テニス ダブルス

ダブルス

ダブルスにおいて「ショートクロスはあくまで見せ球」、センターへの突き球と組み合わせて並行陣を崩す

学生の皆さんのダブルスを観ていると、並行陣に対してショートクロスで攻撃していく選手が多い。

もちろん、並行陣の後衛を揺さぶる有効なショットですが、なかなかリスクも高いですし勇気がいるショット。

それについスピードまで加えたくなってしまうのが、若い皆さんの弱点にもなってしまう。

私がお勧めしたいのは、あくまでショートクロスを見せておいて、センターへの突き球でポイントを取っていくテニス。

並行陣に対抗するには、ショートクロスでエースは必ずしも必要無いのです。

 

ダブルスにおいて「ショートクロスはあくまで見せ球」、センターへの突き球と組み合わせて並行陣を崩す

 


 

■ショートクロスでエース、というカッコ良さは危険

しっかり回転をかけて、しかも速度のあるショートクロス。

これを打つにはかなりの技術が要りますし、高い打点も必要になる。

ですがレベルの高い並行陣の相手は、ボレーにもスライスが効いているのできっと打点はそんなに高くは取れない。

となると・・・少し遅めでも、しっかり確実にコントロールされたショートクロス、のほうが試合向き。

イメージよりも高い軌道で、相手に「触らせて、陣形を崩す」ようなショートクロスを意識しましょう。

 

■フォアもバックも、身体を開かないで打つのが基本

ストロークの基本、はショートクロスのショットにも活かされる。

まずはしっかり、肩を入れた状態、早い準備で構えを相手に見せつけましょう。

そして打点は前、ですが打つまで身体が開かないように、しっかりボールを引き付ける。

この引き付ける間、があれば並行陣でネットにいる相手も、「お、ロブかも・・・」とか色々な想像をしてくれて、反応が遅れるのです。

 

■コートの端に寄せたら、センターを突いていこう!

ショートクロスで相手を動かしたら、今度はセンターへ速いボールを送る。

ネットの真ん中、一番低くなっている箇所にフラット気味に打てるショットを磨きましょう。

低い打点ならスピンでも良いですが、出来れば高い打点でしっかりフラット気味に打ちたいですね。

私自身、いつも回転量を重視することの重要性を謳ってきましたが、こういう突き球、大事な場面では速度も欲しい。

しっかり並行陣の2人の真ん中、を打ち抜くつもりで攻撃しましょう!

 

並行陣を崩すには、ゆっくりしたショートクロス、で自分のポジションを前にする、のがオーソドックスな攻撃。

相手のセンターを突くための布石、は遅いボールをサイドに送ることから始まります。

もちろん、スピンではなくスライスでもOK。

女性の方であれば、スライスをショートクロス、ネット際に打てる技術は必須ですのでしっかり練習しましょう。

学生の皆さんも、あえて遅さ、を出してみて下さい。

きっと並行陣を崩す快感、感じてもらえるはずです。

ピックアップ記事

  1. 寒くなっても清潔感は保ちたい、テニスプレイヤーのみなさんに
  2. 「寒暖差が激しい時期」のテニスにお勧めなアームカバー
  3. 暑い夏のテニスの試合に備えて、瞬間冷却パックの準備は欠かせない
  4. 真夏のスポーツ観戦には、超軽量・小型の折り畳み傘は必需品
  5. 寒くなる前に購入マスト、なテニス選手に最適なベンチコート3選

関連記事

  1. ダブルス

    リターンするパートナーに、「前衛は気にしないで良いよ」の安心感を与えよう

    「前衛につかまっても、気にしないで!」と、一言、言えるかどうか。…

  2. テニス 戦術

    ダブルス

    ダブルスの試合で、「サーブが強力な対戦相手」と対峙した時の為に、2バックの陣形は練習しておこう

    オリンピックのテニス競技をテレビで観ていて、気になった方もいるのではな…

  3. テニス スマッシュ

    ダブルス

    ダブルスで前衛にいるときに、パートナーの後衛から「前に行くね」と言われたら・・・?

    ダブルスの試合、パートナーとの打ち合わせで「前にいく」作戦を実行したい…

  4. ダブルス

    繰り返しますが、ダブルスの前衛のポーチは、1発で決める必要ありません

    実際に、まだまだ勘違いしている方が多いと思います。ポーチに出れ…

  5. テニス ダブルス

    ダブルス

    ダブルスの試合、「ストレートを守っている相手」にこそ、ストレートを打っていこう

    ダブルスの試合で、一気に相手の雰囲気を悪くする。自分たちに流れ…

  6. ダブルス

    どんな名コンビダブルスでも、2人でボールを打つことは出来ない

    ダブルスの試合、良いコンビネーションを繰り出してくるペアは、どこが優れ…

特集記事

  1. テニス 気付き
  1. テニス ミス

    ボレー

    「ダブルスの前衛として良いプレーが出来ているかどうか」、それは対戦相手が決めるこ…
  2. テニス サーブ

    サーブ

    サーブでいつも、「ラケットの変なところに当たる」人は・・・?
  3. その他

    自分で工夫や努力が出来ないのに、「周りに助けだけを求める人」は絶対にテニスも成長…
  4. テニス 練習

    シングルス

    「格下相手に確実に勝つ」テニスのシングルスの試合で必要な配球の心得4つ
  5. サーブ

    テニスの試合では、「速くて深いサーブ、意味が無い」ような場面もある
PAGE TOP