テニス スライス

ストローク

「攻撃的なスライスと守備的なスライス」を使い分けたストローク術とは?

スライスの使い手、まだ学生の皆さんの中には少ないかも知れない。

ですが高校から大学、社会人とステップしていくにつれて、確実に増えていくのがスライス主体のプレースタイル。

どうしても地味で、守備的なイメージ・・・ありませんか?

そんな選手の方ほど、実は攻撃にも使えるということを覚えておいて欲しいのです。

 

「攻撃的なスライスと守備的なスライス」を使い分けたストローク術とは?

 


 

■攻撃的なスライス、守備的なスライスとは?

皆さんの周りにスライスでストロークを打てる人、どの程度いるでしょうか?

何となく、バックハンドの厳しいときだけ・・・みたいな方も多いと思いますし、それでも充分有効。

走らされたとき、やっと追い付いたときにスライスで凌げると便利。

ですが、攻撃的なスライスとなると、なかなかイメージが湧き辛い。

しっかりチャンス、のときにはやっぱりスピン系でハードヒットしたいですもんね。

でもここで、あえて「重い」スライスを使ってみると、プレーの幅は非常に拡がります。

 

■重いスライスとは、「回転量が少ない」スライスショット

フラット気味、のスライスのストロークを受けたことはありますか?

非常に返球し辛いし、ボールスピードもある。

回転量が少ないので、失速しないけどバウンド後に滑ってくる感じはまさにスライス。

しっかり前足に体重を乗せて、上から抑え込むようなスライスが打てると、絶対に試合で効果的です。

特に相手が後ろで粘ったりするような相手だと、一本調子のストロークではまず崩すのは難しい。

コツは、しっかり横向きから相手に背中を向ける、くらい上半身をひねること。

そして、身体が前を向かないように、しっかり横向きで打ち終わるくらいの意識でOK。

フラットに近いかも・・・くらいの感覚で、一度チャレンジしてみて下さい。

 

■スライスで攻撃出来ると、ダブルスでも効果的!

攻撃的なスライスが打てるようになると、ダブルスの後衛のときにも使える。

相手は高い打点で打てなくなるので、前衛がポーチに動きやすくなります。

それに、スライスショットって、実は「ドロップショットを打つ構え」にも見える。

相手は、「前かも・・・」と一瞬迷ってくれるから、その後の深いボールがより効果的に効いてくれるんですよね。

錦織選手も実はこの渋い手を得意にしていて、フォアハンドのドロップショット、と見せて重いスライスの深いストローク、を試合で使っています。

普通に深くスライスを打つだけで相手が動揺してくれる、なんて便利なショットなんでしょう。

 

普段のラリー練習、からスライスを使っていく。

まずはこれでしょう。

いきなり100点のショットが打てる訳が無い、ので根気強く。

グリップや打点、足の運び方など、自分で工夫していくことが大事です。

ぜひ、今年のテーマの一つとして攻撃的なスライス、入れていきましょう!

ピックアップ記事

  1. テニスのコーチ、指導者の方にオススメしたい、「ボトムアップ理論」の名著
  2. ストローク練習機「ピコチーノ」は、素振りの質を高めてくれるはず
  3. 素振りでパワーアップを図るなら、「バナナウェイト」を使ってみよう
  4. 「最近使い始めた、ホワイトボードみたいなのって何ですか?」のご質問
  5. 大会シーズンに準備したい、サンバイザー5選

関連記事

  1. ストローク

    「鼻で吸って口で吐く」練習をすることで、テニスの試合でもスタミナが続く!?

    花粉症シーズン真っ盛りである。もう10年以上も花粉症が続いてい…

  2. ストローク

    勝負どころで、1球多く返すのに必要な意識とは?

    試合に強い人は、最後までしぶとい。本当に粘り強い人って、トーナ…

  3. テニス リターン

    ストローク

    「ストロークでズルズル後ろに下がるアナタに、未来は無い!」くらいの危機感が必要な理由

    テニスの試合で、ストロークが強い相手に押されて後ろに下がってしまい・・…

  4. テニス ストローク

    ストローク

    バックハンドとフォアハンド、打点との距離は違うの?

    打点を意識出来れば、テニスは見違える。「ここだ!」という場所を…

  5. テニス ストローク

特集記事

  1. テニス メンタル

    サーブ

    「遅くても良いからコースをしっかり狙えるテニスのサーブ」を身に付ける5つのポイン…
  2. テニス ストローク

    ボレー

    ボレーが上手く打てない人は、「外側から内側へ」ラケットを動かしてみよう
  3. テニス サーブ

    サーブ

    ダブって「ペアに申し訳ない」だけは、無しで
  4. テニス メンタル

    戦術

    対戦相手のストロングポイントを消す、簡単な方法
  5. 戦術

    ケガこそ神様が与えてくれた、「自分が変われる機会」です
PAGE TOP