テニス スマッシュ

ダブルス

ダブルスの前衛、「常に自分の1メートル前」には宝の山がある

ダブルスの試合、前衛にいるときに何を考えて待つか。

私はいつも、このことだけを考えている。

速いボール、相手にぶつけるボレー、よりもきっと高確率で得点につながるプレー。

そう、常に意識していないと急にボールが飛んできたときに、正しい選択が出来なくなるのです。

 

ダブルスの前衛、「常に自分の1メートル前」には宝の山がある

 


 

■深いボレーを打とうとしてアウト、が多すぎる

皆さんも経験、無いですか?

ダブルスの試合を観ていて、残念なシーンとして多くないですか?

前衛にいるときに、深くボレーを打つというのは悪い選択では無いのですが、アウトしてしまうのも怖いし相手がストロークが得意かも知れない。

であれば、相手後衛選手の前に落とす、という発想を常に持っておきたい。

相手が打ってから考えるのでは、遅すぎなんです。

ドロップボレー、自分の目の前の宝の山を活かすには、相手が打つ前の準備が必要です。

 

■ドロップボレーは、事前のイメージと覚悟が全て

ドロップボレーが上手い人は、もう打つ前から決めている。

試合前から、ドロップボレーを使おうという覚悟が出来ている。

相手に応じて・・・というのはありますが、基本的に自分のプレースタイルとして決めて試合に入っている方が楽だしハッキリ出来る。

「それは上手い人の考え方でしょ・・・」と思っている方、違いますって。

本当に上手い人は、それこそ瞬間的にドロップボレーに切り替えたり、深く打ったりが出来るんだと思います。

でも、私もそうですがそんな器用なことは出来ないし、やろうとしても失敗する。

だから事前に決めて実行、なんです。

 

■「宝の山」を使わないダブルスペアは、もったいない・・・

ドロップ系のショットを使えないダブルスは、もったいない。

だって、前のスペースが空いているのに・・・。

高い技術が必要?

深く打つ方が、よっぽど難しいようなシチュエーション、の方が多いですよ。

よく考えてみれば、自分の近い場所を狙う方が、テニスって楽だし簡単。

もっと楽観的に、ドロップボレーは考えてみて良いと私は思います。

 

「チョン」とボールの勢いを殺すようなドロップボレー。

これは、まず練習で楽しむことから全てが始まります。

ネットしてOK、届かなくてOK、大事なのは、前を狙って落としていく意識です。

少しでも感覚を掴んだら、どんどん試合で使っていきましょう!

ピックアップ記事

  1. 【満員御礼】佐藤・土居ペアに挑戦&プチレッスン企画 開催します
  2. 体幹の筋力アップに、意外とリーズナブルな「シットアップベンチ」を1台どうですか?…
  3. 何度でも消して使える、ウェアラブルメモはテニスでも使えそう
  4. テニスフリークなら必携のタオルは、「作戦ボードタオル」で決まり!
  5. テニスで肩が上がらない・・・と、苦労する人は「ピイラティス・ポール」がオススメで…

関連記事

  1. テニス ダブルス

    ダブルス

    2回連続動いて、初めて相手は意識する

    テニスの試合で、相手に自分を印象付けること。これは、ただ動けば…

  2. テニス ダブルス

    ダブルス

    ダブルスの試合で、「しまった・・・出れた・・・」と思った相手前衛の顔を見逃すな!

    ダブルスの試合、強い選手はストレートアタックが上手い。相手がポ…

  3. テニス スマッシュ

    ダブルス

    ダブルスで前衛にいるときに、パートナーの後衛から「前に行くね」と言われたら・・・?

    ダブルスの試合、パートナーとの打ち合わせで「前にいく」作戦を実行したい…

  4. テニス ボレー

    ダブルス

    ミックスダブルスの試合、まず「男性が動く」から入っていこう

    ミックスダブルスの試合、序盤で考えるべきことは?私は、まず「男…

  5. テニス スマッシュ

    ダブルス

    ポーチが上手い選手が意識している、5つのコツ

    ダブルスの試合で、ポーチに出て決める。カッコ良いですよね、ダブ…

  6. テニス ダブルス

    ダブルス

    ダブルスの試合で必要な、「ペアでのメンタルの切り替え方」はトレーニングで養えます!

    ダブルスの試合、勝っているときは全く問題無いけど・・・。試合の…

特集記事

  1. テニス 客観視

    メンタル

    テニスの試合前、「トイレに行って鏡を見て」自分の時間を作ることをオススメします
  2. テニス フットワーク

    テニス知識

    テニスのフットワークを支える足元の秘密は、スーパーフィートのインソール
  3. 戦術

    テニスの試合で勝つには、「数的センス」が必要
  4. テニス ストローク

    戦術

    本気で戦法をやってみれば、その弱点は見えてくる
  5. ボレー

    バックバンドボレーの基本を見直すなら、「基本の構えと触るボールの箇所」を徹底しよ…
PAGE TOP