スマッシュ

「とにかく決定力のあるスマッシュが打ちたい!」なら身に付けたい腕と手首の返し方

テニスを始めた頃、硬式でも軟式でもまずは「スマッシュ」に憧れた人は多いんじゃないでしょうか。

周りから見ていると、簡単そうに見えたあのスマッシュですが、実際にコートの中で打とうとすると何と難しいことか。

それでもレベルが高い試合になると、このスマッシュの決定力が試合の勝敗を大きく左右します。

男性ならしっかり、パワーのあるスマッシュで相手に威圧感を与えたいところ。

今回は決定力のある、力強いスマッシュを打つ為に必要な腕と手首の使い方について考えてみましょう。

 

「とにかく決定力のあるスマッシュが打ちたい!」なら身に付けたい腕と手首の返し方

 

1.パンチ力のあるスマッシュは、腕を降り下ろさない

腕を振り過ぎてしまうと、結果的に力が上手く伝わりません。

上半身に力が入っているとつい、腕を振って飛ばそうという意識になりがちですので、注意が必要です。

むしろ、打った後も腕は上にある状態を保つくらいで良いでしょう。

「それでボール飛ぶ?」と思っている方、ポイントは打点と手首の使い方にあります。

 

2.打ち終わりの手首の状態、手のひらの向きをチェック!

サーブのときに、しっかり手首を回外の動きで動かせていますか?

ボールをインパクトしたときに、弾き出すように手のひらを外に向けていくことを意識してみて下さい。

そうするとスマッシュでも、自然にボールにナチュラルなスピン回転がかかるはず。

これがバウンド後も失速しない、伸びていく、決定力の高いスマッシュの源になります。

打点は身体の前、が理想ですが、厳しいロブを追いかけていくときには少し後ろ目にもなると思います

その時は思い切って、手首のスナップを効かせてラケットを持っている腕の肘を上げてみましょう。

肘が高い位置にあれば、何とかボールは下方向に飛んでくれるはずです。

 

3.「ボールが落ちてくるのを待たない」で、肘を高い位置に保とう

肘の位置が低いと、先ほど書いたようなコツは使えなくなります。

スマッシュを打てると思ったら、まずはラケットを持つ腕の肘を顔の横くらいには上げること。

この準備が遅いと、もう深いロブには対応できません。

そしてボールが落ちてくるのを、絶対に待たない。

自分からコートをキックしてジャンプ、積極的に打ちにいく姿勢を相手に見せ付けましょう。

その意識だけで、スマッシュの力強さはだいぶ変わるはずです。

 

腕と手首の動きが重要、と書いてきましたが、それは良い打点でボールを捕えられればこそ。

打点がおかしいことになると、逆に手首を痛めてしまったり肩も壊しやすくなってしまうので、注意が必要です。

ポジショニングと、コートをキックするジャンプ力も当然必要になります。

まずは腕と手首の動きを余裕のある球出しで練習して、その後に深いボールを下半身を使って打てるように練習したいですね。

段階を踏んで、ぜひチームでスマッシュ強化に取り組んでみて下さい。

ピックアップ記事

  1. 学生さんや社会人プレイヤーにもお勧め!「タッチ系テニス」に適したガット3選
  2. テニスに必要な筋力トレーニング、リストウェイトが効果的です
  3. 何度でも消して使える、ウェアラブルメモはテニスでも使えそう
  4. プロテニス選手を目指したいなら、英語は必須!実用的なテキスト5つ
  5. KT TAPE(ケーティーテープ) を使って、テニスの試合で酷使する「膝関節」を…

関連記事

  1. テニス ストローク

    スマッシュ

    ダブルスの試合、「スマッシュのコースで迷ったらまずはセンター!」と割り切って打つこと

    スマッシュには決断力が不可欠。特に低くて速いロブに対しては、打…

  2. テニス ダブルス
  3. テニス ストローク

    スマッシュ

    クロス方向へのスマッシュは、スライスサーブの延長で打てば大丈夫

    スマッシュは、「逆クロスが打ちやすい」というのを、何度か書いてきました…

  4. テニス ボレー
  5. テニス 前衛

    スマッシュ

    ロブを多用してくる相手には、どこかで先読みして下がらないと相手のペースになる

    ロブが得意な相手、女性の方でも多いですよね。こういう相手は、ど…

  6. テニス サーブ

    スマッシュ

    グランドスマッシュは、バウンドとテイクバックを合わせれば楽に打てる

    グランドスマッシュ、試合で1回打つ機会があるか無いか、でしょう。…

特集記事

  1. ダブルス

    後ろでつないでくるダブルス相手には、「深いボレーとロブのケア」でバッチリ対抗出来…
  2. テニス ストローク

    戦術

    浅いボールの処理が苦手な人は、「利き腕と同じ足を前」に出しながらボールを触りにい…
  3. フットワーク

    テニスの試合で相手の時間を奪う感覚は、「スプリットステップのタイミング」を見て判…
  4. テニス リターン

    ストローク

    力強くストロークを打ちたいなら、横向きキープでボールを押すタイミングを作ろう!
  5. テニス ストローク

    その他

    テニスの絶対原則「ニアサイドを塞いでコート端に打たせる」ことで、ポイントを稼ぐこ…
PAGE TOP