ボレー

ハイボレー、それって本当にハイボレー?

テニスの試合で、高い位置でのボレーを打つ時。

アナタ自身、結構チャンスだと感じて決めにいくような場面でしょう。

ハイボレー、簡単なようで難しいこのショット。

そもそも、「ハイボレー」になっているのか、が大いに疑問です。

 

ハイボレー、それって本当にハイボレー?

 


 

1.思った以上に、ラケットは低い

意外と、低い位置にある。

ラケットを高い位置にセットするのって、なかなか難しいんです。

特に、ベテランやシニアのみなさんは肩の可動域は狭くなりますから、思うように上がらない。

「いや、上げないと!」と思うかもしれませんが、無理は怪我の元ですし限界がある。

大事なのは、「意外と上がっていないかもしれない」と、自分で自覚すること。

一番良いのは、動画で撮影してみることでしょう。

自分のイメージだと頭の上にラケットがあってしっかり抑えているつもりが、意外と顔の横当たりで打っているボレー、になっているはず。

これをまず知ること、が大事なんです。

 

2.ハイボレー=フィニッシュのショット?

この発想、テニススクールで植え付けられますよね。

「高い位置のボレーはチャンス!決めましょう!」みたいな。

そんな簡単じゃないですよ、実際。

そもそも、頭上のボールをハイボレー、ラケットが上がらないと思っておいた方が良い。

無理に力の入らない頭上で打つよりは、少し落として顔の横、でも良いんです。

顔の横で打っているのに、高い位置から打っていると勘違いして叩き付ける方、が多いのが気になります。

 

3.ネットから離れていれば、下方向には打てない

顔の横の打点、ネットからも2~3メートル離れている。

こういうボレーは、もう下方向には打てません。

長くコントロールするか、ロブボレーか、山なりなドロップボレー。

バシッとハイボレーで決めるような軌道、は危険です。

自分の打点を正しく理解出来れば、テニスではミスが減る。

当たり損ないのミスはあるでしょうが、「判断ミス」が無くなるんです。

これだけでも、試合では強いですよ。

 

4.力が入る打点、でボレーを打とう

無理に高い位置、じゃなくてもOK。

力が入るかどうか、ボールを押せるかどうかがポイントです。

ハイボレーでもやっと届いた感じで弱々しい返球だと、そこから反撃されるじゃないですか。

高ければ良いというモノでは無いし、そもそも、年齢と共にラケットは上がらなくなる。

この現実と向き合いながら、良い形でのハイボレーを一緒に探していきましょう。

 

言葉のイメージ、が先行し過ぎないように。

ハイボレーと一言で言っても、若い男性の学生のハイボレーと、60代女性のハイボレーは考え方が違う。

どちらも、良い形で打てるかどうか、が大事。

ぜひみなさんも、まずは自分のギャップを埋めること、を意識してみて下さい。

ピックアップ記事

  1. メルマガ配信、登録を開始します!
  2. 真夏のテニスの試合に必要な、熱中症対策のマストアイテム5つ
  3. 急激に乾燥する季節に、喉とオーラルケアは欠かせない
  4. バランスクッションを使って、テニス選手に必要なバランス感覚を養おう
  5. テニス選手のフットワークを支える、足首サポーター「ASO」

関連記事

  1. テニス 練習

    ボレー

    ネットプレイヤー対策の「9点狙い」出来ますか?

    相手がネットに出てくる、または前衛に立っている。そんな相手に、…

  2. ボレー

    バックボレーで前に踏み込む、ことが出来れば試合でも勝てる

    ボレーの上達に悩んでいる方の、ほとんどがこれを克服できていません。…

  3. テニス スライス

    ボレー

    ハーフボレーは、先に〇〇を作って完成!

    試合で意外と使える、ハーフボレー。ネットに近づけない、ロブを警…

  4. テニス ラケット

    ボレー

    「アングルボレーは、前に腕を押し出す」ことでテニスの試合でミスが減り、使えるショットになります!

    ダブルスでもシングルスでも、「上手いな~!」と周りを唸らせるショットの…

  5. ボレー

    「とにかくボレーがネットしてしまう」人が改善したい5つのポイント

    せっかく前衛にいたり、シングルスで前に出てもボレーが苦手だと・・・それ…

  6. テニス ボレー

    ボレー

    サーブ&ドライブボレーは、現代テニスの必勝形

    私が中学生、高校生くらいの頃は、男子の選手は半分くらいがサーブ&ボレー…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


特集記事

  1. テニス 気付き
  1. テニス ストローク

    ストローク

    現代のストロークのパワーの源は、「高い位置での速いテイクバック」から生まれる
  2. ダブルス

    ダブルスでのストレートケアとは、前衛が前に詰めることです
  3. 戦術

    上手い人は、逃げるように攻めてくる
  4. ボレー

    ポーチに出られない、並行陣のファーストボレーのコツ
  5. テニス スマッシュ

    ボレー

    ネットに近い位置で、「ラケットヘッドを立てて身体の横向き」を作れば、アングルボレ…
PAGE TOP