テニス ダブルス

ダブルス

ダブルスにおいて「ショートクロスはあくまで見せ球」、センターへの突き球と組み合わせて並行陣を崩す

学生の皆さんのダブルスを観ていると、並行陣に対してショートクロスで攻撃していく選手が多い。

もちろん、並行陣の後衛を揺さぶる有効なショットですが、なかなかリスクも高いですし勇気がいるショット。

それについスピードまで加えたくなってしまうのが、若い皆さんの弱点にもなってしまう。

私がお勧めしたいのは、あくまでショートクロスを見せておいて、センターへの突き球でポイントを取っていくテニス。

並行陣に対抗するには、ショートクロスでエースは必ずしも必要無いのです。

 

ダブルスにおいて「ショートクロスはあくまで見せ球」、センターへの突き球と組み合わせて並行陣を崩す

 


 

■ショートクロスでエース、というカッコ良さは危険

しっかり回転をかけて、しかも速度のあるショートクロス。

これを打つにはかなりの技術が要りますし、高い打点も必要になる。

ですがレベルの高い並行陣の相手は、ボレーにもスライスが効いているのできっと打点はそんなに高くは取れない。

となると・・・少し遅めでも、しっかり確実にコントロールされたショートクロス、のほうが試合向き。

イメージよりも高い軌道で、相手に「触らせて、陣形を崩す」ようなショートクロスを意識しましょう。

 

■フォアもバックも、身体を開かないで打つのが基本

ストロークの基本、はショートクロスのショットにも活かされる。

まずはしっかり、肩を入れた状態、早い準備で構えを相手に見せつけましょう。

そして打点は前、ですが打つまで身体が開かないように、しっかりボールを引き付ける。

この引き付ける間、があれば並行陣でネットにいる相手も、「お、ロブかも・・・」とか色々な想像をしてくれて、反応が遅れるのです。

 

■コートの端に寄せたら、センターを突いていこう!

ショートクロスで相手を動かしたら、今度はセンターへ速いボールを送る。

ネットの真ん中、一番低くなっている箇所にフラット気味に打てるショットを磨きましょう。

低い打点ならスピンでも良いですが、出来れば高い打点でしっかりフラット気味に打ちたいですね。

私自身、いつも回転量を重視することの重要性を謳ってきましたが、こういう突き球、大事な場面では速度も欲しい。

しっかり並行陣の2人の真ん中、を打ち抜くつもりで攻撃しましょう!

 

並行陣を崩すには、ゆっくりしたショートクロス、で自分のポジションを前にする、のがオーソドックスな攻撃。

相手のセンターを突くための布石、は遅いボールをサイドに送ることから始まります。

もちろん、スピンではなくスライスでもOK。

女性の方であれば、スライスをショートクロス、ネット際に打てる技術は必須ですのでしっかり練習しましょう。

学生の皆さんも、あえて遅さ、を出してみて下さい。

きっと並行陣を崩す快感、感じてもらえるはずです。

ピックアップ記事

  1. Zatous(ザータス)の大容量バッグインバッグは、ラケットバッグと相性ピッタリ…
  2. 多動力こそ、これからの時代のテニス選手に必要だと思う
  3. 【プロトレーナーに聞いてみた!】痙攣対策とアミノ酸について
  4. みなさんに感謝の気持ちを込めて、新しい取り組みを始めます!
  5. 読者ミーティング用にプロジェクターを買ったら、コスパ最高だった

関連記事

  1. テニス ダブルス

    ダブルス

    ダブルスに頭上のボールはなぜ、「前衛の声出し」が必要なのか?を考える4つのヒント

    ダブルスの試合に強いペア、はあるタイミングですぐに分かる。頭上…

  2. ダブルス

    ストレートに打たれない前衛は、存在価値無し

    ダブルスの試合で、アナタが前衛に立っているとして。ボールは飛…

  3. ダブルス

    今さら聞きづらいダブルスの「並行陣と雁行陣の違いと特徴」について、アナタは理解できてますか?

    硬式テニスのダブルスで、大きく分けて2つある陣形。それが雁行陣…

  4. テニス ボレー

    ダブルス

    「格上ペアにも諦めない!」テニスのダブルスで大切なポイント4つとは?

    大会にエントリーすれば、避けて通れないのはシード選手・競合ペアとの対戦…

  5. テニス ロブ

    ダブルス

    ダブルスの試合で、「前衛がサインを出すペア」って、何を確認してるんだろう?

    ダブルスの試合で、前衛の選手がサーブを打つ選手にサインを出す。前衛…

  6. テニス ダブルス

    ダブルス

    ロブでつないでくるダブルスには、ドライブボレーとドロップショットで仕掛けを

    ダブルスの試合で、ポワーンとただ後ろからつなげてくるような相手、います…

特集記事

  1. テニス フットワーク

    ダブルス

    ダブルスの前衛に絶対必要なのに、実践出来ている人が少ない「前方向へのスプリットス…
  2. テニス ダブルス

    ダブルス

    守備力の高いダブルスペアが実践している「ピンチでロブを上げてしっかり守る」為に必…
  3. テニス メンタル

    メンタル

    「勝ちに徹するテニスが、楽しいと思えない」のは、自分が本気になるのが怖いから
  4. ストローク

    ストロークで横に流れながら打つ人は、「最後で調節する癖」を無くそう
  5. テニス ボレー

    サーブ

    伸びのあるサーブを打つには、「膝と肘を落として沈み込むタイミング」が必要です
PAGE TOP