メンタル

「1セットマッチで、5-0になったらもう安心?」だからアナタは、いつまで経っても2流選手なのです

私は今まで、全日本選手権や大阪ワールドスーパージュニア大会など、国内の多くの大会で主審やレフェリーを務めてきました。

そんな中で、強くなる選手、将来大成する選手にはある「特徴」があることに気付いたのです。

1セットマッチ、もう勝敗が決したような場面でも、彼らは決して手を緩めない。

そう、6-0で勝つことの重要性を、しっかり認識しているのです。

 

「1セットマッチで、5-0になったらもう安心?」だからアナタは、いつまで経っても2流選手なのです

 


 

■5-0から6-0でしっかり勝つ、ことの重要性

テニスは自分以外、ライバルだらけ。

同じ大会に出ている選手は、またいつ戦うかも分からない。

そんな相手には、もちろん勝つことも大事ですが、「少しの自信だって、与えたくない」のが大成する選手の考え方。

6-0で勝つのと、5-0から6-1、6-2になってしまうのでは、同じ勝ちでも意味が違う。

その次に対戦する選手にも、少し希望を与えてしまうことになることを、強くなる選手は知っているのです。

 

■5-0からの1ゲームは、負けている選手が思い切って来る

5-0になったとき、リードしているけど強い選手は分かっている。

次のゲームは、今まで通りにはいかないということを。

勝ち慣れていない選手は、もう5-0の時点で安心して自分に酔っていますよね。

0-5になった相手は、がむしゃらに来るし、吹っ切れた良いプレーをしてくる可能性が高い。

そこを抑え込んで6-0で勝つ、ことは本当に意味があることなのです。

 

■ただ勝てば良い、という感覚では成長しない

アナタ自身、目指している試合や大会、では「勝つこと」で必死かもしれない。

もちろん、それも大事なことです。

ですが普段の練習試合、マッチ練習でも、「6-0で勝つこと、勝ち切ること」はぜひ経験を積んでおいて欲しい。

なんとなくで、5-0になって安心するようなことが無いように。

自分に厳しく、勝ち切れる選手として成長していきましょう。

 

「6-0でも7-6でも、勝てば一緒じゃん。。」と思った方、もっと上を見ていきましょうよ。

単純に、試合時間が短ければ体力も温存出来ますし、プレーも隠せる。

押し切って勝つ、相手のペースアップを受け止めて勝つ、ことは経験値を積めば出来るようになります。

でも・・・その大前提として、アナタ自身がイメージ付くかどうかです。

強くなる、大成する選手の意識、少しでも真似してみて下さい。

何か掴めるものが、あるはずです。

ピックアップ記事

  1. テニスコーチ時代に、最高に憂鬱だったこと
  2. テニスフリークなら必携のタオルは、「作戦ボードタオル」で決まり!
  3. 読者ミーティング用にプロジェクターを買ったら、コスパ最高だった
  4. テニスで肩が上がらない・・・と、苦労する人は「ピイラティス・ポール」がオススメで…
  5. これからの冬のテニスに最適な、ネックウォーマー4選

関連記事

  1. テニス メンタル

    メンタル

    テニスが強くなる人は、自らにストレスをかけ続けられる人

    テニスの試合に強くなる人。どんな人か・・・は、色々なご意見があ…

  2. テニス ダブルス
  3. テニス 試合

    メンタル

    「なぜ、アナタは見た目だけでテニス選手の実力」を判断してしまうのか?という問題は深刻です

    試合会場に着いて、自分の名前が呼ばれる、または控えの試合に入る。…

  4. テニス スポーツ

    メンタル

    「自分は運動神経が悪い・・・」と思っている人でも、テニスは上手くなれると思う理由4つ

    テニスに運動神経、って必要だと思いますか?運動神経って聞くとす…

  5. メンタル

    テニスにおいて「ボールが速い=強い選手」、という思い込みは損なだけ

    まだまだ、こういう意識が強い人が多いみたいですので、改めて。特…

  6. メンタル

    負けること以上に、勝つことから逃げてはいけない

    テニスの試合は、必ず勝敗が付く。当然勝ちたいし、その為に頑張…

特集記事

  1. ダブルス

    前衛のポジションが1メートル違うと、ここまで相手は苦しくなる
  2. テニス 攻撃

    ダブルス

    ダブルスの試合で、「味方ペアのカバーをしようとして墓穴を掘る」人多数の問題につい…
  3. テニス アップ

    その他

    試合前のウォーミングアップで反応を鍛えるには、「後出しジャンケン」が最高にオスス…
  4. テニス トレーニング

    練習メニュー

    「短い練習時間でテニスの試合に勝てるようになる!」ために、必要なのは具体的な意識…
  5. テニス ポジショニング

    ロブ

    「相手をロブで下げて、アングルショットを使う攻撃」、出来ますか?
PAGE TOP