テニス サーブ

サーブ

サービスゲーム、本当の勝負は2回り目から

テニスの試合、初めて対戦する相手は探り探り。

特に、相手のサーブはそんな感じですよね。

回転の質、コース、タイミング、色々確認しながら、リターンしていく。

そして試合の中盤から後半、にはしっかり適応していくのがテニスの試合の流れです。

そう、最初のサービスゲームは・・・結果としては、あまり参考にならないんですよね。

 

サービスゲーム、本当の勝負は2回り目から

 


 

1.最初のゲームは、キープ出来て当然

と、思っておくようにしましょう。

相手も慣れていない分、サーブ側が優位。

ラブゲームでキープ出来ても、調子に乗らないこと、が一番です。

最初のゲームは、ファーストサーブをしっかり入れていけば、相手もそう簡単に攻撃は出来ないですからね。

実際、本当の勝負は2回り目から。

2回り目、のサービスゲームの対策、みなさんは出来てますか?

 

2.相手は慣れている、と想定しよう

私は、いつも自分の2回目のサービスゲームは、すごく神経を使います。

当然、相手は慣れている。

1回目のサービスゲームで、どういうコースに打ったのか、どれが効果的だったのか。

それを思い出しながら打つ、のが基本になります。

苦手そうにしていたコース、をもう1回突いてみながら、あえて遅いサーブも打ってみる。

相手が警戒していそうなところ、は外していくのが基本ですね。

1回目のサービスゲームが良い感じだったから、2ゲーム目もそうだろう・・・というのは、甘い考え。

強い相手ほど、リターンで順応してくるのも早いですから。

 

3.サーブ+ポジショニング、がアナタのサーブ力です

同時に、私はどんどん前で出る。

サーブ&ボレーも入れていくことで、サービスゲームにバリエーションが生まれますからね。

どんなにリターンでタイミングを合わせても、相手のポジショニングまでは操作出来ない。

「よし!良いリターンだ!」と思わせておいて・・・実は前に出て、仕留める。

こういうテニス、をしっかり出来ると、自分のサーブ+ポジショニング、でサービスゲームを考えられるようになりますからね。

大事なのは、「サーブ単体」で勝負しないこと。

これが試合に使える考え方、です。

 

4.サービスゲームのパターン、何個考えられる?

シングルスの試合、ダブルスの試合、何パターン考えられるでしょうか。

例えば、シングルスの試合で一般的なのは、ワイドに追い出して前に出てボレーでオープンコートに打つパターン。

バックハンドを狙って、浅いボールからアプローチなんかも多いですよね。

ダブルスなら、ボディを狙って前衛にポーチに出てもらう、等。

考えれば、色々イメージ出来るはず。

大事なのは、「今の自分には、出来ないな」と思って逃げないこと。

やってみないと、出来ないかどうかも分からないですし、相手にとってプレッシャーにならない。

サーブ+ポジショニング、または前衛を使う動き。

これを、サービスゲームの2ゲーム目からは、しっかり考えていきましょう。

 

出来るだけ、相手に慣れさせない。

サービスゲームは、読ませないスタンスでそのまま試合を勝ち切る、のが理想です。

1セットマッチでも、ダブルスなら必ず2回は自分のサービスゲームがありますからね。

どういうプランでいくか、しっかり考えておきましょう。

ピックアップ記事

  1. ヨネックスの新作ラケット、Vコアのハイスピンテクノロジーによる超高弾道は本物だっ…
  2. テニスの試合で「足裏の皮膚が荒れてしまう方」にオススメな、皮膚保護専用クリーム「…
  3. テニス選手に必要なトレーニングは、「重り付き」縄跳びでしっかり身に付く
  4. みなさんに感謝の気持ちを込めて、新しい取り組みを始めます!
  5. 夜のランニングのマストアイテム、蛍光色グッズで安全にトレーニングを

関連記事

  1. テニス メンタル

    サーブ

    テニスの試合で「スピンスライスサーブ」を使えると、相手のタイミングをずらせて効果的!

    サーブの種類は色々ありますが、組み合わせることも出来ることはあまり知ら…

  2. テニス メンタル

    サーブ

    サーブの調子が試合序盤に上がらない人は、「長めのフォルトから短く調整していく癖」を付けよう

    試合の序盤のサービスゲーム、どんなところに気を付けていますか?…

  3. サーブ

    「1人でも出来るサーブ練習を工夫したい!」よりテニスの試合に近い感覚を養う為の4つのアイデア

    テニスコート、または壁とボールさえあれば個人練習ができる「サーブ練習」…

  4. テニス ストローク

    サーブ

    速いサーブを打つパートナーなら、リターンの球筋は割れていく

    速いサーブを打って、相手がリターンする。その時のリターンって、…

  5. サーブ

    視点を置く順番を決めれば、サーブを打つメンタルは整えられる

    サーブを打つ時に、精神的に弱くなってしまう人。きっと、こういう小さ…

  6. テニス サーブ

    サーブ

    「セカンドサーブが、どうしても安定しない」試合で全く入らなくなったときの、緊急対応策5つ

    セカンドサーブが入らずに、気が付けば0-30、0-40・・・。…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


特集記事

  1. ストローク

    スライスアプローチ、を安定させるラケット面の意識とは?
  2. テニス ダブルス

    ストローク

    いわゆるテニスの「普通のストローク」とは、全て打点が低いと自覚しよう
  3. テニス ストローク

    ストローク

    引っ張るようなストロークでは、いつまでもクロス方向へ打てない
  4. テニス ボレー

    ダブルス

    相手の前衛が消極的なら、雁行陣からでもどんどんセンター狙いでいこう!
  5. テニス サーブ

    サーブ

    スピンサーブで回転量が足りない人は、「肘の位置を高く打ち終わる」と改善されます!…
PAGE TOP