ボレー

今一度確認しておきたい、ボレーの基本5つ

目次

試合の中で、ボレーのミスが多い方に。

特にダブルスでは、この差がそのままスコア差になり、勝敗につながりやすいですよね。

だからこそ、意識したい基本のポイント。

「そんなの、言われなくても分かっているよ」という点にこそ、実はみなさんの中でまだ改善の種があるポイント。

しっかり意識するだけで、必ず新しい発見があります。

今回は、5つのポイントを挙げてみます。

みなさんの中で「これだ!」と思ったところから、ぜひ見直してみて下さい。

1.打点を前、肘を前

このポイント、大事です。

恐らく、みなさんが思っているよりも、肘の位置はもっと前で良い。

打点を後ろから見ることが出来るくらい、が理想です。

どうしても、相手のボールに押し込まれがちな場面では、特に意識しましょう。

肘を前にセットして、打点を前にしてさばく意識、大事です。

2.ラケット面は動かさない

これも、試合で意識しましょう。

セットしたラケットを、あまり動かさない。

ラケット面が変わってしまう、最後の打点で操作してしまうと、ミスヒットにつながりやすいのがテニス。

そのまま前に出していく、最後で余計なことをしないように。

ボレーはこれが、基本です。

3.ボールを切り過ぎない

スライス回転をかけようとして、2.でも書いたようにラケットを動かし過ぎない。

特に、肘がら先の動きを入れてしまうと、試合の大事な場面でミスになります。

スライスボレーも、しっかりと厚く当てる意識が大事。

スライスをかけよう、切ろうとせずに、ボールをしっかり厚く捕らえる意識を強く持ちましょう。

4.下がりながら打たない

ボレーも、出来るだけ前に踏み込みながら打つ。

守備的なボレーなら、何とかその場で打つ。

下がりながら打つのは、基本的にはNGという認識でいましょう。

カットボレーや緊急時以外は、ボレーは前に、前に身体全体で上体を起こして打つ。

下がると守備力が高まる、なんてのは幻想です。

相手が打ちやすくなるだけ、ですよ。

5.狙うコースを、ハッキリと

自分の中で、決めておきましょう。

何となく、ではダメ。

相手のコート、どこを狙うのか。

出来るだけ、相手が打つ直前にステップした時には、イメージ出来るように。

中途半端な感じだと、最後に調整したくなりますから。

狙うところから、ネットプレーの精度は上がる。

ハッキリと自分の中で決めて打つ、練習からその癖を付けましょう。

上手い人は、常にシンプル

何も、特別なことはしないんですよね。

丁寧に、早い準備でサッと打つ。

その後の構え直しも、素早い。

だから試合で、ラリーに強いんです。

今一度確認したい、ボレーの基本はすごくシンプル。

何かを新しくやろう、というよりも、今のフォームをシンプルにしていく作業だと思って頂ければ良いかと。

難しくしているのは、きっと自分自身ですから。

ピックアップ記事

  1. 大会シーズンに準備したい、サンバイザー5選
  2. 寒くなっても清潔感は保ちたい、テニスプレイヤーのみなさんに
  3. TOALSON(トアルソン) スイートエリアラケット、これは使える
  4. 一人でも出来る、テニス選手に必要なトレーニングで鍛えよう!
  5. テニス選手の熱中症・痙攣対策に、ミニクーラーボックスは必需品!

関連記事

  1. テニス ボレー

    ボレー

    毎回毎回、「前に踏み込むボレー」なんて、試合では無理です

    より、実戦的に考えるなら、ボレーはどうあるのが望ましいでしょうか?…

  2. テニス メンタル

    ボレー

    テニスの試合の中で、「ネットプレーを磨きたいけど、ポジションがよく分からない…」人は、はっきりメリハ…

    テニスの試合、特に学生の大会ではストローク技術が主体となる傾向が強い。…

  3. テニス ダブルス

    ボレー

    速いボールをブロックボレー、で返球するコツ5つ

    テニスの試合の中で、難しいのがこの技術。相手のボールが速い時に…

  4. ボレー

    「サーブ&ボレー、見習い中」テニスの試合ではまずやってみることが相手へのプレッシャーの第一歩!

    大阪にある府立北かわち皐ヶ丘高校で、2カ月に一回くらい授業をしている。…

  5. テニス ダブルス

    ボレー

    サーブ側の前衛は、短距離選手のイメージで

    ダブルスの試合で、相手の嫌なプレー。それは、前衛がどんどん動い…

  6. テニス ポジショニング

    ボレー

    ダブルスの試合の前衛で、「ストレートも守れてポーチにも出れる」魔法のフットワークとは?

    ダブルスの前衛で、結局ポーチに出れないし、ストレートも抜かれる・・・。…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


特集記事

  1. ダブルス

    リターンゲームで、ストレートへ打つタイミングは?
  2. その他

    テニスの基本グリップは、小指を余らせるとリラックス出来てショットが伸びる
  3. テニス 錦織圭

    Q&A

    Q&A「バックハンドストロークが、片手か両手か定まりません・・・」
  4. テニス ストローク

    ストローク

    硬式テニスの試合では「薄いグリップで粘るスライス」を身に付けないと、守備範囲が拡…
  5. テニス メンタル

    メンタル

    強いテニス選手になりたいなら、「ドローを見て自分の行く末を予想する」癖を無くしま…
PAGE TOP