テニス リターン

ボレー

ボレーの基本、「ラケットのセットを、打点少し上に早く」が出来れば、試合でも楽に打つコースを隠せます

ストロークではコースを打ち分けられるのに、ボレーではなかなか狙ったところに打てない。

こんな悩みのご相談を頂くケースが増えてきました。

ボレーを打つコース、皆さんはしっかりコントロール出来ていますか?

ストロークより時間が無い分、構えとフォームはよりシンプルにすると相手にコースもばれにくい。

ポイントは、ボールの軌道の少し上に、早めにラケットをセットすることです。

 

ボレーの基本、「ラケットのセットを、打点少し上に早く」が出来れば、試合でも楽に打つコースを隠せます

 


 

1.相手が打った瞬間に、ボレーの打点をイメージする

ネットプレー、ボレーが安定しない人は、まずラケットのセットが遅い。

打点のイメージがつかないので、準備が遅くなりがちですね。

相手が打った瞬間に、自分がどこでボールを打つのかを、パッとイメージできるように意識を高く持ちましょう。

自分のところに近付いてきてから分かる、考える、では遅いのです。

出来るだけ、相手が打った瞬間に下半身から反応させたい。

初心者の方も「今の感じだと、この辺か・・・」というのを、他の人が打っている時にも観察して経験を溜めていきましょう。

 

2.ラケットヘッドは立てて、準備を高い位置に

ボレーでアウトが多い、弾かれてコントロール出来ない人は、大抵この問題が大きいです。

ラケットヘッド、ラケットの先がしっかり上方向を向いて、手首との角度が90度~120度くらいで固定されているかどうか。

まずはここをチェックしましょう。

手首が動いてしまう人は、絶対にボレーが安定しません。

またラケットの準備の位置、これは思った以上に高い位置にセットすること。

ボールに対して少し上から入ることが出来れば、きっと抑えの効いた良いボレーになるはずです。

 

3.前に踏み込んでいきながら、横向きをしっかり作る

軟式テニスを経験されていた方は、ここをしっかり変えていきましょう。

硬式テニスでは、ボレーは打ち終わったときに横向きを作るのが理想です。

前足を踏み込んでいくときに、右利きの人であれば左肩を前に出して、左の腰をぶつけていくようなイメージになります。

この形が出来ていれば、楽にコースも隠せる。

アングルボレーを打つ時にも、しっかり横向きを作って自分の背中の方向に打てると、良い角度も付いて理想的ですね。

 

相手の打った瞬間の軌道イメージ、高い位置の準備、踏み込んで横向き。

この基本さえ押さえれば、ボレーは絶対難しくありません。

あと一つ、ボレーにコツがあるとすれば、「ボレー大好き!」と心の中で叫び続けること。

そんなことで変わる訳が無い・・・と思った方、まぁやってみて下さい。

部活だと、実際に声に出しても良いと思います。

人って不思議と、口にしていることは現実になったりするものです。

ピックアップ記事

  1. TOALSON(トアルソン) スイートエリアラケット、これは使える
  2. 多動力こそ、これからの時代のテニス選手に必要だと思う
  3. 「最近使い始めた、ホワイトボードみたいなのって何ですか?」のご質問
  4. 学生さんや社会人プレイヤーにもお勧め!「タッチ系テニス」に適したガット3選
  5. テニス選手として必要な、「オーラルケア」と栄養素について

関連記事

  1. テニス ストローク

    ボレー

    テニスの試合で「ハーフボレーの苦手意識」を克服する為の4つの視点

    並行陣で戦うダブルスではもちろん、雁行陣でも陣形を崩されたりしてネット…

  2. テニス ストローク

    ボレー

    試合に勝ちたければ、「角度を付けるボレー」を打つ勇気を持つこと

    試合で勝つために、必要な技術。たくさんあるようで、実はそれほど…

  3. ボレー

    テニスの試合の中で「身体の正面にきたボレー」をしっかり返球できるようになるコツ4つ

    ネットプレーの中で難しい技術の一つに、「身体の正面にきたボールをボレー…

  4. テニス

    ボレー

    テニスの試合で使える実践的なボレーボレー、「ルーマニアンボレー」の練習効果はすごい

    テニスの練習の中で、効果的なのに見落とされがちなメニュー・・・それは、…

  5. テニス ストローク

    ボレー

    ダブルスの試合で、一番最初にやるべきこととは?

    ダブルスの試合で、まず最初にやっておきたいこと。みなさんは、何…

  6. テニス ボレー

    ボレー

    テニスのネットプレーで「アウトボールを触ってしまう・・・」人が、注意すべき5つのポイントとは?

    「また触ってしまった・・・」試合中に、アウトボールをボレーしよ…

特集記事

  1. その他

    アナタの成長をサポートできる、「優秀なテニスコーチ」を見極める方法5つ
  2. テニス スライス

    ストローク

    スライスショットを身に付ければ、「同じフォームから3種類のショット」を繰り出せま…
  3. テニス メンタル

    メンタル

    「さぁ、この1本!」という勝負所で、最高のパフォーマンスを引き出すには・・・?
  4. テニス サーブ

    Q&A

    Q&A「サーブに必要なトスアップの練習、何をやれば良いの・・・?」
  5. 戦術

    自分にとって良い攻撃が出来る場所、はどこだろう?
PAGE TOP