テニス ストローク

ボレー

ネットプレーで必要な、「スピン回転で沈んでくるボール」を、なぜスライスでボレーするのが難しいのか?

スピンで足元に沈んでくるストロークを、ボレーで返球するのは難しい。

難しいと分かっているけど、このプレーができないとサーブ&ボレーや並行陣のプレーが出来ず、ずっと体力勝負のベースラインプレイヤー、または雁行陣でのテニスになってしまいます。

色々とポイントはありますが、今回は意外と知られていない「回転の向き」について。

卓球を経験されていた方ならピンとくるかと思いますが、実はテニスにも回転をしっかり把握して「どういった回転で返球すれば、打ちやすいのか?」について考えてみましょう。

 

ネットプレーで必要な、「スピン回転で沈んでくるボール」を、なぜスライスでボレーするのが難しいのか?

 


 

1.回転の向きを理解しないと、ボールは飛ばない

テニスでは、ボールの回転を正しく把握しないといけません。

スライス、スピンではボールの速度も違うし、バウンド後の変化も全く違いますよね。

「ボレーだから、関係無いっしょ」って思った方は、意識が甘い。

ボレーはスライスが基本ですが、今回のようなスピン回転がかかっている場合は難しい。

その理由について、改めて考えてみましょう。

 

2.同じ方向に回転をかけようとすると、難しいんです

回転を同じ方向にかける、のイメージ湧きますか?

スピンのボールが自分に向かってくるとき、それは上から下にボールが回転している状態。

だからこそ、「カクン」と落ちるような変化が生まれるんですね。

これをボールの下からスライスをかける、つまりは既にある回転と同じような方向に、ボールをこすっていくような感じになると、何が起きるか・・・?

ほとんど「当たっている感じがしない」ようになってしまいます。

しっかり当たったと思うと、上にポワーンと飛んでしまう。

そんな経験、ありませんか?

 

3.沈むボールのボレーは、フラット気味に当ててみる

私はこんなとき、スライスをかけ過ぎないように少しフラット気味に当てるようにしています。

グリップは同じコンチネンタルグリップで、手のひらを相手側に向けるようにして、スライス回転をかけ過ぎないように意識する。

これだけで、だいぶボールを飛ばしやすくなります。

実際の試合では、こういった「沈められる」場面は結構厳しい局面。

まずはしっかり返球できるように、ボールスピードを抑えて安全策を取りたい。

その為にも、スピンで沈められたときのボレーには注意が必要です。

 

細かい技術ですし、文章で説明するのは本当に難しいですね。

人によっては、「沈められても、全然スライスでボレーできる!」という人もいると思います。

コツは人それぞれ、掴んでいくものですのでアナタ自身で色々と、ぜひ試してみて下さい。

良い感覚を身に付けるには、時間がかかります。

それでもプレーの幅を広げる為には、この回転を理解したうえでのボレーの調整は必要ですので、覚えておいて下さい。

ピックアップ記事

  1. 塗り直し不要で、男性にもお勧めの日焼け止め 「ビオレUV アクアリッチ」
  2. テニスの合宿・遠征に大活躍なのは、消臭ランドリーバッグ
  3. テニスの試合に強くなりたい人が読んで欲しい漫画、「アルキメデスの大戦」
  4. 今年も半分が過ぎましたので、アンケートを実施させて頂きます
  5. テニスの試合、急な怪我でも安心!準備しておきたい応急処置グッズ5つ

関連記事

  1. テニス ボレー

    ボレー

    頭が突っ込んだボレーになったときには、「最後に手首の形だけしっかり作る」ことでネットは超える

    態勢を崩されても、しっかりボレーを返球する。低い打点でも、しっ…

  2. テニス ボレー

    ボレー

    ボレーでラケットを引いてしまう人は、「自分の肘を胸の前の位置に残す」意識で改革しよう

    どんなに意識しても、ボレーでラケットを振ってしまう人。具体的に…

  3. テニス ボレー

    ボレー

    低い位置のボレーを切ってしまう人は、実はコントロールが難しい

    ボレーは少しだけ、スライス回転をかける。確かに、これは硬式テニ…

  4. テニス リターン

    ボレー

    逆クロス方向へのボレーは、「打点が前」だと打ち辛い

    ボレーはとにかく、打点を前に!これは、正しいようで、少し誤解の…

  5. テニス ストローク

    ボレー

    ポジショニングが上手いネットプレイヤーは、「相手にあえてショートクロスを打たせて」仕留めるのが上手い…

    ネットプレーが上手い選手を相手にしたときに、ポジショニングでプレッシャ…

  6. テニス ボレー

    ボレー

    テニス初心者でも理解しておきたい、「グリップを握る強さ」で、ボールの反発力は変わるということ

    勘の良い人は、気付いているこの件。グリップを握る強さ、皆さんは…

特集記事

  1. テニス メンタル
  1. テニス メンタル

    練習メニュー

    本当に「キツイ」テニスの練習は、体力的なキツさだけじゃない
  2. テニス 環境

    フットワーク

    テニスというスポーツでは、「フライングスタート」は反則ではありません
  3. テニス 戦術

    シングルス

    シングルスの試合でミスが早い人は、オープンコートを意識し過ぎかも
  4. テニス ストローク

    ボレー

    ネットに詰めてブロックボレー、試合でもっと使っていこう
  5. ボレー

    シングルスで「いきなり相手がボレーに出てきても、慌てない!」正面への緩いショット…
PAGE TOP