テニス スライス

ストローク

「攻撃的なスライスと守備的なスライス」を使い分けたストローク術とは?

スライスの使い手、まだ学生の皆さんの中には少ないかも知れない。

ですが高校から大学、社会人とステップしていくにつれて、確実に増えていくのがスライス主体のプレースタイル。

どうしても地味で、守備的なイメージ・・・ありませんか?

そんな選手の方ほど、実は攻撃にも使えるということを覚えておいて欲しいのです。

 

「攻撃的なスライスと守備的なスライス」を使い分けたストローク術とは?

 


 

■攻撃的なスライス、守備的なスライスとは?

皆さんの周りにスライスでストロークを打てる人、どの程度いるでしょうか?

何となく、バックハンドの厳しいときだけ・・・みたいな方も多いと思いますし、それでも充分有効。

走らされたとき、やっと追い付いたときにスライスで凌げると便利。

ですが、攻撃的なスライスとなると、なかなかイメージが湧き辛い。

しっかりチャンス、のときにはやっぱりスピン系でハードヒットしたいですもんね。

でもここで、あえて「重い」スライスを使ってみると、プレーの幅は非常に拡がります。

 

■重いスライスとは、「回転量が少ない」スライスショット

フラット気味、のスライスのストロークを受けたことはありますか?

非常に返球し辛いし、ボールスピードもある。

回転量が少ないので、失速しないけどバウンド後に滑ってくる感じはまさにスライス。

しっかり前足に体重を乗せて、上から抑え込むようなスライスが打てると、絶対に試合で効果的です。

特に相手が後ろで粘ったりするような相手だと、一本調子のストロークではまず崩すのは難しい。

コツは、しっかり横向きから相手に背中を向ける、くらい上半身をひねること。

そして、身体が前を向かないように、しっかり横向きで打ち終わるくらいの意識でOK。

フラットに近いかも・・・くらいの感覚で、一度チャレンジしてみて下さい。

 

■スライスで攻撃出来ると、ダブルスでも効果的!

攻撃的なスライスが打てるようになると、ダブルスの後衛のときにも使える。

相手は高い打点で打てなくなるので、前衛がポーチに動きやすくなります。

それに、スライスショットって、実は「ドロップショットを打つ構え」にも見える。

相手は、「前かも・・・」と一瞬迷ってくれるから、その後の深いボールがより効果的に効いてくれるんですよね。

錦織選手も実はこの渋い手を得意にしていて、フォアハンドのドロップショット、と見せて重いスライスの深いストローク、を試合で使っています。

普通に深くスライスを打つだけで相手が動揺してくれる、なんて便利なショットなんでしょう。

 

普段のラリー練習、からスライスを使っていく。

まずはこれでしょう。

いきなり100点のショットが打てる訳が無い、ので根気強く。

グリップや打点、足の運び方など、自分で工夫していくことが大事です。

ぜひ、今年のテーマの一つとして攻撃的なスライス、入れていきましょう!

ピックアップ記事

  1. テニスに必要な筋力トレーニング、リストウェイトが効果的です
  2. 雨が多い時期の試合は、防水スプレーは必須アイテム
  3. テニス選手に必要なトレーニングは、「重り付き」縄跳びでしっかり身に付く
  4. テニス選手の熱中症・痙攣対策に、ミニクーラーボックスは必需品!
  5. 読者のみなさんへ、アンケートのお願いです

関連記事

  1. テニス ダブルス

    ストローク

    テニスの試合で、「ネットプレイヤーの足元を狙い過ぎる」とネットミスが増えるので危険です

    ストロークで相手の足元を狙うシチュエーション、ネットプレイヤー相手には…

  2. テニス ストローク

    ストローク

    厳しいボールをスライスで返球するときほど、上からラケットを入れよう

    シングルスの試合では、厳しいボールを追いかけることも多い。2バ…

  3. ストローク

    「現代テニスの基本」ストロークのオープンスタンスで攻撃する4つのメリット

    楽天ジャパンオープンが開幕し、日本で世界トップレベルのテニスが観れる熱…

  4. ストローク

    スピンストロークがあるから、追い付いていないボールでもカバー出来る

    スピンストローク、攻撃に最適!なのはもちろんですが、実は守備に…

  5. ストローク

    スライスで逃げる、のに限界を感じてないですか?

    「返していれば、自滅してくれる相手」これが実際多いのが、テニス…

特集記事

  1. テニス 陸上

    戦術

    楽して勝つのが許せない、という人は生涯トーナメントを勝ち抜けない
  2. テニス メンタル

    練習メニュー

    試合で出し切った選手じゃないと、練習で新しいことは身に付かない
  3. フットワーク

    浅いボールに横向きで入っていく、ことが全ての攻撃の基本です
  4. ストローク

    「滑るの禁止!」テニスのストロークで使う技術としては最終手段として持っておくこと…
  5. テニス ストローク

    ストローク

    「速いスィングは何の為?」テニスの試合では緩急の使い分けがポイント
PAGE TOP