テニス メンタル

ボレー

テニスの前衛のポーチボレーと、「野球の盗塁」はすごく似ていると思う

今の時期は、まさに高校野球の地区予選が大詰め。

皆さんの高校、もしかしたら勝ち残っている、甲子園出場が決まった、という方もいるかも知れませんね。

私の高校は残念ながら敗退してしまいましたが、野球を観ていてもテニスに活かせるヒントはたくさんある。

例えば、「盗塁」。

ピッチャーが投げるモーションに入った瞬間に次の塁を狙ってランナーが走りだす、相手の隙を突いたプレー。

テニスのダブルスの前衛のポーチ、と私はよく似ていると思っていつも参考にしています。

 

テニスの前衛のポーチボレーと、「野球の盗塁」はすごく似ていると思う

 


 

■相手に「バレなければ」スタートは速い方が良い

相手ピッチャーが気付いて「けん制」されると、ランナーは塁に戻らないといけない。

「次は絶対に、キャッチャーに向かって投げる!」と読めた瞬間に、良いスタートが切れます。

もちろん、アウトになる可能性だってある。

ポーチも一緒ですよね、ストレートに打たれることはある。

失敗する可能性もあるし、成功すれば次の塁に進んでチャンスが広がる、テニスならポイントが入る可能性が高い。

相手との駆け引きがある時点で、すごく似ている要素があります。

 

■テニスの前衛は、相手の動きを盗むことでポイントを奪える

ダブルスの前衛は、待っていてもチャンスは来ない。

相手の心理を読んで、打つコースに飛び込んでいかないといけない。

それは野球で言うところの、ピッチャーのモーションをランナーが盗む、ということになります。

人には必ず、何かしら癖がある。

ぜひその癖を見抜いて、良いスタートを切ってみて下さい。

 

■失敗しても、それはただの失敗じゃない!のが盗塁とポーチ

失敗しても、それを活かせる、という点では似ています。

盗塁だって、成功しなくても相手ピッチャーは「また走られるかも・・・バッターに集中できない・・・」と感じてくれる。

ポーチはリターン側に、「この選手は出てくるな・・・サーバーに集中できないな・・・」と、プレッシャーを与えることが出来る。

つまりは失敗しても、全然気にしなくて良いんです。

実行した、という事実がある時点で、必ず試合で効果的に効いてきます。

 

テニスにおいて、こういった作戦は「やらないこと」が失敗なのです。

失敗したくない、と思っていること自体が、試合に勝てない発想。

だって、失ってもたった1ポイントですよ。

序盤にどんどん、相手にプレッシャーをかけていきましょう!

ピックアップ記事

  1. テニスの試合で「足裏の皮膚が荒れてしまう方」にオススメな、皮膚保護専用クリーム「…
  2. これからの冬のテニスに最適な、ネックウォーマー4選
  3. 雨でコートが濡れていてもテニスがしたい!方にお勧めの「ウォーターバキューマー」
  4. HEADラケットのスタンダードモデルを使い続けて、気付いたことまとめ
  5. 大事なテニスウェアを汚したくないなら、シャープの超音波ウォッシャーを持ち歩こう

関連記事

  1. ボレー

    シングルスの試合でのネットプレーは、逆を突かれて全然OK

    シングルスの試合で、ネットに出る。これはもう、大変ですよね。…

  2. テニス ボレー

    ボレー

    ネットプレーのときに、「片手魔人」になっている人いませんか?

    片手でラケットを持って、構えている人。私はこういう人を、「片手…

  3. テニス ストローク

    ボレー

    テニスにおいて、「移動中の相手を、襲う」という発想、ありますか?

    テニスの試合、試合が上手い選手は決してボールは速くない。でも効…

  4. テニス ボレー

    ボレー

    ボレーのコツは、少しラケット面を内側に向けること

    「どうしても、ボレーが出来ません!」というご相談を、よく学生の…

  5. テニス ロブ

    ボレー

    「深いボレーとドロップボレーを簡単に打ち分ける」テニスのネットプレーで役立つグリップワークとは?

    ネットプレーが上手いプレイヤーは、前後の駆け引きと打ち分ける技術がしっ…

  6. テニス ボレー

    ボレー

    「とにかく難しい・・・」両手のバックバンドボレーに悩む人へ5つの改善ヒント

    硬式テニスで特に難しいのが、バックボレー。女性であれば、両手で…

特集記事

  1. テニス メンタル

    サーブ

    サーブがどうも安定しない人は、「体重移動の幅を狭くする」ことで改善されるかも知れ…
  2. テニス 体力

    フットワーク

    試合中に足が動かないと感じたら、「腿上げジャンプ」をして自分でエンジンをかけよう…
  3. テニス ミス

    その他

    「来年はどうなっているか、想像できない」選手を、私は応援したい
  4. テニス ボレー

    フットワーク

    テニスでは力を入れるポイントを絞っておかないと、体力はいくらあっても足りない
  5. テニス メンタル

    テニススクール

    テニススクールで上達が早い人は、「球出し練習で先頭」に並ぶ人
PAGE TOP