
  3. 急激に乾燥する季節に、喉とオーラルケアは欠かせない
  4. テニスに必要な筋力トレーニング、リストウェイトが効果的です
  5. 寒くなる季節の変わり目に、テニスの試合で折り畳み式ブランケットは欠かせない

関連記事

  1. 戦術

    イレギュラーバウンドの多いコートで、必要な5つの意識

    テニスの試合、張り切って会場に到着してみると…。ボロボロのハ…

  2. 戦術

    テニスの大会で、「勝って当たり前と思われる試合」に勝ち切るために必要な要素4つ

    アナタ自身、成長してくれば当然、大会でもシードがつく。挑戦する…

  3. テニス サーブ

    戦術

    サービスキープに、プライドを

    いつの間にか、自分の中で失っているもの。私は何度も、「リターン…

  4. 戦術

    気持ちが入ったボールって、何かが起きる

    試合の中で、ついアウトボールを触ってしまう。大したボールじゃな…

  5. テニス メンタル

    戦術

    知っておいて損は無い、「全員から負けにくくなるテニス」はある

    年末年始に、たくさんご質問を頂きました。「どうしても勝ちたい相…

  6. テニス 緊張

    戦術

    負け試合を拾うと、経験値は倍得られるのがテニス

    「あの人、このトーナメント強いな・・・」「何だか、急に強くなっ…

特集記事

  1. ダブルス

    ダブルスの試合では、「低いリターンを打っている」限りは、相手ポーチを怖がる必要は…
  2. ダブルス

    ダブルスの前衛で「ポーチをしっかり決めきる!」為の、大前提となる4つの基本意識
  3. テニス メンタル

    メンタル

    「エースだと思ったら、相手に拾われる・・・」この心理は、テニスの試合で勝ち切れな…
  4. テニス ダブルス

    スマッシュ

    スマッシュを打つ時には、「クロスに深く」が基本で良い
  5. テニス グッズ

    メンタル

    相手がボールを打った瞬間、「やっぱりね」と思えるように
PAGE TOP