テニス ボレー

ボレー

ボールの軌道に先回り、がボレーの基本中の基本

ボレーはシンプルに、出来るだけラケットを動かさないこと。

この基本をしっかり実践するなら、意識はここに置いておきたい。

つい、慌ててラケットを振ってしまう人は、このキーワードでネットに出ましょう。

「先回り」すれば怖く無いですから。

 

ボールの軌道に先回り、がボレーの基本中の基本

 

1.上手いネットプレー、どんなイメージ?

みなさんが試合をしたり練習する中で、上手い相手ってどんなイメージでしょう。

ネットに出て、ボレーを決められるとき。

きっと、パワーじゃないと思うんですよね。

力強いボレー、はあくまで結果的にそう見えるだけ。

もっとその前段階、で優れたポイントがあるはず。

そう、先回りです。

打った先に、常に先回りしている。

そんなネットプレー、試合で出来れば理想じゃないですか?

 

2.相手が打った瞬間に、どこにラケットを出すのか?

ネットプレー、この反応が速ければまずミスは減る。

しっかりと、早くラケットをセットする。

相手が打ったと同時に、もうラケットを準備してセット、その形を癖付ける。

どこでボールを打つのか、を相手が打ってからすぐにイメージする癖が大事なんです。

それは、遅いボールでも一緒ですよ。

遅いボールの時って、ゆったり待ってしまうじゃないですか。

ゆったり待っている間に、実は出来ることがある。

ラケットセットをして、待つ。

先回りして待ち構えること、を意識してみて下さい。

 

3.相手のボールの変化、を予測しよう

強い相手なら、当然ボールを変化させて来る。

アナタがネットに出ても、何も恐れずにスピンで足下に沈めたり、スライスでも沈めて来るでしょう。

アナタ自身がボレーし辛いところ、を狙って来るのは当たり前。

だからこそ、ボールの変化を予測してラケットをセットする。

「これくらい、ボールは落ちて来るな」と感じること、が大事なんです。

ほとんどの人は、ボールの変化に合わせてラケットを下げながら準備する。

それだと、もう遅い。

ボールが変化するのは分かっている、だから先にラケットを準備して先回りしておく、ことが大事なんです。

 

4.変化に強いネットプレイヤー、になろう!

とにかく、アナタ自身が強くなること、です。

試合に強い人は、変化に強い。

変化とは、ボールの軌道の変化です。

ネットプレイヤーなら、変化球打ち、に強くならないと上に勝ち上がれない。

勝ち上がりたければ、この先回りの術を身に付けるしかないんです。

それくらい、私はネットプレーで大切なポイントだと思いますよ。

 

手首の形まで、決めて待つ。

先回りして待ち構える、ことが出来るようになるとボレーはどこにでも打ちやすくなる。

沈んでくるボールも、怖く無い。

並行陣に必要なボレー、ぜひ磨いて試合で勝ち上がっていきましょう!

ピックアップ記事

  1. テニスのフットワークを支える足元の秘密は、スーパーフィートのインソール
  2. 寒くなる前に購入マスト、なテニス選手に最適なベンチコート3選
  3. 「テニスラケット専用ウェイトボール」を使えば、素振りでのパワーアップも可能に!
  4. テニス選手として必要な、「オーラルケア」と栄養素について
  5. テニスの試合で勝ちたい男子選手に、オススメのゲームウェア

関連記事

  1. テニス ストローク

    ボレー

    試合に勝ちたければ、「角度を付けるボレー」を打つ勇気を持つこと

    試合で勝つために、必要な技術。たくさんあるようで、実はそれほど…

  2. ボレー

    今一度確認しておきたい、ボレーの基本5つ

    試合の中で、ボレーのミスが多い方に。特にダブルスでは、この差…

  3. テニス ストローク

    ボレー

    バックハンドボレーは、スライス?フラット?

    今回、アンケートのご質問の中から。バックハンドボレーの当たり、回転…

  4. テニス ボレー

    ボレー

    自分がネットに出たときに「ボディ正面を突かれたとき」の為に、対処ボレーを覚えておくと便利!

    ネットプレーに苦手意識のある方の多くが、「身体の正面」に来たボールの処…

  5. ボレー

    「ネットにガン詰めしたボレー」とストロークのラリー練習、は試合を想定すると無意味です

    先日あるテニスコートで練習している風景を観て、感じた疑問。ボレ…

  6. ボレー

    ドロップボレーに、タッチ感覚って必要?

    「私はセンスが無くて…ドロップ系のボールが、打てません」とい…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


特集記事

  1. テニス 気付き
  1. 戦術

    プレッシャーになっていない、ただの自己満じゃない?
  2. テニス メンタル

    メンタル

    テニスの大会は、「個人戦こそ、団体戦である」と心得よう
  3. サーブ

    「サーブの安定感は前足から」身体の開きを抑えて土台を残す意識が、試合で使えるサー…
  4. その他

    「試合に出続けながら苦しもう」スペインテニス界のトーナメント事情
  5. テニス メンタル

    フットワーク

    テニスの試合で「ボールへの反応を速くしたい!」と思う人に贈る4つのヒント
PAGE TOP