テニス ロブ

スマッシュ

スマッシュをしっかり振り切れば、相手はロブという選択肢が無くなる

スマッシュが苦手な人は、どうしても打とうとして任せる・・・ハイボレーでカット・・・。

それでも女子ダブルスでは粘りで勝てるような試合もあるでしょうが、まずスマッシュをしっかり打つ、ことの重要性を認識して欲しい。

ロブを打たれる、その原因はアナタ自身にあるのです。

 

スマッシュをしっかり振り切れば、相手はロブという選択肢が無くなる

 

ネットに詰めてるから、ロブが来る?

ちょっと、違うと思います。

だって、試合に強い相手って、ネットに詰めていてもしっかり下がってスマッシュを打てる。

ロブを誘うように、あえて前にいることも出来ますからね。

ロブを上げられる相手って、「スマッシュを嫌がっている」ような対戦相手じゃないですか?

後ろに下がって打つ、という発想、勇気が無い人。

そんな人が、いつまでもロブの鴨にされていくのです。

 

失敗してもスマッシュを振り切っていこう

後衛に任せない、自分で振り切るスマッシュ、を見せておく。

この姿勢こそ大事。

逆の立場に立って考えると、自分が上げたロブをスマッシュでしっかり打たれると・・・それだけで、嫌じゃないですか?

例えミスしても、また次ロブを上げるということは、なかなか出来なくなるはずです。

ここに、前衛、ダブルスプレイヤーとしての本質が現れる。

それくらの覚悟を持って、スマッシュをどんどん振っていきましょう。

 

結局選手は、スマッシュを「打つ選手」か「打たない選手」しかいない

ダブルスの試合、よく観察してみて下さい。

究極、この2種類の選手しか試合会場にはいません。

スマッシュを打つ選手か、打たない選手か。

試合中に変わること、はまず無いでしょう。

スマッシュを打つ選手に対しては、ロブという選択肢は取れなくなる。

結果的に強引なストレートアタックや沈めるボールが必要となって、ストローク側の選手が自滅していくのです。

 

人はみな、それぞれプレーのメンタリティーが違う。

ミスを恐れている人は、まずスマッシュを打たないですからね。

後衛に任せてチェンジ・・・で、プレーした気分になっている。

もしかしてアナタ自身、そんなプレイヤーになってはいませんか?

ピックアップ記事

  1. 会社にも持っていける、社会人にオススメのラケットバッグ
  2. テニスの試合に勝てるようになる為に、読むべき名著10選
  3. 真夏のテニスの試合に必要な、熱中症対策のマストアイテム5つ
  4. 学生さんや社会人プレイヤーにもお勧め!「タッチ系テニス」に適したガット3選
  5. テニスの試合、急な怪我でも安心!準備しておきたい応急処置グッズ5つ

関連記事

  1. テニス メンタル

    スマッシュ

    スマッシュ練習で必要な奥に深く打つ意識は、まずは「アウトを怖がらない姿勢」から養おう

    スマッシュのレベル、はどこで測るのか。私は一つの基準として、し…

  2. テニス ストローク

    スマッシュ

    「下がらないから打てないだけ」テニスでスマッシュに苦手意識がある人の一番の特徴

    ダブルスの試合で、せっかく攻撃的な前衛のポジションにいるのに、ロブが上…

  3. スマッシュ

    スマッシュを打つときに、「後ろに下がるのを、とにかく速くしたい」人は、クロスステップの習得を!

    テニスにおいて、難しいフットワークと言えば?ほとんどの人が、「後ろ…

  4. スマッシュ

    「スマッシュは・・・地味に行こう!」実際にテニスの試合で使える技術を身に付ける

    ロブを上げられた瞬間どう思う?もちろんチャンスなロブだったら、「ラ…

  5. スマッシュ

    テニスの試合で「低い弾道のロブをスマッシュするとき」要注意したい5つのポイント

    スマッシュの重要性は、何度か書いてきました。今回は、低くて速いロブ…

  6. テニス スマッシュ

    スマッシュ

    テニス初心者が身に付けたい、「スマッシュの基本」4つ

    この春から、新しくテニスを始める方も多いはず。テニスのショット…

特集記事

  1. テニス ガット
  2. テニス ラケットバッグ
  3. テニス 水分補給
  4. テニス 怪我
  5. テニス チェア
  1. その他

    「規律と平等」が無いテニスチームには、強い選手は育たない
  2. テニス メンタル

    サーブ

    テニスの試合、「サーブを打つ前に、どこを見る?」基本的な順番から覚えましょう!
  3. テニス メンタル

    その他

    「テニスの各ショットに必要なグリップチェンジ」は、実は出来ているようで、誤魔化し…
  4. ストローク

    試合で体力を温存できる、「ブロック系スライス」を練習してみよう!
  5. ボレー

    テニスの試合で効果的なボレーは、「山なりで深い、遅い」が大前提です
PAGE TOP