ボレー

ダブルスの前衛で、ストレートに誘った後のボレーは「シンプルにラケット面を作るだけ」で充分!

ダブルスで前衛にいるときに、ポーチに出て決めた後はストレートに誘いたい。

相手が警戒してリターンをストレートに打ってきたところを、待ち構えて仕留めることができれば、前衛としての仕事は完璧!

しかしせっかくストレートに待ち構えていてボールが来ても、慌ててしまって失点・・・というケース、多くないですか?

実はこの場面で攻撃的にいくのは、難しいのがダブルスなのです。

 

ダブルスの前衛で、ストレートに誘った後のボレーは「シンプルにラケット面を作るだけ」で充分!

 


 

■ボレーを難しくするのはいつも自分自身です

シンプルに当てて返せば良いのに、思い通りに相手が打ってきたのでつい調子に乗ってしまう。

リターンの選手は後ろにいますし、前は前衛がカバーしていて、なかなか攻撃できないのがこのストレートアタックのシチュエーション。

そこで難しい技術を繰り出そうとしても、自滅するだけです。

 

■相手は、「ストレートをブロックされるだけ」で嫌なもの

相手としては、「ストレートもきっちり守っているな・・・」と感じると、かなり嫌なもの。

クロスにリターンすればまたポーチが怖いし、手詰まりになってしまう。

だからこそ、このストレートに来たボールはしっかりラケット面を作って返球したい。

イメージは、チャンスメイク。

深いボールで押し込む、または前衛の前のスペースをアングルで狙うなど、アナタなりの中くらいのリスクで打てるショットを選択しましょう。

もったいないのは、一発で決めようとしてミスしてしまうことなので、注意しましょう。

 

■ストレートアタックの処理こそ、前衛としての技量が問われる

先ほども書きましたが、意外と攻撃的なボレーは洗濯し辛い場面。

前衛としての、プレーの質が最も問われる場面とも言えるでしょう。

もちろん前衛のプレーも大切ですが、後衛からのフォローアップも欠かせません。

前衛のボレーが攻撃的な場所に入ったら、すかさず後衛もネットに詰めて逃げ道をふさぎましょう。

このコンビネーションは、普段からぜひ練習しておいて下さい。

 

ネットプレーに苦手意識があると、「ストレートを守っているのに打たれると弱い」という悪循環になります。

どうしても苦手意識がある人は、ポジションを確認しましょう。

ストレートに来ると思ったら、思い切ってネットに詰める。

そうすれば、触るだけでポイントにできる可能性も高くなります。

まずはラケット面を丁寧に作って、返球コースで勝負!

これができるとリターンを誘える、楽しい前衛ライフが待っています。

ピックアップ記事

  1. テニスシューズの中で、自分の足が滑る・・・ような人は、5本指ソックスに変えてみよ…
  2. テニス選手としての「肩の痛み」を改善するには、寝る時の姿勢を変えないと
  3. YouTubeチャンネル登録200人、ありがとう御座います
  4. 暑い夏のテニスの試合に備えて、瞬間冷却パックの準備は欠かせない
  5. 水で濡らして絞って振れば、何度でも冷たくなるタオルが使える

関連記事

  1. テニス 大学

    ボレー

    ハーフボレーを選択した時点で、アナタは壁にならないと

    試合で使える細かい技術、ハーフボレー。このショットのコツは、し…

  2. ボレー

    テニスのネットプレーで、「ハイボレーで横回転をかける」ことが上級者への大事なステップです

    部活やテニススクールで頑張っている皆さんの中で、ハイボレーに自信がある…

  3. テニス ダブルス

    ボレー

    ボレーの基本は、「スタンス広めでその中間に頭」を意識すれば安定する

    ボレーに安定感が欲しい方。まずは、頭の位置をしっかり意識するこ…

  4. テニス ストローク

    ボレー

    自分のボレーに、「伸びが無い」と感じている人は、打つ瞬間に前足が上がっているかを確認しよう

    ネットに出てボレーをしても、簡単に相手から返されてしまう。また…

  5. ボレー

    試合では、ランニングボレーが基本なのに・・・

    ボレーを練習していても、試合で使えない人。もしくは、ミスしてし…

  6. テニス ボレー

    ボレー

    ネットから少しでも離れると、それを超えないといけないプレッシャーが生じる

    テニスの試合のネットって、みなさん高いと思いますか?これって、…

特集記事

  1. テニス ルール

    戦術

    「緊張するタイブレーク」に突入したときに、攻撃的にいく?守備的になる?という作戦…
  2. テニス メンタル

    練習メニュー

    テニス部新入生の指導法は、「教えないで見守る」ことが基本
  3. テニス 準備

    その他

    テニスの試合で、「試合で相手へ渡すボールは、必ずワンバウンドしっかりコントロール…
  4. テニス 攻撃

    戦術

    直線的で速い球が良いテニス、と思い続けている限り試合では勝てない
  5. テニス 環境

    メンタル

    「この人に、誤魔化しのテニスは通用しないな・・・」と思える相手がいれば、アナタは…
PAGE TOP