テニス ミス

ストローク

テニスの試合で、「相手をストロークで左右に振り回したい!」にこだわっていると、結果勝てません

テニスの楽しさって、色々あると思います。

その醍醐味の一つが、自分が打ったショットで相手をしっかり動かして、エースでポイントを獲る!

確かに華やかなテニスのように見えますが・・・現実はどうでしょう?

コートの端を狙うよりも、相手をしっかり「揺さぶる」ことが出来ているかのほうが、試合に勝つうえでは大事なことだと私は思います。

 

テニスの試合で、「相手をストロークで左右に振り回したい!」にこだわっていると、結果勝てません

 


 

■強いテニス選手のイメージ、それは危険です

テニスの試合、特に錦織選手の試合は観ていて楽しい。

何が楽しいって、相手選手をどんどん左右に振り回して、浅いボールはウィナーを取っていく。

こんなテニスをやりたい・・・と、誰しも思いますよね。

でもいざ左右に相手を揺さぶろうとストロークを打ってみても、なかなかコントロールできない。

いつの間にか走らされているのは自分ばかりで、試合に勝てない・・・そんな経験、ありませんか?

 

■左右に振る、のでは無く「揺さぶる」くらいの意識で

左右のテニスコート、端から端まで相手を走らそうと考えるからミスが増える。

これは勿体無い話で、相手のフォアとバック、しっかり自分が意図したコースに飛んでコントロールできていれば、それだけで相手はプレッシャーに感じます。

よくプロ選手の試合を観ても、最初の数往復はセンターポジション近くで、しっかり様子を見ながら、リズムを掴んでから相手を動かし始めます。

シングルスの試合で、全てのボールをコートの端に打とうと考えるのは、どこかに「不安」が潜んでいるから。

しっかり練習出来ていれば、またボールの「深さ」さえ維持出来ていれば何も心配する必要はありません。

そしてボレーにいつでも行けるように、準備しておくことも大事

余裕をもってインになるようなボールで、相手を揺さぶっているという感覚を養って下さい。

 

■相手を揺さぶることが出来るストローク術とは?

相手を実際に揺さぶる為に、必要な要素は何か?

それはシンプルに、「打つコースが分からないストロークフォーム」にあります。

どこに打ってくるか分からないショットは、それが一番の武器になります。

コースは多少甘くても、フォアかバックかどっちかギリギリまで分からないショットは、ディフェンスがし辛い。

このフォームさえしっかり身に付いていれば、打つコース以上に武器になり、相手を揺さぶることが出来るのです。

自分自身のフォーム、しっかり打つコースを隠せていますか?

それは是非、普段ラリーする仲間とも確認するようにしてみて下さい。

 

良いフォームには、2つの要素があると私は思います。

1つは、怪我をしない、疲労を溜めないフォームであるということ。

そしてもう1つは、試合で勝つ為に特に重要な「打つコースが分からないフォーム」です。

この2つを両立できるフォーム、今年は一緒に磨いてみませんか?

ピックアップ記事

  1. 雨でコートが濡れていてもテニスがしたい!方にお勧めの「ウォーターバキューマー」
  2. テニスの壁打ちをする場所が無い・・・人は、「リバウンドネット」を設置してみない?…
  3. 急な怪我でも安心!準備しておきたい応急処置グッズ5つ
  4. 【応募受付完了しました】佐藤プロ&土居コーチ 無料レッスン 9/1(火) 15~…
  5. 大会シーズンに準備したい、サンバイザー5選

関連記事

  1. ストローク

    「試合になるとストロークが全部浅い!」人が変えていきたい5つのポイント

    普段は伸び伸び打っているのに、試合になると急にフォームが小さくなる。…

  2. テニス ストローク

    ストローク

    重たいストロークを身に付ける為に、必要な意識4つ

    試合で有効な、「重たい」ストローク。よく表現されるのは、回転量…

  3. テニス ストローク

    ストローク

    一昔前に流行った、「肘からテイクバックするフォアハンド」は、華やかなようで難しい打ち方です

    現代テニスで変わった点の一つに、フォアハンドストロークがあります。…

  4. テニス ストローク

    ストローク

    打ち込みながらもシコってくる、ストローカータイプの強者はどう料理する?

    現代テニスの申し子、のような選手。しっかり粘りながらも、浅いボ…

  5. テニス ストローク

    ストローク

    ストロークのテイクバック、「差し込まれた状態」を脱却出来ない人へ

    テニスの上達に基本練習は欠かせない。ですが、根本的な理解が出来…

  6. テニス リターン

    ストローク

    自分の武器は、「徹底的に試合で使う」くらいの強引さで

    皆さんは試合のとき、どんな攻撃を仕掛けていくことが多いですか?…

特集記事

  1. テニス ミス

    日々の雑記

    みんなから同情されたい病、を治す薬はありません
  2. テニス 戦術

    ダブルス

    ダブルスの試合では、後ろが見えない前衛に対して「上げる!」の一声は必須
  3. メンタル

    試合でミスを引きずらない、選手になりましょう
  4. テニス フットワーク

    その他

    力強いストロークを打つ為に、「テイクバックは早く済ませて、更に身体をひねる」動き…
  5. テニス メンタル

    メンタル

    行動に昇華しないのであれば、それは刺激とは言えない
PAGE TOP