テニス ダブルス

ダブルス

ロブでつないでくるダブルスには、ドライブボレーとドロップショットで仕掛けを

ダブルスの試合で、ポワーンとただ後ろからつなげてくるような相手、いますよね。

前衛につかまらないように、ただ山なりに返球し続ける・・・。

こういう相手に、根負けしてしまうのはもったいない。

具体策をもって、試合に臨めば必ず勝てます!

 

ロブでつないでくるダブルスには、ドライブボレーとドロップショットで仕掛けを

 


 

1.山なりのボールは待てば待つほど、対処が辛くなる

山なりのストローク、侮ってはいけません。

待って後ろで処理しようとすると、高いバウンドでアナタ自身ベースライン後方に下げられてしまう。

高い山なりのボールを繰り返していては、どちらかがミスしてくれるまで終わらない。

前衛も、軌道が高いのでポーチで絡めない・・・みたいな雁行陣同士の戦い、特に学生の女子ダブルスの試合で多いように思います。

打開策は、何があるでしょうか・・・?

 

2.並行陣の一歩手前、の陣形でトライしてみよう

まずは、後衛の選手がボレーに出る、並行陣を試してみたい。

でも、なかなか2人でボレーというのは勇気が要りますよね。

であれば、山なりなボールをしっかりドライブボレー、ストロークに近い打ち方で入っていきましょう。

サービスラインの少し後ろ、くらいでボールがバウンドする前にドライブボレーで捕らえて打っていく。

コースは、大体クロスでOK、ストレートに飛んでもOK、くらいの思い切りが欲しいところです。

ドライブボレーも勇気が要るショットですから、細かいコントロールは気にしない。

とにかく相手が打つ少し前に前にスススッと動いて、相手を出し抜く意識でトライしてみましょう!

 

3.ドライブボレーで仕掛けた後は、しっかり「前」をドロップで使っていく

ドライブボレーをしっかり打った後は、今度は相手コートの前のスペースが空くはず。

「強引に打って来ることも出来るんだな・・・」と思わせた後は、ストロークの中でドロップショットを混ぜていきましょう。

甘くても、意表を突かれた相手はビックリしてパニックになるはず。

失敗しても、気にしない。

相手に、「後ろでつなぐだけの相手」から、「色々出来る相手」に変身したところを見せておくことが大事なのです。

 

前、後ろ、をしっかり意識して相手を動かしていくことが出来れば、このポワーンラリーから脱却出来ます。

強引に打ちにいく、とミスも増えますからね。

とはいえ、いつまでも緩いラリーに付き合い続ける必要はありません。

今のアナタの技術で、アクセント付けていきましょう!

ピックアップ記事

  1. 大人のトレーニングは「DNS プロエックス」を使って効率的に
  2. 「テニスラケット専用ウェイトボール」を使えば、素振りでのパワーアップも可能に!
  3. 【重要です:視聴者アンケート】ご協力のお願い
  4. ミズノ社製のアイスマットを使えば、夏場の厳しい試合も乗り越えられるはず
  5. テニスの試合に勝てるようになる為に、読むべき名著10選

関連記事

  1. テニス ダブルス

    ダブルス

    ダブルスで前衛に捕まった後は、ほとんどの選手が後衛側に逃げていく

    ダブルスの試合、よくある光景。あるある、なことに気付くことが、…

  2. テニス ボレー

    ダブルス

    ダブルスの試合で2バックの陣形から、「浅いボールに対しては2人で一気に」前に出て攻撃していこう!

    ストロークが得意な選手がペアを組んだり、相手のサーブが強力なときには、…

  3. ダブルス

    雁行陣相手のポーチ、どこを狙う?

    相手が雁行陣で、いざリターンをポーチ!でも、どこを狙うと一番効…

  4. テニス 練習

    ダブルス

    シングルスが得意な選手同士が組んだダブルス、を崩していくレシピ5つ

    ダブルスの試合、シングルスが強い選手同士が組むとどうなるか。私…

  5. ダブルス

    簡単に失点しない、ペアが意識していることは?

    今回の女子ダブルスの動画は、「いかにセンターを封じるか?」をテーマに…

  6. テニス 練習

    ダブルス

    ダブルスの前衛で、味方のサーバーがまだボールを下に突いているときにできる、フェイントとは?

    ダブルスにおける心理戦、それが一番激しいのはどこの場所か分かりますか?…

特集記事

  1. テニス メンタル

    メンタル

    「満足する日」があっても良いけど、翌日まで引きずってはダメ
  2. テニス ストローク

    リターン

    並行陣を崩すには、ファーストボレーをさせるところから
  3. テニス ボレー

    ストローク

    「ストロークでストレート」に流せると、テニスの試合では展開に幅ができる
  4. テニス センス

    日々の雑記

    テニスが上手い選手、テニスも上手い選手
  5. テニス ストローク

    戦術

    今すぐダブルスに勝ちたければ、自分はネット、相手はベースライン
PAGE TOP