テニス リターン

ボレー

ボレーの基本、「ラケットのセットを、打点少し上に早く」が出来れば、試合でも楽に打つコースを隠せます

ストロークではコースを打ち分けられるのに、ボレーではなかなか狙ったところに打てない。

こんな悩みのご相談を頂くケースが増えてきました。

ボレーを打つコース、皆さんはしっかりコントロール出来ていますか?

ストロークより時間が無い分、構えとフォームはよりシンプルにすると相手にコースもばれにくい。

ポイントは、ボールの軌道の少し上に、早めにラケットをセットすることです。

 

ボレーの基本、「ラケットのセットを、打点少し上に早く」が出来れば、試合でも楽に打つコースを隠せます

 


 

1.相手が打った瞬間に、ボレーの打点をイメージする

ネットプレー、ボレーが安定しない人は、まずラケットのセットが遅い。

打点のイメージがつかないので、準備が遅くなりがちですね。

相手が打った瞬間に、自分がどこでボールを打つのかを、パッとイメージできるように意識を高く持ちましょう。

自分のところに近付いてきてから分かる、考える、では遅いのです。

出来るだけ、相手が打った瞬間に下半身から反応させたい。

初心者の方も「今の感じだと、この辺か・・・」というのを、他の人が打っている時にも観察して経験を溜めていきましょう。

 

2.ラケットヘッドは立てて、準備を高い位置に

ボレーでアウトが多い、弾かれてコントロール出来ない人は、大抵この問題が大きいです。

ラケットヘッド、ラケットの先がしっかり上方向を向いて、手首との角度が90度~120度くらいで固定されているかどうか。

まずはここをチェックしましょう。

手首が動いてしまう人は、絶対にボレーが安定しません。

またラケットの準備の位置、これは思った以上に高い位置にセットすること。

ボールに対して少し上から入ることが出来れば、きっと抑えの効いた良いボレーになるはずです。

 

3.前に踏み込んでいきながら、横向きをしっかり作る

軟式テニスを経験されていた方は、ここをしっかり変えていきましょう。

硬式テニスでは、ボレーは打ち終わったときに横向きを作るのが理想です。

前足を踏み込んでいくときに、右利きの人であれば左肩を前に出して、左の腰をぶつけていくようなイメージになります。

この形が出来ていれば、楽にコースも隠せる。

アングルボレーを打つ時にも、しっかり横向きを作って自分の背中の方向に打てると、良い角度も付いて理想的ですね。

 

相手の打った瞬間の軌道イメージ、高い位置の準備、踏み込んで横向き。

この基本さえ押さえれば、ボレーは絶対難しくありません。

あと一つ、ボレーにコツがあるとすれば、「ボレー大好き!」と心の中で叫び続けること。

そんなことで変わる訳が無い・・・と思った方、まぁやってみて下さい。

部活だと、実際に声に出しても良いと思います。

人って不思議と、口にしていることは現実になったりするものです。

ピックアップ記事

  1. これからの梅雨の時期に、準備しておきたいラケバ用レインカバー
  2. 「寒暖差が激しい時期」のテニスにお勧めなアームカバー
  3. テニスのコーチ、指導者の方にオススメしたい、「ボトムアップ理論」の名著
  4. テニス選手のフットワークを支える、足首サポーター「ASO」
  5. テニスの試合で「足裏の皮膚が荒れてしまう方」にオススメな、皮膚保護専用クリーム「…

関連記事

  1. テニス ボレー

    ボレー

    ボレーのコツは、少しラケット面を内側に向けること

    「どうしても、ボレーが出来ません!」というご相談を、よく学生の…

  2. テニス

    ボレー

    テニスの試合で使える実践的なボレーボレー、「ルーマニアンボレー」の練習効果はすごい

    テニスの練習の中で、効果的なのに見落とされがちなメニュー・・・それは、…

  3. ボレー

    至近距離でのボレー戦になったら、どんどん上を使おう

    ダブルスの試合で、ボレー同士の打ち合いになる。こういう場面でポ…

  4. ボレー

    ネットに詰めた時こそ、正面向きでは何も出来ない

    ボレーでの決定力を上げていきたい、と考えているみなさん。ネット…

  5. ボレー

    バックバンドハイボレーは、「振り幅を小さくする」だけでパワーと安定感の両方がアップ!

    バックハンドボレー、どうしても力は入り辛いですよね。片手でも両…

  6. テニス ダブルス

    ボレー

    「サービスダッシュとも言うけれど・・・」テニスで自分を変えたければ、時には思い切った行動を!

    サーブ&ボレーを本気で練習し始めたのは、20歳過ぎてから。それ…

特集記事

  1. テニス ボレー

    フットワーク

    速く動けば余裕が出来る、のがテニスのフットワーク
  2. シングルス

    「記憶力でシングルスを制す」テニスの試合中はデータ収集に勤しむこと
  3. テニス ストローク

    ストローク

    攻撃力に波がある人は、絶対的に「ボールの回転量」が足りない
  4. ダブルス

    ダブルスでのストレートケアとは、前衛が前に詰めることです
  5. テニス ダブルス

    戦術

    「ノーアドバンテージを獲れなかったのは、運が無かった」と思っている人は、ただの準…
PAGE TOP