テニス テイクバック

ボレー

スライスで追い込んでロブケア、はネットプレーの基本戦術

なかなか前に出る自信が無い、並行陣も難しいという方。

きっと、この基本意識だけで大丈夫だと思いますよ。

私たちの試合では、スライスを上手く使えばネットプレーは楽になる。

強引なパッシングショット、無理して来る相手にはどんどん自滅してもらいましょう。

 

スライスで追い込んでロブケア、はネットプレーの基本戦術

 

1.深いスライスボレー、なかなか強打出来ないはず

みなさんも、そうだと思います。

相手が前に出て来る、深いスライスのボレーやアプローチショットが来ると・・・どうでしょう。

なかなか、強引に打っていくのは難しいですよね。

パッシングショットを打たれて抜かれる、なら相手はかなりハイレベル。

でも、ダブルスでもそうですが、結構「ロブ」だけケアしておけば大丈夫。

現実的に、私たちの試合はこれで良いと思いますよ。

 

2.しっかり前に出るようにみせかけて、実は出過ぎない

これも、一種の心理戦です。

アプローチ、からしっかり前に出ていく姿を相手に見せる。

そして、相手がボールに目線を移した段階で、少しだけ下がる、ロブケアのポジションを取る。

シングルスでもダブルスでも、とても使える作戦だと思います。

ここで打って来る、ような相手ならしっかり前に詰める。

でも、ほとんどの選手がロブで逃げて来るはずです。

待ち構えてしっかりスマッシュ、を打てれば大丈夫でしょう。

 

3.プロ選手のイメージが強過ぎ?かも

私もそうなんですが、どうしてもプロ選手のシングルスの試合を観ていると・・・「抜かれまくりだな・・・」と思ってしまう。

ネットプレー受難の時代、ですからね。

このイメージが強過ぎると、つい私たちも前に出るのが怖くなりますよね。

でも、これはプロ選手のスウィングスピード、ストローク力があってのこと。

綺麗なパッシングショットは、私たちの試合では基本捨てる。

これで充分だと思います。

 

4.相手のグリップを要チェック!

自分がスライスのボレー、アプローチを打って、相手のグリップを見る。

これは、基本です。

スライスのグリップに持ち替えたら、すぐにロブケア!

トップスピンロブの可能性があるのは、後ろ足体重、の時ですね。

グリップやスタンス、を相手が打つ前にチェックする癖を付けると、ネットプレーでも楽に戦えます。

ヒントは、必ず相手が持っていますから。

ぜひ、意識して攻撃していってみて下さい。

 

ネットプレーは、やればやるだけ上手くなる。

それも、観察力が付くんですよね。

もちろん、自分のラケットワークの技術も大事ですが、観察力を付けることで先読み出来る。

スライスを打ってロブケア、でまずは慣らしていってみて下さい。

ピックアップ記事

  1. テニスの試合に強くなりたい人が読んで欲しい漫画、「アルキメデスの大戦」
  2. TOALSON(トアルソン) スイートエリアラケット、これは使える
  3. 大会シーズンに準備したい、サンバイザー5選
  4. ヨネックスの新作ラケット、Vコアのハイスピンテクノロジーによる超高弾道は本物だっ…
  5. 水で濡らして絞って振れば、何度でも冷たくなるタオルが使える

関連記事

  1. テニス メンタル

    ボレー

    女性でもシニアの方でも試合で楽に打てる、ドロップボレーは先にラケットセット型で!

    アンケートでご相談頂いた内容の中で頂いた、「ドロップボレーが上手く打て…

  2. ボレー

    ボレーがすぐに浮いて攻められる、人はどうすれば良い?

    試合ですぐに、自分のボレーが浮いてしまう。それが怖くて、なかな…

  3. ボレー

    成長するとは、受け入れるということ

    私自身、振り返ってみて感じること。テニスが成長出来た時期って…

  4. テニス ボレー

    ボレー

    ネットから少しでも離れると、それを超えないといけないプレッシャーが生じる

    テニスの試合のネットって、みなさん高いと思いますか?これって、…

  5. テニス ストローク

    ボレー

    沈められたボールを深くボレー、って、いつもアウトばかりじゃない?

    深いボレー、それはテニスの基本・・・。確かに、テニススクールで…

  6. テニス サーブ

    ボレー

    ハイボレーは下に叩き付ける、のではなくまっすぐ打って重力でコートに入れるくらいのイメージで充分

    ハイボレー、頭より高い位置のボレーは皆さんどうでしょうか?結構…

特集記事

  1. テニス メンタル

    メンタル

    結果を出せるテニス選手になりたければ、「うろたえ癖」を解消する必要があります
  2. テニス 環境

    ボレー

    ネットプレーで、「攻撃している時に視野が狭くなる」自分に気付ければ強くなれる
  3. リターン

    「何だ、このサーブ楽勝じゃん」と思った試合ほど、危ない
  4. テニス 雪

    練習メニュー

    「挑戦するキャプテン、しないキャプテン」によって、チームの挑戦力の絶対量は決まる…
  5. ボレー

    シングルスの試合でのネットプレーは、逆を突かれて全然OK
PAGE TOP