テニス メンタル

ボレー

テニスの前衛のポーチボレーと、「野球の盗塁」はすごく似ていると思う

今の時期は、まさに高校野球の地区予選が大詰め。

皆さんの高校、もしかしたら勝ち残っている、甲子園出場が決まった、という方もいるかも知れませんね。

私の高校は残念ながら敗退してしまいましたが、野球を観ていてもテニスに活かせるヒントはたくさんある。

例えば、「盗塁」。

ピッチャーが投げるモーションに入った瞬間に次の塁を狙ってランナーが走りだす、相手の隙を突いたプレー。

テニスのダブルスの前衛のポーチ、と私はよく似ていると思っていつも参考にしています。

 

テニスの前衛のポーチボレーと、「野球の盗塁」はすごく似ていると思う

 


 

■相手に「バレなければ」スタートは速い方が良い

相手ピッチャーが気付いて「けん制」されると、ランナーは塁に戻らないといけない。

「次は絶対に、キャッチャーに向かって投げる!」と読めた瞬間に、良いスタートが切れます。

もちろん、アウトになる可能性だってある。

ポーチも一緒ですよね、ストレートに打たれることはある。

失敗する可能性もあるし、成功すれば次の塁に進んでチャンスが広がる、テニスならポイントが入る可能性が高い。

相手との駆け引きがある時点で、すごく似ている要素があります。

 

■テニスの前衛は、相手の動きを盗むことでポイントを奪える

ダブルスの前衛は、待っていてもチャンスは来ない。

相手の心理を読んで、打つコースに飛び込んでいかないといけない。

それは野球で言うところの、ピッチャーのモーションをランナーが盗む、ということになります。

人には必ず、何かしら癖がある。

ぜひその癖を見抜いて、良いスタートを切ってみて下さい。

 

■失敗しても、それはただの失敗じゃない!のが盗塁とポーチ

失敗しても、それを活かせる、という点では似ています。

盗塁だって、成功しなくても相手ピッチャーは「また走られるかも・・・バッターに集中できない・・・」と感じてくれる。

ポーチはリターン側に、「この選手は出てくるな・・・サーバーに集中できないな・・・」と、プレッシャーを与えることが出来る。

つまりは失敗しても、全然気にしなくて良いんです。

実行した、という事実がある時点で、必ず試合で効果的に効いてきます。

 

テニスにおいて、こういった作戦は「やらないこと」が失敗なのです。

失敗したくない、と思っていること自体が、試合に勝てない発想。

だって、失ってもたった1ポイントですよ。

序盤にどんどん、相手にプレッシャーをかけていきましょう!

ピックアップ記事

  1. テニスのコーチ、指導者の方にオススメしたい、「ボトムアップ理論」の名著
  2. 水で濡らして絞って振れば、何度でも冷たくなるタオルが使える
  3. 晴雨兼用のビッグパラソルは、テニス選手なら欠かせないアイテム
  4. プッシュアップバーを使って、テニスに必要なトレーニングを効率化しよう
  5. 夜のランニングのマストアイテム、蛍光色グッズで安全にトレーニングを

関連記事

  1. ボレー

    ボレーが飛ばない人は、どこかで恐怖心を克服しないと

    ネットプレー、ボレーで自分のボールが飛ばないと感じているみなさん。…

  2. テニス 守備

    ボレー

    「クレーコートでのネットプレーのコツ」新時代のテニスに不可欠な戦術を身に付けよう

    一昔前まで、シングルスの試合のネットプレーと言えば画に描いたようなアプ…

  3. テニス スマッシュ

    ボレー

    ネットプレーで、「どんなに打ち込まれても壁のように返し続ける!」ことができれば、相手は勝手に崩れてく…

    ネットプレーでは、様々なシチュエーションでのボレーの技術が求められます…

  4. テニス ボレー

    ボレー

    安定感のあるボレーを継続できる人は、「ラケットを動かし過ぎない」からミスが少ない

    テニスが上手い人に限って、言うセリフってあると思いませんか?私…

  5. テニス メンタル

    ボレー

    「せっかく作ったチャンスを・・・」テニスのハイボレーをふかしてしまう人へ贈る5つのコツ

    相手の強烈なサーブも何とかリターンで返し、ストロークのラリーで徐々に追…

  6. テニス スマッシュ

    ボレー

    ボレーは両手で反応する、から安定感が増す

    ボレーの反応が遅い、という自覚のある人。ぜひ意識して欲しいのは…

特集記事

  1. その他

    テニスの草トー大会ほど、残酷なものは無い
  2. テニス ストローク

    ストローク

    片手バックハンドストロークは、「腕を真っ直ぐ」にすることでパワーアップ!
  3. 戦術

    その場になって考える、ではいつまでも試合で後手に回る
  4. テニス ミス

    リターン

    テニスの試合で、「リターンのネットミスはもったいない!」すぐに改善できる4つの方…
  5. テニス メンタル

    メンタル

    テニスの試合の中で、「グッドショット・リアクション」を無くしていこう
PAGE TOP