ボレー

今一度確認しておきたい、ボレーの基本5つ

試合の中で、ボレーのミスが多い方に。

特にダブルスでは、この差がそのままスコア差になり、勝敗につながりやすいですよね。

だからこそ、意識したい基本のポイント。

「そんなの、言われなくても分かっているよ」という点にこそ、実はみなさんの中でまだ改善の種があるポイント。

しっかり意識するだけで、必ず新しい発見があります。

今回は、5つのポイントを挙げてみます。

みなさんの中で「これだ!」と思ったところから、ぜひ見直してみて下さい。

1.打点を前、肘を前

このポイント、大事です。

恐らく、みなさんが思っているよりも、肘の位置はもっと前で良い。

打点を後ろから見ることが出来るくらい、が理想です。

どうしても、相手のボールに押し込まれがちな場面では、特に意識しましょう。

肘を前にセットして、打点を前にしてさばく意識、大事です。

2.ラケット面は動かさない

これも、試合で意識しましょう。

セットしたラケットを、あまり動かさない。

ラケット面が変わってしまう、最後の打点で操作してしまうと、ミスヒットにつながりやすいのがテニス。

そのまま前に出していく、最後で余計なことをしないように。

ボレーはこれが、基本です。

3.ボールを切り過ぎない

スライス回転をかけようとして、2.でも書いたようにラケットを動かし過ぎない。

特に、肘がら先の動きを入れてしまうと、試合の大事な場面でミスになります。

スライスボレーも、しっかりと厚く当てる意識が大事。

スライスをかけよう、切ろうとせずに、ボールをしっかり厚く捕らえる意識を強く持ちましょう。

4.下がりながら打たない

ボレーも、出来るだけ前に踏み込みながら打つ。

守備的なボレーなら、何とかその場で打つ。

下がりながら打つのは、基本的にはNGという認識でいましょう。

カットボレーや緊急時以外は、ボレーは前に、前に身体全体で上体を起こして打つ。

下がると守備力が高まる、なんてのは幻想です。

相手が打ちやすくなるだけ、ですよ。

5.狙うコースを、ハッキリと

自分の中で、決めておきましょう。

何となく、ではダメ。

相手のコート、どこを狙うのか。

出来るだけ、相手が打つ直前にステップした時には、イメージ出来るように。

中途半端な感じだと、最後に調整したくなりますから。

狙うところから、ネットプレーの精度は上がる。

ハッキリと自分の中で決めて打つ、練習からその癖を付けましょう。

上手い人は、常にシンプル

何も、特別なことはしないんですよね。

丁寧に、早い準備でサッと打つ。

その後の構え直しも、素早い。

だから試合で、ラリーに強いんです。

今一度確認したい、ボレーの基本はすごくシンプル。

何かを新しくやろう、というよりも、今のフォームをシンプルにしていく作業だと思って頂ければ良いかと。

難しくしているのは、きっと自分自身ですから。

ピックアップ記事

  1. 男子シングルスの試合を戦い抜くなら、大量発汗にも耐えうるタオルチョイスを
  2. テニスで肩が上がらない・・・と、苦労する人は「ピイラティス・ポール」がオススメで…
  3. 夏の男性の日焼け止めは、「ギャツビー パーフェクトUV スプレー」が便利
  4. リアクションボールを使って、イレギュラーバウンドへの対応力を磨こう!
  5. 【ご報告】YOUTUBEチャンネル、公開しました!

関連記事

  1. テニス ボレー

    ボレー

    ダブルスのファーストボレー、「コツンと当てる」感じで

    サーブ&ボレー、並行陣、なんだかんだで難しいですよね。サーブを…

  2. テニス ボレー

    ボレー

    「ボレーが上手い人は、ラケットワークが上手い?」その感覚は、捨てましょう!

    ボレーが上手い、流れるようなネットプレーが得意な人は、きっとラケットワ…

  3. テニス ボレー

    ボレー

    ボレーでは、「自分の肘を胸の前の位置に残す」意識で改革しよう

    どんなに意識しても、ボレーでラケットを振ってしまう人。具体的に…

  4. テニス 客観視

    ボレー

    テニスの基本である「低い姿勢」がネットプレーに必要な理由5つ

    「腰を落として!」「膝を曲げて!」日本のテニススクール…

  5. テニス ボレー

    ボレー

    ネットプレーのときに、「片手魔人」になっている人いませんか?

    片手でラケットを持って、構えている人。私はこういう人を、「片手…

  6. テニス メンタル

    ボレー

    テニスの試合で、「ダブルスのサーブ&ボレーの実力」は、2ndボレーの精度で分かる

    ダブルスの試合では、シングルスの試合よりもサーブ&ボレーがやりやすい。…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


特集記事

  1. 戦術

    ミスショット、その要因は3球前にある
  2. テニス リターン

    ボレー

    アプローチショット、「ボレーのフィニッシュイメージも持って」前に出よう
  3. テニス ボレー

    シングルス

    自由度が高いシングルスの試合、実は出来ることってすごく少ないかも知れない
  4. テニス ダブルス

    ボレー

    ボレーの感覚を養えない人は、めちゃくちゃ緩く握って打ってみよう
  5. テニス サーブ

    サーブ

    テニスの試合で勝つには、「サービング・フォー・ザ・セット」を乗り越えないといけな…
PAGE TOP