テニス ストローク

ボレー

ネットプレーで必要な、「スピン回転で沈んでくるボール」を、なぜスライスでボレーするのが難しいのか?

スピンで足元に沈んでくるストロークを、ボレーで返球するのは難しい。

難しいと分かっているけど、このプレーができないとサーブ&ボレーや並行陣のプレーが出来ず、ずっと体力勝負のベースラインプレイヤー、または雁行陣でのテニスになってしまいます。

色々とポイントはありますが、今回は意外と知られていない「回転の向き」について。

卓球を経験されていた方ならピンとくるかと思いますが、実はテニスにも回転をしっかり把握して「どういった回転で返球すれば、打ちやすいのか?」について考えてみましょう。

 

ネットプレーで必要な、「スピン回転で沈んでくるボール」を、なぜスライスでボレーするのが難しいのか?

 


 

1.回転の向きを理解しないと、ボールは飛ばない

テニスでは、ボールの回転を正しく把握しないといけません。

スライス、スピンではボールの速度も違うし、バウンド後の変化も全く違いますよね。

「ボレーだから、関係無いっしょ」って思った方は、意識が甘い。

ボレーはスライスが基本ですが、今回のようなスピン回転がかかっている場合は難しい。

その理由について、改めて考えてみましょう。

 

2.同じ方向に回転をかけようとすると、難しいんです

回転を同じ方向にかける、のイメージ湧きますか?

スピンのボールが自分に向かってくるとき、それは上から下にボールが回転している状態。

だからこそ、「カクン」と落ちるような変化が生まれるんですね。

これをボールの下からスライスをかける、つまりは既にある回転と同じような方向に、ボールをこすっていくような感じになると、何が起きるか・・・?

ほとんど「当たっている感じがしない」ようになってしまいます。

しっかり当たったと思うと、上にポワーンと飛んでしまう。

そんな経験、ありませんか?

 

3.沈むボールのボレーは、フラット気味に当ててみる

私はこんなとき、スライスをかけ過ぎないように少しフラット気味に当てるようにしています。

グリップは同じコンチネンタルグリップで、手のひらを相手側に向けるようにして、スライス回転をかけ過ぎないように意識する。

これだけで、だいぶボールを飛ばしやすくなります。

実際の試合では、こういった「沈められる」場面は結構厳しい局面。

まずはしっかり返球できるように、ボールスピードを抑えて安全策を取りたい。

その為にも、スピンで沈められたときのボレーには注意が必要です。

 

細かい技術ですし、文章で説明するのは本当に難しいですね。

人によっては、「沈められても、全然スライスでボレーできる!」という人もいると思います。

コツは人それぞれ、掴んでいくものですのでアナタ自身で色々と、ぜひ試してみて下さい。

良い感覚を身に付けるには、時間がかかります。

それでもプレーの幅を広げる為には、この回転を理解したうえでのボレーの調整は必要ですので、覚えておいて下さい。

ピックアップ記事

  1. テニスの合宿・遠征に大活躍なのは、消臭ランドリーバッグ
  2. 一人でも出来る、テニス選手に必要なトレーニングで鍛えよう!
  3. ベイビーステップ 46巻 は、シングルスの試合の駆け引きの描写が秀逸
  4. いつからヨネックスのシューズは、こんなにカッコ良くなったんだろう
  5. 「テニスラケット専用ウェイトボール」を使えば、素振りでのパワーアップも可能に!

関連記事

  1. テニス ストローク

    ボレー

    ドロップボレー成功の秘訣は、逆クロスのコースに有り!

    テニスの技術の中でも、トップクラスに難しい技術。それはドロップ…

  2. テニス リターン

    ボレー

    ボレーは「グリップの握り込むタイミング」で伸びが変わる!意識したいポイントは?

    ボレーに苦手意識がある人は、まずグリップの握るタイミングを意識してみる…

  3. ボレー

    浮かないボレーこそ、試合で使える実戦向きなショット

    ボレーを浮かないように、コントロールし続けること。試合に出てい…

  4. ボレー

    ボレーをふかし気味にアウトばかりしてしまう人は、「準備でラケットを上げる高さ」が足りない

    ボレーがどうしても、アウトしてしまうことが多い方は、準備に問題がある。…

  5. テニス ボレー

    ボレー

    試合で使える「バックボレーの抑え」を効かせる5つのコツ

    グッと抑えの効いたバックボレー、試合で打ちたいですよね。スライ…

  6. テニス ボレー

    ボレー

    ボールの軌道に先回り、がボレーの基本中の基本

    ボレーはシンプルに、出来るだけラケットを動かさないこと。この基…

特集記事

  1. テニス 準備

    その他

    テニスの試合中にボールがとなりのコートに入っても、慌てて取りに入ってはいけない
  2. テニス 陸上

    戦術

    楽して勝つのが許せない、という人は生涯トーナメントを勝ち抜けない
  3. フットワーク

    「パワーとスピードを生み出す関節の使い分け」身体を理解してテニスの動きを身に付け…
  4. テニス サーブ

    サーブ

    「パッと見、凄いサーブだけど実は試合で使えない」残念なサーブの特徴5つ
  5. テニス ストローク

    シングルス

    「相手のストロークがとにかく速くて対応出来ない!」ときに意識したい、4つのポイン…
PAGE TOP