ダブルス

挑戦企画は、こういうペアにお勧めです

今年の9月から実施させて頂いております、佐藤・土居ペアに挑戦の企画。

この企画を通じて、T-PRESSとして発信したいこと。

それは、何より「一歩を踏み出す勇気」です。

試合だけではなく、動画としても残るので、出場される方からすれば非常に勇気のいる一歩だと思います。

でも、そこを踏み出すことで新しい景色が見えるし、新しいステージに立てる。

30分という短い時間ですが、それをぜひご自身で体感して欲しいという願いから、無料で実施させて頂いております。

改めて、「こういうペアにお勧め!」というポイントをまとめさせて頂きました。

1.脱・テニススクールを目指すペア

テニススクールで、行き詰まりを感じているペアのみなさん、きっと多いと思います。

試合に勝ちたいという想いで練習しているのに、グループレッスンだとどうしても難しいですよね。

また、スクールコーチは実戦的な考えに乏しく、自分自身が試合に出ていないとう方も多い。

そんな方にこそ、ぜひ早朝の大井町に来て欲しい。

今持っているもの、考えていることを、1セットの中で佐藤・土居ペアにぶつけて欲しいんです。

その想いに、全力で応えるだけの実力と経験、準備が私たちには有ります。

テニススクールでは絶対に教えないような考え方、戦術も、今までたくさん提案させて頂きました。

2.女性を活かす、ミックスダブルスを目指すペア

ミックスダブルスで多くの実績を残して来た佐藤プロは、その大事なポイントを知っています。

無理せず勝負どころでしっかりと動く、その為の我慢のポイントはどこなのか。

実際に試合をしてみることで、あぶり出されるミックスダブルスのポイント、それは挑戦企画で実感出来る醍醐味です。

今まで3ペアのミックスダブルスのペアの方が挑戦されましたが、それぞれ異なる個性があり、強みを活かす方法も異なります。

女性を活かす、男性だけに頼らないミックスペアを目指す方にこそ、この挑戦企画はお勧めです。

3.上に向かってチャレンジしていくペア

まぁ、何より強いです。

佐藤・土居ペアとの対戦を経験しておくと、外での試合がすごく楽に感じますよ。

動画で観る?練習する?

そんなことよりも、「あのペアと試合をしたんだ」という経験こそ、大事なんです。

「あれより上のペアは、なかなかいないだろうな」と思えたら、外での試合で前に踏み込んでいける。

強気で最期まで、自分の勝利を信じることが出来る。

大袈裟なようですが、本当にそれは実感出来ると思いますよ。

その特権を得る為にも、ぜひ試合をする機会を掴んで欲しい。

上を狙って戦っていくペアの方にこそ、この挑戦企画はお勧めです!

4.多少「恥をかいても良い」というペア

試合に勝ちたい、強くなって結果を出したいなら。

多少の悔しい想い、恥をかくことは受け入れていかないといけない。

私は、この挑戦企画を始めてみて、参加者のみなさんのそういう覚悟を目の当たりにしてきました。

みなさん本当に、テニスに真摯に向き合い、必死に強くなろうとあがいている。

中途半端な人は、一人もいません。

多少恥をかいても良い、痛みを感じても良い、だけど強くなるきっかけが欲しいという方ばかりだったように思います。

大丈夫です、そういうペアは必ず強くなる。

言い方は悪いですが、ずっと陰に隠れてこっそり上手くなろうとしている人の方が、結局弱いままですし恥ずかしい。

ここに気付いているペアの方は、やっぱり挑戦企画にエントリーして頂けてますし、強くなっていくと確信しています。

エントリーの締め切りは11月14日(木)を予定しております。

迷っているペアの方こそ、今踏み出して欲しいです!

詳細はコチラから、または以下のフォームよりエントリーをお願い致します。

開催日時

2019年12月5日(木) AM 7:00~9:00

※30分1枠、計4組の募集となります

開催場所

スポル品川大井町 テニスコート

東京都品川区広町2丁目1-19 (詳細はコチラ

    ピックアップ記事

    1. 【ご協力をお願いします!】テニス動画・プロ選手に関するアンケート
    2. 大会シーズンに準備したい、サンバイザー5選
    3. これからの暑い時期にあると便利な、「高速製氷機」とは?
    4. テニス選手の筋肉に必要なプロテインは、ささみプロテインバーでの補給が最適
    5. 素振りでパワーアップを図るなら、「バナナウェイト」を使ってみよう

    関連記事

    1. テニス サーブ

      ダブルス

      「上辺だけの仲良しペアのダブルス」が試合に勝てない、その理由について考えてみる

      ダブルスでペアを組んでいる選手同士、は様々な人間関係がベースになってい…

    2. テニス メンタル

      ダブルス

      「なぜ、そのプレーに変えたのか」の根拠があれば、プレー中での作戦変更は悪いことでは決してない

      ダブルスの試合を観ていると、作戦をしっかり実行しているペアは強い。…

    3. テニス サーブ

      ダブルス

      ダブルスの試合、「冷静にクロス勝負での実力差」を考えて前衛は動こう

      ダブルスの試合で、アナタが前衛にいるとき。まず冷静になって、ク…

    4. テニス ボレー

      ダブルス

      雁行陣でロブが抜けたときには・・・前衛にビッグチャンスが舞い込んで来る

      ダブルスの試合で、学生の皆さんは雁行陣で戦うケースが多いと思います。…

    5. テニス フットワーク

      ダブルス

      ミックスダブルス必勝法は、「序盤で女性が相手の男性に向かっていく」ことに尽きる

      テニスの試合、基本は「やられたら嫌なこと」から考えてみる。そう…

    6. テニス ボレー

      ダブルス

      ダブルスの試合で、「ロブで抜かれてチェンジ!が遅い前衛」は、決断力と切り替えが遅すぎる

      ダブルスの試合では、前衛と後衛がはっきりしている陣形がほとんど。…

    コメント

    1. この記事へのコメントはありません。

    1. この記事へのトラックバックはありません。

    CAPTCHA


    特集記事

    1. テニス ボレー

      スマッシュ

      スマッシュなどの頭上のショット、「オーバーヘッド系の処理が怪しい人」の特徴を見極…
    2. テニス メンタル

      その他

      テニスの試合経験を積むには、「自分から動いてネットワークを作る」ことが大事です
    3. テニス ストローク

      メンタル

      スコア差があっても無くても、集中力に差が生まれてはいけない
    4. テニス メンタル

      メンタル

      「思い悩んでる暇があったら動く」習慣がある人は、テニスの試合でも強い
    5. テニス ストローク

      ストローク

      ライジングショットを上達させたいなら、「ネットプレーへの流れを意識」で変わる
    PAGE TOP