テニス ポジショニング

ロブ

ポイント前に、「女性の上に上げられたロブは、どうするのか?」を決めておくのがミックスダブルス

ミックスダブルスの試合に出ている方は、これを決めておきましょう。

ロブの対策、特に女性の上、ですね。

女性の上は、ミックスダブルスで攻略していかないといけない至上命題です。

きっと、何となく・・・になっていると思うんです、勝てないミックスダブルスのペアは。

ここのポイントこそ、一番の駆け引きの見せ所ですよ。

 

ポイント前に、「女性の上に上げられたロブは、どうするのか?」を決めておくのがミックスダブルス

 

1.ミックスダブルスの戦い方、をイメージしてみよう

みなさんも、経験があるはずです。

女性の側にロブを上げられて、崩されるミックスダブルス。

試合慣れしている相手は、上げて来る精度もタイミングも絶妙ですからね。

この戦い方を、どうイメージするのか。

大前提として、「ロブを大歓迎!」のスタンスでいきましょう。

ロブを避けている、気持ちがどこかにあると、ダブルスの成長の壁になります。

これだけは言えます。

女性が前衛のとき、のロブをどう対応するのか。

これには、大きな「改革」が必要でしょう。

 

2.汗かいて男性がカバーしていても、限界はすぐ現れる

私自身、こうやってミックスは戦うものだと思っていました。

女性の頭上のロブは、男性がカバーする。

でも、これって限界があると思いませんか?

特に、カバーする後衛の男性が「バックのハイボレー」でカバーするような場面。

これってもう、カバーというより崩されている段階。

女性の頭上のロブ、は・・・思い切って、「駆け引きで勝負する」姿勢で臨みましょう。

 

3.ロブ好きな相手には、下がって待つくらいで良い

まず、前衛の女性は「スマッシュキャラ」になりましょう。

相手がロブ好き、なタイプなら、打つ前に下がっても良い。

最初から下がっていると、さすがに相手も気付きますからね。

だからこそ、相手が打つ直前くらいにパッと下がる。

この数歩で、しっかりスマッシュを打てる場所に移動出来るはず。

スマッシュを打つキャラ、ですので、失敗しても良い。

女性の頭上のロブを、女性が打つ。

この基本線は、絶対に作っておく必要があります。

そして問題は、コース。

しっかり相手の「女性の側」に返球すること、が大事です。

先に下がって待ち構えて、女性の側にしっかり振り切る。

これだけで、ミックスダブルスはだいぶ変わりますよ!

 

4.男性がスマッシュ出来るサイドは、積極的に「ロブを誘う役」になって任せる

女性が下がって打つ、だけがミックスダブルスじゃない。

例えば右利きの男性がアドバンテージサイド、で左側にいる、右側=女性の頭上をカバー出来るときには・・・あえて、前衛の女性がロブを誘う。

ロブを誘うために、あえて前にフェイントを入れたりして相手にロブを打たせる。

それを、男性が待ち構えてスマッシュを打つ。

こういうポイント、意識して作っていきましょう。

ミックスダブルスとして、上のボールに「重み」を持たせるんです。

相手からすると、女性も打って来るし、男性も後ろからしっかり打って来る。

イメージ出来ませんか?相手がロブを上げにくくなるような光景が。

アナタ自身が、しっかりイメージ出来ないと、いつまで経っても上には強くなれない。

駆け引きをして、勝負をかけていく。

どんどん、相手を揺さぶっていきましょう。

 

ミックスダブルスのロブ処理、でいかにスマッシュを打つのか。

スマッシュを打つ、しっかりこの意識を高めていく。

出来るか出来ないか、はやってみないと分からないでしょう。

大事なのは、試していくこと。

騙されたと思って、ぜひやってみて下さい。

ミックスダブルスの試合、グッと楽しくなると思いますよ。

ピックアップ記事

  1. 【ご報告】YOUTUBEチャンネル、公開しました!
  2. 筋肉痛が毎回酷い人は、「フォームローラー」で身体の表面をほぐしてケアしよう
  3. テニスコーチ時代に、最高に憂鬱だったこと
  4. テニスの試合に強くなりたい人が読んで欲しい漫画、「アルキメデスの大戦」
  5. テニスに必要な筋力トレーニング、リストウェイトが効果的です

関連記事

  1. ロブ

    ミックスダブルスで女性の上にロブ、を打つことは勝つための大前提です

    ミックスダブルスの試合、常套手段なのに・・・。意外とやる人、少…

  2. ロブ

    浅いボールをロブで切り返し、楽に崩す方法

    シングルスでもダブルスでも、試合に強い人には共通する特徴があります…

  3. ロブ

    崩せても脅威にならないロブ、で良いの?

    テニスの試合では、ロブを使う作戦が多いですよね。ダブルスでも…

  4. テニス ストローク

    ロブ

    「取らせるロブ」を身に付けることで、ネットプレイヤーに対してショットの幅が拡がる!

    毎日色んなショットを練習しているだろうが、ロブの練習はどれくらいやって…

  5. テニス ボレー

    ロブ

    試合でロブを使えない人は、打つタイミングがおかしい

    ロブの重要性、何度も書いてきましたが・・・なかなか試合で使えない。…

  6. テニス ダブルス

    ロブ

    一見スマッシュを打てそうなロブ、こそダブルスでは最高に使えるロブ

    試合で使える、良い攻撃ってどんなイメージでしょうか。ダブルスの…

特集記事

  1. テニス シングルス

    シングルス

    テニスのシングルスの試合、「簡単なミスをしない為」に必要な意識5つ
  2. ボレー

    ダブルスの試合で、「バックボレーだからポーチに出れない」という前衛発想は、もった…
  3. テニス スライス

    戦術

    中途半端に浅いボールが、テニスでは一番攻撃されやすいから注意!
  4. テニス ボレー

    フットワーク

    テニスにおいて、「打った後に戻る」は基本であり絶対では無い
  5. テニス サーブ

    サーブ

    安定感の無い選手のほとんどが、サーブに力を使い過ぎている
PAGE TOP