テニス サーブ

ダブルス

ダブルスの試合でのサーブは、「いかに前衛を使うか?」に目的を絞るとダブルスらしいサーブになる!

ダブルスは2人で1組、連携したプレーが求められます。

でも実際のコンビネーション、イマイチよく分からない、実力が発揮出来ない・・・と悩んでいる方も、多いと思います。

連携について考えるときに、例えばサーブではシンプルにこう考えてみませんか?

「サーブ側が前衛を使う」と割り切ると、ポイントも獲りやすくなると思います。

 

ダブルスの試合でのサーブは、「いかに前衛を使うか?」に目的を絞るとダブルスらしいサーブになる!

 


 

■強いダブルスペアは、サーバーが前衛を上手く使える

ダブルスと言えばまずポーチ、それから誘ってのストレートケア、ロブをスマッシュ、など前衛は結構忙しい。

サーバーが良いサーブを打ってくれれば活躍出来る・・・と思っていると、実は落とし穴にはまります。

サーブの良し悪しなんて水物だし、そもそもファーストサーブが入らないとリズムが取れないですよね。

前衛にいると色々考えてしまいますが、サーバーが明確に「こうやってポイントを獲ろう!」と伝えてくれると前衛はスッキリします。

一番シンプルなのは、「センターにサーブを入れるから、ポーチ頼むね!」という作戦。

これも前衛を、使っていると言える作戦例。

良い意味で、ダブルスの前衛はサーバーに「使われる」という感覚も大事です。

 

■「前衛を使う」と考えると、サーブもリラックスして打てる

私はいつも、ダブルスのファーストサーブも60%くらいの力で打っている。

その代わり、前衛にしっかり作戦を伝えて支持を出す、前衛に決めてもらうためのサーブに徹する。

もちろん自分も任せっきりではなく、しっかり後衛としてゲームメイクはしていきます。

ですがまず、サーブからリターン、の次のボールが一番のチャンスなはず。

しっかり前衛に活躍してもらえるようなサーブ、コース、回転量、意識して練習してみませんか?

 

■「遅い」「深い」「コントロールが良い」が、前衛を使える三拍子揃ったサーブ!

「えっ!?遅いサーブ?」と思った方、まだまだダブルス脳が足りませんね。

速いサーブのほうがリターンが苦しいから前衛は活躍しやすい・・・と、思いますか?

速いサーブにはそれだけ速いリターンが返ってくる。

逆に遅いサーブであれば、自分が動ける時間もあるし、それが眼に入ったリターンの選手はプレッシャーに感じてくれるはず。

深さがあれば踏み込んでのリターンが難しいし、コントロールが良いとファーストサーブの確率が高まるし作戦を実行しやすい。

この三拍子、ぜひダブルスのサーブでは意識してみて下さい。

 

人を使う、人に使われる、ということは経験しておいて損はありません。

ダブルス以外でも、部活での細かい仕事や社会に出てからも、人間同士で何かを進めるときには良い経験になるはずです。

どうやれば結果的に、自分のサービスゲームがキープ出来るのか・・・を、考えてみる。

そうすると自然に、前衛をどう使うかに私は着地しました。

アナタは・・・どうですか?

ピックアップ記事

  1. テニスの試合に勝てるようになる為に、読むべき名著10選
  2. テニスシューズの中で、自分の足が滑る・・・ような人は、5本指ソックスに変えてみよ…
  3. プッシュアップバーを使って、テニスに必要なトレーニングを効率化しよう
  4. 急激に乾燥する季節に、喉とオーラルケアは欠かせない
  5. いつからヨネックスのシューズは、こんなにカッコ良くなったんだろう

関連記事

  1. テニス ボレー
  2. テニス ダブルス

    ダブルス

    なぜ、ダブルスのボレーが決定打にならないのかと言えば、アナタのショットがワンパターンだから

    ダブルスの試合、決定力があるペアは強い。逆に言えば、決定力が乏…

  3. テニス ダブルス

    ダブルス

    細か過ぎるけど、絶対に試合で使えるダブルスのセットプレー7選

    ダブルスの試合で、使える「セットプレー」を準備して欲しい。これ…

  4. テニス メンタル

    ダブルス

    「ローボレーがどうしても苦手・・・」な人は、ダブルスでは変則陣形で挑むのも有り!

    テニスの数ある技術の中でも、最も難しい部類に入るのが低い位置のボレー、…

  5. ダブルス

    ストレートロブを抜かれた後、抜いた後のダブルスの戦術について

    ダブルスの試合で、よくあるストレートロブを抜かれた後の展開。後…

  6. テニス ダブルス

    ダブルス

    「ダブルスペアとの話し合い」は、テニスの試合では難しく考えなくてOK!

    ダブルスは二人で戦う。二人で戦うんだから、コミュニケーションが…

特集記事

  1. テニス メンタル

    戦術

    前衛嫌いな相手は、どんどんボレーを触らせて試合に参加させよう
  2. テニス サーブ

    サーブ

    「サーブ練習での的の作り方」を工夫すれば、誰でも実践的で狙う意識と成功体験を養え…
  3. テニス 栄養

    テニス知識

    テニス選手として必要な、「オーラルケア」と栄養素について
  4. メンタル

    「なぜ、試合で勝つ選手になる為に、テニスノートが必要なのか」それは自分の変化を確…
  5. テニス 部活

    メンタル

    メンタルが強い人は「これを打てば大丈夫」、と思える人
PAGE TOP