スマッシュ

テニスで「スマッシュが上手い人が意識していること」で応用が効く技術5つ

テニスの試合では色々なショット、技術が求められます。

では、その人の実力がダイレクトに反映されやすい技術があるとしたら、それは何でしょうか。

筆者が10年以上前に習っていたコーチ曰く、それは「スマッシュ」だとか。

確かに大会を勝ち抜いていく選手で、スマッシュが極端に苦手という選手は少ない気がします。

今回はそのスマッシュが得意な人、ポイントを取りきれる人が普段意識しているポイントを探ってきました!

 

テニスで「スマッシュが上手い人が意識していること」で応用が効く技術5つ

 


 

1.グリップチェンジを使い分ける

ロブの軌道や自分のいる位置によって、打つスマッシュは多種多様に変化します。

決めるのか、繋ぐのか、相手をコートの外に追いやるのか。

その為には回転をかけたりフラットに当てたりと、かなりの頻度でグリップチェンジが求められます。

それを瞬時に判断するのは難しいですが、まずは皆さんでも深い位置から回転をかける薄いグリップと、ネット近くで打つときに厚めのグリップの2種類は使い分けられるようにしましょう。

2.最も意識するのはポジショニング

これが大事だと念を押されたのを覚えています。

いかに相手がロブを上げる前に、一歩目を早く動けるか。

深いロブをスマッシュで打つには、スタートダッシュと打たれてからの無駄の無い動きの両方が必要です。

ここでお勧めしたいのが、思い切ってボールから一度目線を切ってしっかり下がること。

初見の感覚と実際の落下点のギャップが少なくなるよう、反復練習して見に付けることをお勧めします!

3.前衛にいるときには、積極的にフェイントでストレートロブを誘う

「あの人は上強いのに、なんで自分はロブ上げちゃうんだろう・・・」

そう感じている人がいれば、それは相手に上げさせられていると思ったほうが吉。

スマッシュが得意な人はフットワークが良いので、わざと前に出てロブを誘って仕留める、という練習を繰り返ししています。

特に身長が低い選手は、逆に利用してこの作戦を使いやすいですね。

4.テニス=ゴールゲットスポーツという意識

これはメンタル的な話になりますが、テニスのようにネットを挟んだスポーツ。

どうしても「1球でも多く返球すれば勝ち」という意識が生まれやすいです。

もちろん、この意識はすごく大切ですし、実際の草トーナメントではこの作戦に徹して粘り強く勝ち続けている選手も多いです。

しかしどこかで、「自分でゴールを決める」ことも大切。

それによって相手に対するプレッシャーをかけ、より粘りのプレーも生きてくるはずです。

まずは失敗しても良いので、「自分から打ち切る」ことを意識して深いロブも追ってみてください。

もしミスになっても、相手としては打ってくる選手のほうが嫌なものです。

 

スマッシュはなかなか練習もし辛く、試合でも打つ機会も多くない・・・と思われて、見落とされがちなショットかも知れません。

しかしどんなに良いサーブやリターン、ストロークやボレーで追い込んでも・・・。

スマッシュが打てなければポイントを締められませんよね。

この機会に苦手意識を持っている人は、ちょっとしたヒントを実践してみて、試合でトライしてみて下さい。

ピックアップ記事

  1. これからの暑い時期にあると便利な、「高速製氷機」とは?
  2. 「テニスラケット専用ウェイトボール」を使えば、素振りでのパワーアップも可能に!
  3. テニスの試合に持参するジャグボトルは、「サーモス スポーツジャグ 1.9L」くら…
  4. 寒くなる季節の変わり目に、テニスの試合で折り畳み式ブランケットは欠かせない
  5. 汗でグリップが滑りやすい人は、「Prince Grip Plus」がオススメ

関連記事

  1. テニス フットワーク

    スマッシュ

    相手にスマッシュで打ち込まれそうなときは、とにかく一度止まって構えよう

    守備が上手い選手は、試合で変な負け方はしない。スマッシュを打ち…

  2. テニス 練習

    スマッシュ

    「ネットからの距離」によって、テニスの試合で求められるスマッシュの種類は違います

    スマッシュはテニスの攻撃の花形ショット。当然決めればかっこいい…

  3. テニス スマッシュ

    スマッシュ

    テニス初心者が身に付けたい、「スマッシュの基本」4つ

    この春から、新しくテニスを始める方も多いはず。テニスのショット…

  4. テニス ダブルス

    スマッシュ

    センターロブは早めの声掛けで、スマッシュチャンスを逃さない!

    ダブルスで2人がネットに付く並行陣でプレーをしていると、2人の間に上が…

  5. スマッシュ

    コートに叩きつけるスマッシュやハイボレーは、「インパクトと同時にラケットを引く」感覚でちょうど良い

    ネット際のチャンスボール、皆さんはどんなイメージで打ち切っていますか?…

  6. スマッシュ

    風が強い日のテニスの試合では、ある作戦を実行することで「相手を窮地に」追い込めるでしょう

    風が強い日の試合、アナタは思い通りのテニスが出来ますか?自信が…

特集記事

  1. テニス メンタル
  1. テニス スマッシュ

    戦術

    スライスのストロークを覚えると、自然に身につく5つの技
  2. テニス ダブルス

    リターン

    ダブルスの試合で、リターンにロブを混ぜていくために必要な意識4つ
  3. テニス アイシング

    テニス知識

    ミズノ社製のアイスマットを使えば、夏場の厳しい試合も乗り越えられるはず
  4. テニス コントロール

    ボレー

    試合で使えるネットプレーでのコントロールは、「コート全体の1/64」を最低限の目…
  5. テニス サーブ

    メンタル

    「自分はメンタルが弱い」と思っているなら、「メンタルの強さ」が求められる場面を作…
PAGE TOP