ボレー

今一度確認しておきたい、ボレーの基本5つ

試合の中で、ボレーのミスが多い方に。

特にダブルスでは、この差がそのままスコア差になり、勝敗につながりやすいですよね。

だからこそ、意識したい基本のポイント。

「そんなの、言われなくても分かっているよ」という点にこそ、実はみなさんの中でまだ改善の種があるポイント。

しっかり意識するだけで、必ず新しい発見があります。

今回は、5つのポイントを挙げてみます。

みなさんの中で「これだ!」と思ったところから、ぜひ見直してみて下さい。

1.打点を前、肘を前

このポイント、大事です。

恐らく、みなさんが思っているよりも、肘の位置はもっと前で良い。

打点を後ろから見ることが出来るくらい、が理想です。

どうしても、相手のボールに押し込まれがちな場面では、特に意識しましょう。

肘を前にセットして、打点を前にしてさばく意識、大事です。

2.ラケット面は動かさない

これも、試合で意識しましょう。

セットしたラケットを、あまり動かさない。

ラケット面が変わってしまう、最後の打点で操作してしまうと、ミスヒットにつながりやすいのがテニス。

そのまま前に出していく、最後で余計なことをしないように。

ボレーはこれが、基本です。

3.ボールを切り過ぎない

スライス回転をかけようとして、2.でも書いたようにラケットを動かし過ぎない。

特に、肘がら先の動きを入れてしまうと、試合の大事な場面でミスになります。

スライスボレーも、しっかりと厚く当てる意識が大事。

スライスをかけよう、切ろうとせずに、ボールをしっかり厚く捕らえる意識を強く持ちましょう。

4.下がりながら打たない

ボレーも、出来るだけ前に踏み込みながら打つ。

守備的なボレーなら、何とかその場で打つ。

下がりながら打つのは、基本的にはNGという認識でいましょう。

カットボレーや緊急時以外は、ボレーは前に、前に身体全体で上体を起こして打つ。

下がると守備力が高まる、なんてのは幻想です。

相手が打ちやすくなるだけ、ですよ。

5.狙うコースを、ハッキリと

自分の中で、決めておきましょう。

何となく、ではダメ。

相手のコート、どこを狙うのか。

出来るだけ、相手が打つ直前にステップした時には、イメージ出来るように。

中途半端な感じだと、最後に調整したくなりますから。

狙うところから、ネットプレーの精度は上がる。

ハッキリと自分の中で決めて打つ、練習からその癖を付けましょう。

上手い人は、常にシンプル

何も、特別なことはしないんですよね。

丁寧に、早い準備でサッと打つ。

その後の構え直しも、素早い。

だから試合で、ラリーに強いんです。

今一度確認したい、ボレーの基本はすごくシンプル。

何かを新しくやろう、というよりも、今のフォームをシンプルにしていく作業だと思って頂ければ良いかと。

難しくしているのは、きっと自分自身ですから。

ピックアップ記事

  1. T-PRESS 読者アンケートにご協力をお願いします
  2. 雨でコートが濡れていてもテニスがしたい!方にお勧めの「ウォーターバキューマー」
  3. iphoneでテニス動画を撮影するなら、三脚ホルダーのスマホスタンドを使おう!
  4. テニス選手としての「肩の痛み」を改善するには、寝る時の姿勢を変えないと
  5. 素振りでパワーアップを図るなら、「バナナウェイト」を使ってみよう

関連記事

  1. テニス ダブルス

    ボレー

    こねればこねる程、ボレーは点でしか合わせられなくなる

    ボレーに安定感が無い人は、何を変えていけば良いのか。この問題は…

  2. テニス ストローク

    ボレー

    試合に勝ちたければ、「角度を付けるボレー」を打つ勇気を持つこと

    試合で勝つために、必要な技術。たくさんあるようで、実はそれほど…

  3. テニス ロブ

    ボレー

    ボレーは、少しボールの下を触って山なりに

    試合で勝つために、必要なボレー。もしかしたら、それはアナタ自身…

  4. テニス ロブ

    ボレー

    ネットにいる相手に向かって、沈めて前に出る勇気を持てる選手は強い

    「あ、この人は試合慣れしているな」と、感じるプレー。みなさんは…

  5. テニス ストローク

    ボレー

    ポジショニングが上手いネットプレイヤーは、「相手にあえてショートクロスを打たせて」仕留めるのが上手い…

    ネットプレーが上手い選手を相手にしたときに、ポジショニングでプレッシャ…

  6. テニス ボレー

    ボレー

    毎回毎回、「前に踏み込むボレー」なんて、試合では無理です

    より、実戦的に考えるなら、ボレーはどうあるのが望ましいでしょうか?…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


特集記事

  1. テニス サイト

    メンタル

    テニスのように、プレーとプレーの途中に「間」が多い競技では、その時間をどういう意…
  2. テニス テニスノート

    日々の雑記

    歳を取れば、テニスについて本気で叱ってくれる人はいなくなる
  3. テニス トレーニング

    その他

    テニスに必要なトレーニングは、「ショット別に目的を落とし込む」ことで意欲も高まる…
  4. テニス メンタル

    シングルス

    シングルスの試合では、「精神的に自分が落ち着ける場所」をコート後方に作りましょう…
  5. その他

    「上級生について行けば良い」という考えは止めよう
PAGE TOP