ダブルス

ダブルスでネットに詰めて良い場面5つ

思い切って、ネットに詰めたポジションを取る。

これが出来るようになれば、ダブルスの試合は一気に変わります。

ロブが心配?気持ちは、分かります。

でも、詰めて良い場面をしっかり理解しておけば、恐れるものはありません。

メリハリの効いた試合になること、間違い無しです。

1.相手が強打して来る場面

あえて、この場面です。

相手が打って来る、沈めて来るような場面。

こういうショットは、ネット際で触ることが一番です。

相手が強打して来るところを見極めて、前に詰める。

ダブルスなら2人で両者、センターに近付いて前に詰める。

そこでロブを打たれたら、相手の読み勝ちということで仕方ないと割り切りましょう。

2.スライスで打って来る場面

相手がスライスで打って来る。

こういう場面も、私は前に詰めて良いと思います。

ただし、当然ロブもあります。

ですが、スライスロブなら打たれてエース、ということは無いでしょう。

ですから、一旦前に詰めてみる、そこでロブなら下がることが出来る、と考えておく。

チャンスを逃したくないですからね。

雁行陣でも、相手後衛がスライスのストロークならチャンス、ですよ。

3.相手の打点が低い場面

特に、ダブルスの試合で4人で前、4アップのような場面でしょう。

相手の打点が低い、と感じたら一気に前に出る。

「もう前にいるのに?」と思わないことです。

10cmでも前に出る、ことで相手の下から出て来るボレーを叩くことが出来る。

相手はプレッシャーを感じて、低めに打とうと思ってネットミスしてくれるかもしれませんね。

4人でボレー戦になっても、もっと前に詰めるタイミングは常に探しましょう。


4.ロブを使って来ない相手

ロブを使って来ない、一本調子の相手。

実際に、試合ではこういう相手はいます。

だからこそ、前に詰めていく必要があるんです。

そこで打ち始めたロブ、後手に回ったロブは怖く無い。

若い男子ダブルス、なんてこういうペア結構いますよ。

私は遠慮なく、並行陣でも後衛のポジションを捨てて前に詰める。

妙なプライドを持っている相手、は戦いやすいものですから。

   

5.絶対に欲しいポイント

最後は、私の経験則から。

絶対に欲しい、取りたいポイント。

こういうポイントは、前に詰めた方が良い。

前衛にいても、後衛にいてもそうです。

前に出て失敗したなら、切り替えられる。

でも、消極的にプレーして大事なポイントを落とすと、その落ち込み度はもう半端じゃないですよ。

絶対に欲しいポイントほど、前に詰めていく、相手を恐れない。

そういうテニス、が最後に勝利を呼び込むんです。

一旦、前に詰められる選手なったら、強い。

そこから下がることも出来るし、ロブを誘うことも出来る。

でも、前に詰めることが出来ない選手は、ずっと先に進めない。

当然、テニススクールではコーチからやんや言われるでしょう。

でも、試合に勝ちたいなら詰めることが必要、それだけです。




ピックアップ記事

  1. 飲んだらコンパクトに!パックアップボトルを持って試合に出かけよう
  2. 大事なテニスウェアを汚したくないなら、シャープの超音波ウォッシャーを持ち歩こう
  3. 「寒暖差が激しい時期」のテニスにお勧めなアームカバー
  4. テニスのフットワークを支える足元の秘密は、スーパーフィートのインソール
  5. みなさんに感謝の気持ちを込めて、新しい取り組みを始めます!

関連記事

  1. ダブルス

    もしもテニスに「3人制のトリプル」という種目があったら‥と考えてみる

    テニスはシングルスかダブルス。戦う人数は1人か2人、なスポーツ…

  2. テニス 調子

    ダブルス

    「ダブルスペアとのポイント間の話し合い」って、テニスの試合で実際どうやってる?

    コンビネーションが大切なダブルスでは、当然パートナーとのコミュニケーシ…

  3. ダブルス

    相手の前衛にぶつけても、ポーチは決まらない

    ダブルスの試合、コートにいる人数は多い?少ない?当然シングルス…

  4. テニス ダブルス

    ダブルス

    サーブ&ボレーを、もっともっとダブルスで有効活用する発想とは?

    ダブルスでサーブ&ボレー、と言えば並行陣。確かにそうですが、そ…

  5. テニス スマッシュ

    ダブルス

    相手が深いボールをストロークで凌ぐときには、「基本はクロス」と決めてポーチに出よう

    ダブルスの試合、上手くラリーの中から前衛が動く。こういうポイン…

  6. テニス 環境

    ダブルス

    相手2人が下がる「2バックの陣形」になったときに、必要な意識4つ

    ダブルスの試合、自分たちが準備していないと困ること。それは、パ…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


特集記事

  1. テニス 気付き
  1. ストローク

    「ボレー対ストロークのラリー練習」を工夫して、ストロークの応用力を磨くメニューに…
  2. テニス ダブルス

    ダブルス

    実力で劣る後輩を引っ張るダブルス、に必要な要素4つ
  3. テニス 錦織圭

    Q&A

    Q&A「バックハンドストロークが、片手か両手か定まりません・・・」
  4. テニス リターン

    リターン

    シングルスの試合で、「リターンダッシュから相手にプレッシャーをかける」メリット4…
  5. その他

    試合こそが、仲間を創る
PAGE TOP