テニス スマッシュ

ダブルス

ダブルスの前衛、「常に自分の1メートル前」には宝の山がある

ダブルスの試合、前衛にいるときに何を考えて待つか。

私はいつも、このことだけを考えている。

速いボール、相手にぶつけるボレー、よりもきっと高確率で得点につながるプレー。

そう、常に意識していないと急にボールが飛んできたときに、正しい選択が出来なくなるのです。

 

ダブルスの前衛、「常に自分の1メートル前」には宝の山がある

 


 

■深いボレーを打とうとしてアウト、が多すぎる

皆さんも経験、無いですか?

ダブルスの試合を観ていて、残念なシーンとして多くないですか?

前衛にいるときに、深くボレーを打つというのは悪い選択では無いのですが、アウトしてしまうのも怖いし相手がストロークが得意かも知れない。

であれば、相手後衛選手の前に落とす、という発想を常に持っておきたい。

相手が打ってから考えるのでは、遅すぎなんです。

ドロップボレー、自分の目の前の宝の山を活かすには、相手が打つ前の準備が必要です。

 

■ドロップボレーは、事前のイメージと覚悟が全て

ドロップボレーが上手い人は、もう打つ前から決めている。

試合前から、ドロップボレーを使おうという覚悟が出来ている。

相手に応じて・・・というのはありますが、基本的に自分のプレースタイルとして決めて試合に入っている方が楽だしハッキリ出来る。

「それは上手い人の考え方でしょ・・・」と思っている方、違いますって。

本当に上手い人は、それこそ瞬間的にドロップボレーに切り替えたり、深く打ったりが出来るんだと思います。

でも、私もそうですがそんな器用なことは出来ないし、やろうとしても失敗する。

だから事前に決めて実行、なんです。

 

■「宝の山」を使わないダブルスペアは、もったいない・・・

ドロップ系のショットを使えないダブルスは、もったいない。

だって、前のスペースが空いているのに・・・。

高い技術が必要?

深く打つ方が、よっぽど難しいようなシチュエーション、の方が多いですよ。

よく考えてみれば、自分の近い場所を狙う方が、テニスって楽だし簡単。

もっと楽観的に、ドロップボレーは考えてみて良いと私は思います。

 

「チョン」とボールの勢いを殺すようなドロップボレー。

これは、まず練習で楽しむことから全てが始まります。

ネットしてOK、届かなくてOK、大事なのは、前を狙って落としていく意識です。

少しでも感覚を掴んだら、どんどん試合で使っていきましょう!

ピックアップ記事

  1. 飲んだらコンパクトに!パックアップボトルを持って試合に出かけよう
  2. 【ご報告】YOUTUBEチャンネル、公開しました!
  3. テニスのコーチ、指導者の方にオススメしたい、「ボトムアップ理論」の名著
  4. 夜のランニングのマストアイテム、蛍光色グッズで安全にトレーニングを
  5. ヨネックスの新作ラケット、Vコアのハイスピンテクノロジーによる超高弾道は本物だっ…

関連記事

  1. ダブルス

    ダブルスの試合で、前衛がドロップボレーから攻める方法

    今回は、シンプルな作戦を確認しましょう。相手のバックハンドにサ…

  2. テニス ダブルス

    ダブルス

    ダブルスの試合で「相手サーバーがダブルフォルトが多い」ときには、ストレートの前衛を狙ってみる

    ダブルスの試合で、どうも相手のサーブの調子が悪そう。ここは一気…

  3. ダブルス

    相手の前衛にぶつけても、ポーチは決まらない

    ダブルスの試合、コートにいる人数は多い?少ない?当然シングルス…

  4. ダブルス

    「どうやって打つか・・・よりも、どこで打つか」ダブルスの試合では、ポジショニングが最重要!

    ダブルスのポーチは重要だ!ポーチをしっかり決めると、相手はボレ…

  5. テニス ロブ

    ダブルス

    ダブルスに試合で「ポーチに出る良いタイミング」は、相手の打点が低いときに限る

    ダブルスの試合で、流れを大きく動かすのはやはりポーチ。前衛の動…

  6. ダブルス

    男女問わず、ペアから信頼される人の特徴5つ

    ダブルスのペアとして、信頼されるということ。これは、試合に勝…

特集記事

  1. テニス知識

    テニスの試合に、不文律はあるのか?
  2. テニス メンタル

    戦術

    対戦相手のストロングポイントを消す、簡単な方法
  3. テニス スマッシュ

    戦術

    ストロークとボレー、どっちで対抗していく?という話
  4. 練習メニュー

    「今日やった練習だけを記録するテニスノート」では物足りないから、自分の感触や考え…
  5. テニス メンタル

    メンタル

    テニスの試合に出るとき、「自分にかかるプレッシャーの種類」を把握しておくと大舞台…
PAGE TOP