ボレー

バックハンドハイボレー、パンチ力を出して決めるコツは?

試合の中で、バックハンドハイボレーを打つ時。

ゆっくりした相手のボールなら、しっかり決めてポイントを取りたいところ。

でも、なかなか力が入らないバックボレー、しかも高いところ。

どうやればポイントが取りやすいのか、しっかり考えておきましょう。

 

バックハンドハイボレー、パンチ力を出して決めるコツは?

 


 

1.スライス回転より、フラット気味に当てること

これが大事だと、私は思います。

スライスボレーは、肩の高さくらいまででしょうか。

それも、ゆっくりとフワッと浮いたボールは、スライスをかけるよりもパチン!とフラット気味に打っていきたい。

グリップチェンジして打つ、意識が大事だと思いますよ。

私は片手バックハンドストロークですが、ハイボレーで叩く時にはこのストロークのグリップ、くらい変えてしまいます。

スライスボレー、とはハッキリ変えることで、厚い当たりに出きますからね。

片手バックハンドボレー、の方はぜひ試してみて下さい。

 

2.打点は少し、身体から離してOK

身体から近いと、なかなか力が伝わらない。

ハイボレー、とはいえ顔の高さくらいが力が入りやすいですから、この高さで少し離れ気味、で打てると良いでしょう。

イメージは、コントロール良く相手コートにパチン!と叩いて、高く弾ませる感じ。

スライスで切るようなボレーではなく、弾く感じ。

この意識だけで、かなり良い感じになると思いますよ。

 

3.ネット近くからは、積極的に角度を付けよう

ネットに近い場所で打てるなら、より角度を付けたいですね。

相手に向かっていく、よりもしっかりサイドに走らせる感じ。

ネットに並行、に近い感じの軌道にできると、自然と相手も諦めてくれるはず。

ダブルスなら、相手両選手の外側、を狙いましょう。

バックハンドハイボレー、でもココに決められるようになると、すごくポーチボレーでも便利です。

 

4.遅いボールを弾く、ことを好きになっていこう!

相手のボールが、あくまで遅い前提です。

速いボールならブロック、スライス回転、が必要なケースも多い。

フワッとしたボールを、いかにバックハイボレーで弾いていくか、が片手バックボレーには求められます。

ぜひ、このボールを好きになって欲しい。

そして、両手バックボレーの女性の方、ならどうでしょうか?

ドライブボレー、を使うのが良いと思います。

ゆったりした、フワッとしたボールはスライスボレーだとアウトしやすいですからね。

サッとグリップを変えてドライブボレー、で積極的にいきましょう!

 

このバックボレーで、しっかりポイントが取れるかどうか。

試合では、この差がそのままスコア差になるケースも多いです。

遅いボールは、グリップチェンジして弾く。

この意識で、いきましょう!

ピックアップ記事

  1. リアクションボールを使って、イレギュラーバウンドへの対応力を磨こう!
  2. テニス選手に必要なプロテイン摂取は、便利なブレンダーボトルで
  3. テニスのコーチ、指導者の方にオススメしたい、「ボトムアップ理論」の名著
  4. テニスシューズの中で、自分の足が滑る・・・ような人は、5本指ソックスに変えてみよ…
  5. 学生さんや社会人プレイヤーにもお勧め!「タッチ系テニス」に適したガット3選

関連記事

  1. テニス メンタル

    ボレー

    ハイボレーを、「力の入らない場所」で打ってないですか?

    ハイボレー、カットボレーを使う機会、特にダブルスで多いですよね。…

  2. テニス ボレー

    ボレー

    「ハイボレーでもっとパンチ力が欲しい!」人に、オススメする練習方法とは?

    いくらストロークで追い込んでも、ハイボレーが決まらないと・・・なかなか…

  3. テニス コントロール

    ボレー

    試合で使えるネットプレーでのコントロールは、「コート全体の1/64」を最低限の目安にして、自分に厳し…

    テニスの試合で「コントロールが良い」とは、どの程度を指すんでしょうか?…

  4. テニス ボレー

    ボレー

    ネットから少しでも離れると、それを超えないといけないプレッシャーが生じる

    テニスの試合のネットって、みなさん高いと思いますか?これって、…

  5. テニス メンタル

    ボレー

    ファーストボレーで無理してばかりでは、並行陣で戦えない

    ダブルスの試合、年齢が上がるに従って並行陣で戦う選手は増える。…

  6. テニス スライス

    ボレー

    ネットに詰めたときのポーチで、「ネットすれすれの低いボールが来たとき」には、慌てず低い態勢に自分がな…

    テニスの試合で勝つのに必要な要素、たくさんありますが大事なのは想像力。…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

特集記事

  1. テニス メンタル
  1. テニス リターン

    フットワーク

    追い付いているつもりが、全然追い付いていないのが「普通の人のストローク」です
  2. テニス 部活

    戦術

    相手も自分も調子が良い、なんてテニスの試合は年に数回くらいなはず
  3. テニス スライス

    練習メニュー

    「ドロップショットとアングルショット」を磨く、2対1のラリー練習メニュー
  4. ダブルス

    ミックスダブルスで、「また組みたい!」と女性に感じてもらうコツ7つ
  5. テニス メンタル

    メンタル

    相手のダブルフォルトを期待する、のは応援に任せましょう
PAGE TOP