テニス フットワーク

シングルス

相手を3歩以上走らせたときには、「ポジションを1メートル前」に上げておくこと

シングルスの試合、攻撃していくときにミスしてしまう人。

それって、もしかしてちょっとした工夫で変えていけるかも知れない。

攻撃に入るときの、一歩前。

そう、少し前から攻撃のギアを入れることで、アナタのテニスはもっと強く、そして確実なものになるはずです。

キーワードは、1メートル、です。

 

相手を3歩以上走らせたときには、「ポジションを1メートル前」に上げておくこと

 


 

1.ストロークで相手を振り回せるとき、ポジションはどうなってる?

テニスの試合、シングルスなら、相手を攻撃しているときは・・・どんな感じですか?

きっと、相手は左右に走って、アナタはあまり動いていない。

そんな状態のときに、テニスって攻守がハッキリしていることが多いですよね。

でも・・・攻撃している側がずっと後ろのポジションにいると、それって実は危険。

攻撃している中で、相手に粘られて「強引なショット」になると、ミスにつながりやすい。

そう、攻撃している中でどこかで「ミスなく確実に、攻め切る」ことを意識しないとダメなんです。

 

2.ネットに出る一つ前のアクション、として1メートル前に入ろう

私がシングルスの試合で意識しているのは、1メートル前のポジション。

少しだけ、ベースラインより内側。

相手を3歩以上動かしているとき、にはこのポジションに立って次のショットをより前、で打ちたい。

相手から時間を奪えるし、打点も高くライジングショットも打ちやすい。

その為には、しっかり相手を観察していないとダメ。

自分が打ったボールで、何歩くらい動いているのか、余裕はあるのか。

よく見ていれば、きっと厳しいボールが来ない、ことが分かるはずなんです。

 

3.自分のポジションは、「攻撃している中」でこそ調整出来る!

攻撃しているようで、最後詰めが甘い人。

そんな人は、ポジショニングの意識が低い。

同じ場所にいては、テニスって攻撃力があまり変わらない。

相手を追い詰めているなら、ポジションを徐々に前、にしてプレッシャーをかけるのが効果的な方法。

だって、そんなに深い厳しいボールは来ないし、むしろ当たり損ないの浅いボールが来る方が怖い・・・こと、多くないですか?

シングルスの試合なら、コートにはアナタ一人。

より効果的なポジションについて、もっともっと、深く考えて変えていく必要があるでしょう。

 

デビスカップの試合を観ていて、フランスの選手はこのあたりが本当に上手い。

ライジングショットでダウンザラインのエース、が量産出来るのはその前のポジションが良いから。

技術って、ラケット操作だけじゃない。

ポジショニングの妙、についてもっと考えると、きっとアナタのテニスは変わります!

ピックアップ記事

  1. 全日本テニス5回優勝!佐藤博康プロにボレーのコツを聞いてみた①
  2. 塗り直し不要で、男性にもお勧めの日焼け止め 「ビオレUV アクアリッチ」
  3. テニスの試合で「足裏の皮膚が荒れてしまう方」にオススメな、皮膚保護専用クリーム「…
  4. 素振りでパワーアップを図るなら、「バナナウェイト」を使ってみよう
  5. 「テニスラケット専用ウェイトボール」を使えば、素振りでのパワーアップも可能に!

関連記事

  1. テニス ストローク

    シングルス

    バックハンドは「クロスに振り切る!」と決めておくだけで、シングルスの試合は楽に戦える

    シングルスの試合で、やはり鬼門となるのはバックハンド。当然、相…

  2. テニス 確率

    シングルス

    テニスのシングルスの試合で有効な「ドライブボレー」の使い方4つ

    最近の女子シングルスの試合は、グランドスロークが主体。それでも…

  3. シングルス

    シングルスの試合で、使えるネットプレーの考え方7つ

    シングルスの試合、みなさんも出たり観たり、たくさんして来たと思います…

  4. テニス ボレー

    シングルス

    シングルスの試合で、「リズム良くサーブを打ってくる、調子が良さそうな相手」には、深いリターンで正面を…

    昔のアガシ選手がそうでしたが、サーブをリズム良くポンポン打ってくる相手…

  5. テニス メンタル

    シングルス

    「ポワーンとした、つなぐリターン」を許しているから、勝てない

    シングルスの試合、勝てないしどう戦って良いのか分からない・・・という方…

  6. シングルス

    錦織選手が得意とする、フォアハンドのドロップショットからの展開を身に付けよう

    錦織選手が得意とする、シングルスの試合での基本戦術。フォアハン…

特集記事

  1. ストローク

    高い打点のストロークをパワーアップしたければ、「しっかり肘を高い位置にテイクバッ…
  2. テニス サーブ

    サーブ

    相手リターンのポジションに、自分のサーブを惑わされてはいけない
  3. 日々の雑記

    自分を知ってもらおうと、必死だった時代
  4. テニス ダブルス

    シングルス

    シングルスの試合では、「序盤に離されないで、安定したサービスキープ」をする為の準…
  5. テニス フェデラー

    ストローク

    「今年流行のSABRにトライしたけど、やっぱり上手くいかない・・・」人は、ハーフ…
PAGE TOP